最近撮影した写真のサムネイル表示に今さらTumblrを利用するわけ

Tumblr 最近撮影してWebで公開した画像や写真をブログ上でサムネイル表示させています。写真の投稿先は基本的にInstagramで、Tumblrはあくまでそこから自動投稿されているに過ぎず、Tumblr自体をWebサービスとして使うということは今はほとんどしていません。昔は熱心に使っていたんですけどね。 そういう意味で言うと、最近の写真とはつまりInstagram上にあるものであって、そこから持ってこれるのが一番スマートなんですけど、最近のメジャーWebサービスは「WebAPIは公開しない」「RSSフィードも配信しない」「情報が見たかったら実際にサイトに行ってね」という傾向が強く、それはプライバシーの保護、セキュリティリスクの回避、自社サービスへの囲い込みが主な理由ですが、情報を自由にとって来れない状態になっているんですよね。もちろんスクレイピングして強引に持ってくることも出来なくはないけど、お互いにリソースがもったいないし。 そんな中でTumblrは、長らく開発が放置されている影響もあって今でもWebAPIが公開されているし、RSSフィードはあるし、多少のポリシーの変化があって利用者が減っていると言う面はありつつも情報ソースとしては今でも便利です。ガラパゴスにもメリットあるじゃんか。 いつまで今のシステムが維持されるかは不明ですが、とりあえず今時点では最も便利に使える写真集積プラットフォームです(プログラマブルな再利用的な意味で)。ただ、同じように環境が整っていて、ガラパゴスだった「Flickr」という写真共有サービスが迷走ののち見事に没落し、消えようとしている今、Tumblrも同じような方向に走るんじゃないかなあと危惧……いや多分近い将来そうなるんでしょうねという諦めを感じてもいます。 そうなったらそうなったで、何か考えれば良いんですけどね。自分だけ使えれば良いんだったら、S3に集めてそこから引っ張ってきたって良いんだしね。ただ今のところはまだ元気に活動中なので、その間だけは仲良くしておこうかなと思っています。

ちなみに

ほぼサービス休止中の「umbls.com」ですが、少しずつ新バージョンの実装を進めてはいます。Laravelになることで以前より開発スピードは上がるとは思うんですが、まだ提供する機能のテストをしているぐらいで、Webサービスとしてのシステム(ログインシステムなど)は全く手つかずなので、復旧出来るのはいつになることやら。それまでTumblrユーザーが残っているかどうか……

続きを読む

Tumblrから画像データを取得してサムネイル表示するアプリをLaravel + BootstrapVueで作ってみました【#np2020】

昨日から引き続いて。 Laravel + BootstrapVueの習作の一環として、Tumblrから画像データを取得してきてサムネイル表示するアプリケーションを作成してみました。このブログのトップにずっとあったやつですね。「umbles.com」というサイトで「Tumblr Thumbnails」として提供していたものとほぼ同じですが、テスト版なので機能面での互換性はありません(デザインのアレンジも出来ません)。

続きを読む

【今日のニュースから】Tumblrの売却先はPornhub?

Verizon is looking to sell Tumblr after squandering its potential – The Verge

Verizon is seeking a buyer for Tumblr, the blogging platform it acquired along with other Yahoo assets in 2017. The Wall Street Journal reports that Verizon has approached other companies in recent weeks that could be potential new homes for Tumblr. The platform hosts 465.4 million blogs and 172 billion posts, according to its about page. The Journal notes that the sale process “is ongoing” and might not result in any transaction. On Thursday evening, Pornhub VP Corey Price claimed in a statement to BuzzFeed News that his company is “extremely interested” in buying Tumblr and “very much looking forward to one day restoring it to its former glory with NSFW content.” The company did not say whether it has actually made any legitimate offer to Verizon, however.

昨年大がかりな表現規制が導入された Tumblr ですが、現在のオーナーであるVerizonが売却の意向であるというニュースがありました。 この中で売却先は未定ながら「Pornhub」という企業(リンク自粛)が興味を持っていると報道されています。「Pornhub」といえば海外で有名なアダルト動画共有サイトですが、頑張って「NSFW」を規制して収益化しようとしてきた Tumblr がよりにもよって Pornhub に売られるとかどんなジョークなんだろう笑 もちろん正式にオファーがあったわけではないし、そもそも Verizon が売却を発表したわけでも無いんですけど、Flickrを売り払った Verizon なのでまああるかなと。サービスとしては面白くても金にならなかったらどうしようもないもんなあ。

ちなみに:なんで今Verizon傘下なのか

なんかぼんやりしてて失念していたんですけど、
  1. 2007年 設立
  2. 2013年 米Yahoo!に買収される(11億ドル)
  3. 2017年 Verizonが米Yahoo!を買収(44.8億ドル)しAOLと統合
という流れでVerizon傘下に入っていた模様。なるほどね。 しかし今のTumblrに11億ドルの価値があるかなあ……

オマケ:「NSFW」とは

NSFW – Wikipedia

NSFWは、Not safe for work(ノット・セーフ・フォー・ワーク)の頭字語で、職場や学校などのフォーマルな環境下での閲覧に注意を促すために、裸、ポルノグラフィ、卑語、暴力などの要素を含む動画やウェブサイトのURLやハイパーリンクを示す際に使われるインターネットスラング[1][2]。NSFWは、性的コンテンツへのアクセスを禁止している職場や学校内で、個人的にインターネットを使う人物に特に関係がある[3]。

なるほどね……つまり、Tumblr(規制前)そのものじゃないか。 道徳的な意味では議論の余地はあるとしても、人間がこういう生きものである以上、そういう場所はどうしても必要だと思うんですけどね。。

続きを読む

Tumblr 10年

「Tumblr 10年について」的な話をotsuneさんがしてるのを見掛けて、そうなのかーと思って見返してみたら僕がTumblrを始めたのは2008年10月25日のことでした。ちょうど10年前ですね。 Tumblrを始めてみました。(Firefoxで良い拡張を見つけたので) | mutter この時点で既に「超遅ればせながら」と書いていて、過去のツイートやメールを検索してみるに、僕の周りで盛り上がり始めたのはその前年、2007年の7月くらいなのかなと思われます。Tumblrのサービス開始は2007年3月1日だということなので、Tumblr自体はサービス開始からおよそ11年半、僕が利用するようになってからおおよそ10年てことになるようです。もうそんなに経ちましたか。 Tumblr – Wikipedia その間に社名が変わり、米Yahoo!に買収され、創業者が辞め、環境も随分変わりましたね。 僕が熱心に使っていたのは2008年から2015年くらいまで。当時からテキストやリンクのリブログも活発に行われていましたが、僕は画像専門で気に入った画像をポストまたはリブログしていくというスタイルでした。マイクロブログと言うよりは画像アーカイブって感じ。中にはアダルトな画像もあったけれど、基本的には美しいものを選んでいたような記憶があります。生々しいのはちょっと。あとは犬とか猫とか自然風景とか。そのためにロシア語わからんのにロシア語サイトを掘ったりとかしてたなあ。

続きを読む

【お知らせ】feedpost.netの開発を終了しました。

15_01.jpg Tumblr向けの簡易インターフェイスを目指した「feedpost」を開発してきましたが、2/20(火)を持ちましてその開発を終了しサービスを停止しました。事後報告になってしまって申し訳ありません。 [Tumblr] RSSフィードを読み込みTumblrへのpost/reblogをサポートするツール「feedpost」をリリースしました。 | mutter 1番目の理由は「仕事内容が大きく変わり、日常的にプログラムに触れる環境ではなくなったこと」で、2番目の理由は「Tumblrに触る機会が殆どなくなったから」です。そもそもfeedpostは、Tumblrにアクセスすることなく効率的にfav/repostすることを目的にしていたので、Tumblrに触らなくなったらモチベーションはゼロということになります。 極少数ではあるものの利用していていただいた方もいて、バグと改善点だらけのアプリケーションを何とかしたいとは思っていたのですが、結局それには至らず最後を迎えてしまいました。ドメイン有効期限の最後まで悩んだのですが、今後も開発する事が恐らく無いということで、終了に踏み切りました。 短い間でしたがご利用ありがとうございました。

続きを読む