国際社会2



国内では一般的に「IOCコード」が多そうだから変えたいという作業依頼がありました。本当にそうか?世界でもそうか?IOCコードとFIFAコードとだったらどうか、JISだってあるぞ(ISOベースだけど)、といったコメントが一瞬頭をよぎりましたがまあ別にどっちでもいいや公的機関でもねえし、ということで作業に入りました。が、この「ISO 3166-1 alpha3」と「IOC」、この2つを対応させてくれている「対応表」みたいなのってないのかなと思っていろいろ探してみたんですけど、どちらか片方ならあるんですけど、ありそうでない。突き合わせる作業が地味にツラい。


「ISO 3166-1」とは

国名コードの国際標準。

例)日本:2文字なら「JP」3文字なら「JPN」。

「IOCコード」とは

国際オリンピック委員会(IOC)が定める国名コード。オリンピック放送などでお馴染みのやつ。
大部分「ISO 3166-1」と同じだが違っているものも結構ある。

例)台湾:「ISO 3166-1」では「TW」または「TWN」だが「IOCコード」では「TPE」。



仕方ないから作ってみた

国コード対応表 - Google スプレッドシート

閲覧自由で公開しておきます。
ご自由にお使いください。


注意・免責

  • 国名は「ISO 3166-1」のものです。
  • 国名および各コードは変更になっていることがあります。最新版であることを保証しません。


参考にさせていただいたサイト

IOCコード一覧 - Wikipedia
ISO 3166-1国名コード - CyberLibrarian
dozens_logo.png



今月初め、無料から使えるDNSサービス「Dozens」がサービスの終了を発表しました。


全サービス終了のお知らせ | DNSを自由に簡単に。Dozens(ダズンズ)

いつもDozensをご利用下さり、誠にありがとうございます。

この度、誠に勝手ながら2019年10月31日(木)をもって、Dozensの全てのサービスを終了させて頂く事となりました。

約9年間当サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございました。
サービス開始当時は、サーバーのクラウド化が始まり自由に簡単に設定を行えるDNSサービスの必要性を感じスタートしたサービスでした。 しかしながら他社インフラサービスでもDNSサービスが徐々に充実していき、よりシームレスに各社クラウドサービスと連動するものとなりました。 DNSサービス単独の事業者である我々はこの環境の変化や現状を鑑みてDozensはその役割を終えたと判断させていただきました。 皆様にこのようなお知らせを行うことを大変心苦しく思いますが、何卒ご理解ご了承をいただければ幸いです。



確かに今やDNSサービスはそれほどニッチなものでは無くなり、AWSを触っているとその存在自体が希薄になってきているなと感じます。Route53とElasticIPでなんでも出来ますし。そう考えるとこういう結論に至ったのも仕方が無いのかな……と寂しく思うわけですが、そんなニュース(というか第一報はDozensからのメールでしたけど)を他人事のように眺めていて思い出した、面白いサービスだなと思ったんで1つドメインを登録していたんでした。かつてやっていたDJイベントのドメイン(switchover.info)で今は跡地になっているだけなので影響はないといえばないんですが、忘れないうちに変更しておこうと思ってムームードメインのDNSサービス(ムームーDNS)に変更しておきました。タイムラグがあっても構わないドメインなので、ムームーDNSを設定してすぐにDozensの登録を削除するという流れ。ムームーDNSはDozensに比べて機能性では劣りますが、該当ドメインはAレコードさえあればいいので、まあ良いかなと。


僕自身は「Dozens」を使いこなしていたとは言いがたかったですが、その機能性とニッチさで一定の役割を果たしてきたのかなと思います。9年間お疲れさまでした。ありがとうございました。
t010000066981.jpg
https://item.shachihata.co.jp/catalog/product.do?pid=00049710


「書類に押す印鑑止めようぜ」「契約書だってデジタルでいいだろ」的な空気感がある昨今でして、印鑑業界が「デジタル署名推奨するなら売上補償してくれ」と言い出す始末ですが、まあ確かに今どき印鑑を物理的に管理するのじゃまくさいですよね。デジタル署名はデジタル署名でいろいろと面倒なことはありますが、物理的に書類を用意して物理的に印鑑を押す煩雑さに比べればとてつもなく楽だって言うのを、ここ数年e-Taxで実感しています。もうみんなそれでええやんか。


で、そういう印鑑の話とは全く関係ない話で、業務で使うハンコって色んな種類がありますよね。日付とか社名とか、いちいち手書きしなくてよく便利ですがその中でやっぱり断トツに便利そうなのが住所印。いちいち住所書くの面倒くさいんですよね……ただ、仕事で使って便利でもそれを家でも買おうっていう発想がなぜかありませんでした。ネットで印鑑買える(購入後、登録文字を注文する)のは知ってたんだけど……
国会議事堂


内閣支持率のグラフを更新しました。

年が変わるとNHKのサイトURLが変わってしまうので、確認が漏れてしまうんですよね。
というわけで2019年初の内閣支持率・政党支持率グラフレポートです。


使用データ

政治意識月例調査 | NHK放送文化研究所
横断歩道の前で止まる車のイラスト



昨日書いた記事について、「「信号のない横断歩道」についてのものですが、これが「信号のない交差点」であっても同じこと、とあるが同じではない」という趣旨の補足のツイートをいただいたので追記します。

【今日のニュースから】信号機のない横断歩道での停止義務について | mutter
公園でジョギングする女性20のサムネイル画像



最近スピードを上げて走ったときに終盤背中が痛くなることがあって、フォームが悪いのかなあと漠然と思っていたのですが、やはり余計な力が入って背中が反ってしまっているのと、筋力不足が原因のようです。


ランニングで背中や腰が痛くなる原因と対策 – 役立つアイデア

本格的なトレーニングをしたり、タイムを更新しようとして本気でランニングをする人は力んで背中が反ることがあります。タイムを更新するときに全力で走るのは普通ですが、力んだ走り方をする人は背中や腰が痛くなります。


ランニングで背中や腰が痛くなる原因と対策 – 役立つアイデア

早く走るには体がそのスピードに慣れる必要がありますが、体がスピードに慣れていないと背中や腰、足の付け根などに無理がかかって痛くなります。一定のスピードを維持するだけの筋肉がないと、背中や腰が痛くなります。



確かに。

背中を痛める時というのはだいたいスピードを上げているときで、自分としては丹田当たりを前に押し出してバランスを前目にしつつ、肩甲骨を動かして呼吸も確保しつつでいるんだけど、でも多分実際には背中反って力入ってスピードだそうとしてるってことなんでしょう。だいたい10分ぐらいまでであれば問題なく行けるけど、それ以上になってくるとやはり体に痛みが出てくるというね。


そうかー。なかなか難しいなあ。最近、ペースを少し上げようと思ってフォームを前傾にしているんだけどそれが良くなかったのか。もちろんある程度は筋トレでカバー出来るようになるんだろうけど……何ごとも、力入りすぎはダメってことですね。上手いことバランス取って走りたいんですけどね……難しい。ぎっくり背中にならないようにしないと。


引き続き、楽でありかつスピードの出るフォームを目指したい。

なかなか道のりは長いなあ。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories