【おまけ】 Amazon商品検索用ツールも正常に動くようになりました 【Amazon Product Advertising API v5.0】

Amazon ロゴ

キーワードを投げるとAmazonの簡易検索が出来て、ブログパーツを取得出来るツールも正常に動くようになりました……といっても自分用に作っただけで公開していなかったので割とどうでも良い告知ではありますが。

続きを読む

【今日のニュースから】Amazonのやらせレビューなんとかならんのか

Amazon ロゴ

先日義実家に行ったときに義母が「Amazonで買ってみた包丁が全然切れない」とこぼしていたので見てみたら、確かに格好は良いけれど付いているのは刃というよりは鉄板で、これを切れるようになるまで研ぐのは相当手間掛かりそうだなあ(電動の研ぎ機が必要なのでは)という感じだった。なんだこれは。それを告げて返ってきたリアクションは「5,000円ぐらいしたのに」「レビューもたくさん付いてたのに」ということで、気になって買ったという商品を見てみたら、無銘の包丁に☆5のレビューが3,000件ぐらい付いてて、うひーってなった。純粋な心で欲しいものを探していれば、これだけ評価されてたら安心だっつって買うよなあ。普通。Webの酷さに慣れて擦れてしまった自分の感覚だけで購入した義両親を責める気はおきない。悪いのは彼らではなく、どう考えたって偽レビューで消費者を釣る出品者の方だ。

続きを読む

Amazonから消費税のお知らせが

AWS

重要なお知らせ 2015年に消費税法の一部が改正され、消費税率が10%へ引き上げられることになりました。しかし、消費税率の10%への引き上げ時期は2回変更され、2019年10月1日より施行されることになっております。詳細は Amazon Web Servicesの消費税率変更についてのよくある質問をご確認ください。 お客様への影響 AWSの履歴から日本の居住者であると判断されるお客様が当メールを受信されております。
  1. 正しくない場合(日本の居住者でない場合)、AWSの Billing Console から正しいBilling AddressとContact Addressへ変更ください。
  2. 正しい場合(日本の居住者である場合)、お客様は2019年10月1日より10%の消費税率が課税されます。
上記に関してご質問がある場合、Customer SupportへCaseを作成し、ご連絡ください。 敬具 AMAZON WEB SERVICES
前段の消費税施行時期の変更の説明いるの?とか、「Customer SupportへCaseを作成し」っていう誘導どうなのよとか思うことは色々あるんですけど、一番どうなん?と思うのはこれですねえ。

続きを読む

ビールが一番安く買えるのは?2019年夏

ビールのイラスト「ジョッキビール」

夏になるとグッと商品量が増えてしまうビール。買う場所によって割と値段て変わって、例えばコンビニで500mlのビールを1本買うと税込で286円です。よく利用するスーパーで買うとなんとコンビニよりさらに高くて税込で300円。どちらもそう安くないはずですがこの差だけで1本14円、夏は1ヶ月に2ケース(48本)ぐらい飲むので、月に670円、夏3ヶ月で2,000円の差になります。2,000円あったらビールがさらに7本買えるじゃないか。

続きを読む

LaravelでスクレイピングしてAmazonのおすすめ度を取得【#np2020】

Amazonで参考にするものと言えばレビューとそれに基づいて表示されるおすすめ度の星の数。商品表示するときにその星の数を取得出来ると良いんですけど、残念ながら現在のAPIでは提供されていません。提供されているのは、レビューとおすすめ度が表示されたページのURLだけです。例えばこんな感じ。

続きを読む

AWSの料金が未払いだった件について解決 -> Amazonカードのセキュリティが厳しくなってた

銀色のクレジットカードのイラスト 先日、AWSの料金が未払いになっててクレジットカードを切り替えて何とかしたと言う話を書きました。 なぜかAWSの料金が未払いに(クレジットカードが使用不能に) | mutter Amazonからは「事情はクレジットカード会社に聞いてね」といわれたので、クレジットカード会社(三井住友カード)に問い合わせていたのですが、電話が掛かってきました。 担当者曰く、

今現在、世界的に、Amazonカードを使ってAmazonで買い物をする場合に不正利用が多くなっておりまして、セキュリティレベルを上げていました。その影響でお客様のAmazonの決済が失敗してしまっていたようです。本日制限を解除いたしましたので、もう一度決済をお確かめいただけますでしょうか。
なるほど、そういうことだったのね。個人的な疑問としては、ショッピングとしてのAmazonとAWSとでは同じAmazonでも請求元が違うし、ショッピングで不正利用が多いのはわかるけどAWSは関係ないんじゃねえのと思って聞いてみたんですが、三井住友カードの人はショッピングサイトとAWSの違いがよくわからず説明とお詫びがもう一度始まってしまったので諦めました。三井住友カード的にはどっちも同じAmazonという認識みたいです。そうなのか。 ネットでの買い物のほとんどをAmazonでしているし、メリットを生かすためにAmazonカードをメインで使ってて実際便利なんですが、まさかそういうリスクがあったとはなあ。まあ「Amazonでの利用に限って」ということなので、電気代が落ちなくて電気止まるとかそう言うことになるわけではないんですけど。 何はともあれ解決して良かったです。 同じようなことになった人はカード会社に聞いてみましょう。

どうでも良いけどクレジットカード会社って電話好きだよな

緊急性がある可能性を考えてってことかも知れないけど、メールで問い合わせてるならメールで返答してくれれば良いんですけどね。それほど緊急性はないからメールで聞いてるんでね。カード会社に問い合わせる人ってそれだけ切迫してる人が多いってことなのかもな。限度額いっぱいとか、紛失したとか。中の人たちもお疲れさまです。

続きを読む