映画「ザ・ファブル」が評判良いらしいです。

『ザ・ファブル』興収4億円の大ヒットスタート! 土屋太鳳も絶賛コメント | マイナビニュース

アイドルグループ・V6の岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル』(6月21日公開)が、3日間の累計興収で約4億円を記録したことが24日、明らかになった。 (中略) 平日の金曜初日にも関わらず、21日は約8,650万円を超える大入りとなり、土日も好調に数字を重ね、最終興収30億円を見込める大ヒットスタートを切った。原作ファンをはじめ、各界著名人からの熱いコメントも多数寄せられ、土屋太鳳は「なんてせつないんだろう。これは愛の物語です。本当に大切なものがわかる。心が愛に目覚めてしまう。でもそれは、怒涛かつ極上のアクションと、ブラックでキュートなコメディにまみれてこそ。凄い……!」と感嘆。

すみませんでしたーーー!!

映画「ザ・ファブル」が予想以上に面白かった件 | mutter

原作的にはこの後の展開も面白いんで、出来ればこのメンバーで続編作って欲しいところなんだけど、どうかなあ。僕らが行った回は遅い時間ってのもあったけどお客さんが20人ぐらいしかいなくて、興行収入苦しいのかも……

僕が行った回が遅い時間で人いなかっただけみたいですね。 これは続編に期待や…… 面白いからみんな見ろ!岡田准一のアクション超すごいぞ。 スタント無しで普通にパルクールやるんじゃない笑 そんで原作も読め!

続きを読む

【今日のニュースから】 打首獄門同好会ベースjunkoさん 還暦おめでとうございます

マジで!!!!!! 打首獄門同好会と言えば「どうでしょうバカ」の中ではつとに名前を知られておりますが、しかしまさか還暦だったとは……

この画像は一体(笑) そしてjunkoさん超格好いい。格好良すぎる! お誕生日おめでとうございます!!!!!

続きを読む

最近ブログで主張しないというかどこでも主張してない

意見を伝える社会人 記事広告のタイトルに【PR】を入れるか入れないかで揉めてて、今現在遠いところにいる自分としては、こんなの、

「タイトルに入れなよ」でFAなんだけどそれをビジネス的な理由でなかなか受け入れられない業界人のジレンマを見ながらみんなで酒を飲む案件
だよね、くらいにしか思っていないんだけど、利害関係者やアンチステマの活動をしている人たちにとっては割と神経質になる話題のようで、名前をよく知っている人たちが参戦してわいわいやっててなかなか。つうか、おおつねさんが割と長い時間割いて議論に参加し続けてるの、そんなに見ないんで逆に新鮮。いつもは居合いみたいな感じだからなー。 揉め事のあらましについては、まとめが一杯あると思うけど、細かい事情や言葉のあやや装飾表現やらについて別に知りたくもないという人は、徳力さんの記事1本読んだら十分お腹いっぱいだと思います。長いけど、良記事です。ていうか、良レポートといった方が当たるかも知れない。ギガに余裕がある人はどうぞ。 記事広告PR表記問題やネイティブアドの論争が不毛と思う理由(徳力基彦) – 個人 – Yahoo!ニュース

続きを読む

​彼女が「安田顕が好き」と言い出した

水曜どうでしょう 対決列島

確かに男前だし全然構わないわけですけれども、彼女は水曜どうでしょうでの「安田さん」についてはほとんど知らなくて、東京で活躍するようになった後の「役者・安田顕」だけを見て、ビジュアル的な意味ですごい好みだと言っていて、嫉妬とかそんなのじゃなしに「いいの?ヤスケンで?」と思ってしまう僕です、とか書いたらヤスケンファンにすごい怒られそうだけどでもわかるよね?僕のこのなんとも言えない感じ。どうでしょうバカならわかるはず。「裏では結構言うのに男受けがいいって言う理由でモテてる女の子を見る心境」って書くと悪く言いすぎなんだけど、渋いとかクールとか、なんかこうさ、むずがゆくなってくるじゃん。「確かに見た感じはね……(苦笑)」という、でも俺だってヤスケンのこと大好きだけどでもそういうことじゃないという、なんとも言えないモヤモヤした感じ。なんだろう。わからん。

続きを読む

FA宣言した東京ヤクルトのマスコットつば九郎にFC東京がオファー

FA・つば九郎獲得へ3倍増提示…F東京:Jリーグ:サッカー:スポーツ報知

J1のF東京が、マスコット史上初のフリーエージェント(FA)宣言に踏み切ったプロ野球・ヤクルトの「つば九郎」に正式獲得オファーを出すことが13日、分かった。つば九郎には、すでに複数の企業が獲得へ興味を示しており、ヤクルト側は慰留に努めている。F東京は今季の年俸1万円から大幅アップの3万円を提示。クラブ関係者は、「選手候補として入団テストを受けたり、(F東京マスコットの)東京ドロンパと一緒に活動をしてもらいたいと考えている」と明かした。

いいなあ。 話題がなく存在が薄れがちになるオフシーズン、 こういう遊びで話題作るのはなんか微笑ましくて良いなあと思ったです。 なんかこう、政治的な話題ばっかりでしかも殆どがアレで心がささくれ立っておるのですが、 ちょっと和みました。こういうの好きです。

続きを読む

「アイドル」がよく理解できない

これは多分世代的なことなんだろうなと思っていたのですけど、同年代でもアイドル大好きな人が大勢いるところを見るとどうやらそうではなくて僕個人のことみたい。僕個人が、「アイドル」と言われる人達に対して親近感を抱くとか、なんらかの愛情を抱くといった感情が理解できないようです。 過去の話で言えば、僕の中には特定の「アイドル」にファン感情を持った経験がないのですね。正直、あんまり魅力的に映らなかったんです。おっさんホイホイというと決まってかつてのアイドルをフューチャーするんですが、僕にとってはテレビの向こうの自分とは関係のない人達という感じでしたし、なんですかねえ…身近な感じがなくて。世代的にもクラスでアイドルの話で盛り上がるみたいなこともなかったですし。テレビの中のアイドルよりも、クラスのTさんの方が僕にとってはずっと大事なアイドルでしたよ。 現在の話でも。これはAKB48が盛り上がる前、パフュームが盛り上がる前から思っていたのですけど、なんだかねえ、怒られるのを承知で言いますとね、過去も現在も「アイドル」って変わらないことないですか。いや解るんですよ、中の人が変わっていてそれが重要なんだってことは。だけどその中の人に興味を持てない僕から見ると、なんというか大体「そこそこ可愛い」女の子が優等生の発言をしてきらきらしてるわけです。なんか同じじゃないですかねえ、いつの世も。 「アイドルグループ」にしても、それがAKB48であれ、モーニング娘。であれ、うしろ髪ひかれ隊であれ、グループで登場して順々にパートを受け持って決まった「フリ」をして、全体図で「止め」っていう構図がずっと同じで飽きるんですよね…細かいキャラ付けの差はありますよ。清純派ではなく結構ぶっちゃけるとか、リアルに天然とか。でも基本的にそういうのって全部教科書に書いてある通りじゃないですか。ああ、あれねという。何か他にないのかなぁと。 重ねて書きますけど、こういう思いを持つ僕が変わってるんだと思うんですよ。アイドルにはそれぞれ自分の全財産を投げ出しても良いというファンが付いていて、何十年経ったあとでも熱狂的な人気があるアイドルもいて、その時々においてとても素敵な空間を共有しているわけで、そのことはとても良いことだと思うんです。なんで僕はそういうのに感じる部分がないんだろうなあ。見たら可愛いとは思うんですよ?AKB48の面々を眺めれば自分の好みに合う子も何人かいますし、Perfumeの歴史を読めば愛着を感じる気持ちもとても理解できます。でもなーそっちにはいけないんですよねえ… アイドルのニュースを見る度になんかそういうのをとても不思議に思ってるんですよね… みなさん幸せそうなんですけどねえ。 僕にはよく解らないんです。

続きを読む

受けて、返す。(または、その昔僕が勘違いしていた関西ノリの話)

昨日のほぼ日。

鶴瓶 むかし、上岡龍太郎さんに よく言われたのは、 「おまえは、どんなに面(めん)を打っても、  面を認める人間やな」と。 だから、「面」って、剣道の面ですよ。 糸井 ええ。 鶴瓶 「面ーっ!」 て来ても、逃げない。 打たれてんねん、こないして(打たれてる仕草)。 「はい、わかりました、面」。
 
やー、鶴瓶さんの言葉が凄く入ってきた。

続きを読む

切込隊長のアレの件

まぁなんというか、発言の「不適切性」と、 その不適切性が不特定多数に容認され得ないという話は言い訳出来ないレベルの話なので特に何も言いませぬ。 個人的にはavex松浦さんとSoftBank孫さんは酷いこと言われてるなぁと心を痛めつつも (○ゲはともかくシャ○はちょっといただけなかったかなと)、 地続きの外野席で騒いでる一団がおる程度の感じでかなり楽しんでおりました。 鶴瓶師匠が全裸になるのと何ら変わらないレベルで。 でまぁ、隊長の発言が不快であるかどうかは見た人が決めればよく、 名誉毀損であるかどうかは対象のご本人達が決めればよく、 隊長がご本人達からいかなる訴えを起こされるかは僕には関係ないので、 「どうあるべき」を旗印に議論はともかく批判しても仕方がないと思いますし、 僕としてはどうでもいい話なんだけども、 1つだけ思ったことは、 隊長をどの程度知ってるか(リアルでもネット上だけでも)で受け止め方が随分違うなーとか。

続きを読む