タクシードライバーに聞いたUberの話(その3)

Uber Logo

京都でMKタクシーの乗るたびに増えるUberの知識。ドライバーの皆さんにとってはいかに客を捕まえるかは死活問題であり、勤務時間中ずっとやりとりをしている相手でもあるので皆さんいろいろ感じることがあるんでしょうね。いまだにUberでMKタクシーを捕まえる日本人は少ないようで、乗るたびにいっぱい喋られます。相当インパクトでかかったんだなあ。

続きを読む

MKタクシードライバーがUberを熱く語る

Uber Logo

京都でUberが本格的に稼働し始めてから月に1,2回は必ず利用しています。最近はDeNAのMOVなど類似サービスも始まりましていわばレッドオーシャン的な様相を呈しつつありますが、Uberの素晴らしいところはMKタクシーを抑えたというところです。正直言って特別急いでいるとき以外はMKタクシー以外に用はないので、他のアプリケーションがどれだけ出てきたとしても、それらにMKタクシーが対応しない限りは僕はUberを使い続けるでしょう。最近では対応するMKタクシーの台数も増えてきて、夕方16時というようなタクシーが捕まりにくい時間帯(昼と夜の交代タイミングに当たるので市中を走っているタクシーが減るそう)でも、かなりスムースにタクシーが捕まるようになりました。終わり時間が読めなくてタクシー予約が出来ないイベント終わりとか、本当に有り難いです。アプリ起動して5分後ぐらいにはタクシーに乗ってますからね。最高かよ。

続きを読む

UberとMKタクシー ~ 実際に使ってみた

Uber Logo

Uberのタクシーサービスが京都で始まって話題になっています。まあ話題の中心は関西らしく「4回、最大1,000円まで無料になること」だったりするわけですが、使ってみてアプリがすごく便利に出来ていて使いやすい印象でした。なぜか無料クーポンが登録出来なくて840円が請求されてましたが(イベント出店帰りに慌ててアプリをインストールしてクーポン入れる前に配車リクエスト出してしまったため。焦ってたしクーポンコード入れるところがわからなかったんだよ……)。

続きを読む

Uber Eatsの配達員が危ない問題

全国に広がるウーバーイーツ「新しい働き方」潜む事故のリスク : 京都新聞

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが手掛ける料理配達サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が、東京や京都、福岡など国内各地の都市部に広がっている。料理を配達するのは、個人事業主として働く「配達パートナー」と呼ばれる人たちだ。インターネットを介して個人をつなぐ「シェアリングエコノミー」という仕組みで、時間や場所に縛られない新しい働き方としても注目を集める。一方で、配達パートナーはウーバーと直接的な雇用関係にないため、交通事故にあった時の医療費は自己負担で、休業補償もない。実際に事故の当事者となった配達パートナーは「自由度が高い分、負っているリスクも大きい」と話す。ウーバーイーツの現状を探った。

Uber Eats流行ってますね。あの緑色のバッグを担いだ自転車(ないしは原付)の人を毎日のように見ますし、最近はUber Eatsのシールを貼っている飲食店もかなり増えているように見えます。先日行ったラーメン屋もカウンターにUber Eatsのロゴが入った専用タブレットを置いていました。そこに直接オーダーが入ってそれを用意するみたいな流れなんですかね?クレジットカードの決済も電子マネー決済も対応してない(なぜかPayPayは対応してる)のに、Uber Eatsは導入されてるってなんかすごい歪で面白いなと思ったんですが、それだけ導入コストが金銭的にも人力的にも低くて、かつ、運用も簡単ってことなんでしょう。

街に溢れる危険な運転

そういうわけで、Uber Eatsのバッグを稼ぎ、道を急ぐ自転車を最近よく見ます。ロードバイクだけでなく、ママチャリの人もいますし、原付の人もいます。配達のクオリティでユーザー・飲食店双方から評価されてしまうそうなので、配達中の人に若干の焦りがあるのは理解出来るのですが、それにしても運転が荒くて危ない。路地を無灯火で疾走するのは当たり前で、普段人が乗り入れないような狭い路地に入ってくるとか、道路右側を逆走するとか、人が歩いている歩道をすごいスピードで走るとか、ほんと危ない。 Uber Eatsに取っては配達人はあくまで「パートナー」であり自社の社員でもなんでもないので、指導する義務は全くないとは思うんですけど、自転車乗りに対するイメージまで下げている気がします。配達中の挙動もスコアリングして配達パートナーの評価に返ってくるみたいなシステムは……難しいかも知れないけど。もう少し何とかならんか。今後普及の拡大に従って交通事故は増えて行くと思うので、そうなる前に。

ちなみに居酒屋では

Uber Eatsやらないんですか?と聞いてみたところ、営業は来たけれど「人手が足りないから」と断ったそうです。相変わらずとんちんかんなことしてんなー。人手が掛からない販売手段だからこそUber Eatsは勢力を広げているんじゃないんですかね?店側は作って渡すだけなんだから、普通の営業と変わらねえだろむしろ配膳の手間がないぶん人で少なくて済むだろと思うんですけど、まあ多分新しいことを考える余裕がないって意味なんでしょうね。貧すれば鈍するってことかなあ。

続きを読む

「スマートEX」を使ってモバイルSuicaで東海道新幹線に乗ってみた

jidou_kaisatsu_open.png コンビニでの支払、地下鉄、バスなどなど、携帯端末だけで支払いを済ませる機会が増えてほとんど現金を出さなくなってきました。財布を出すのはポイントカードを出すときと、レシート・領収書をしまうときくらい。人によっては現金でないと安心できないという方もいらっしゃるみたいですが、個人的にはものすごく便利に感じています。キャッシュレス、大歓迎。 当然普段JRで移動する時もモバイルSuicaを使っていて、もうほとんど「乗っているのがJR西日本でモバイルSuicaはJR東日本」みたいなことを意識することはなくなっていたんですが、京都から実家のある静岡に東海道新幹線で帰ることになってモバイルSuicaだけで完結出来るのかなと思って調べたら、これが出来ないんですね。

続きを読む

西濃運輸のサービスがとっても時代遅れ感

8f89d96843916fc280222f0593eaa66e_s.jpg 自転車が届きません。でも明日午前中には届く予定です。 自転車を購入して、西濃運輸で発送されたというお知らせが来たのが昨日の夜。んで、西濃運輸のサイトで状況確認してたら、今日の昼頃にステータスが更新されて「14時までに配達完了予定」となっていました。「14時まで」は仕事で確実に受け取れないので、配達時間を指定しておこうと思って申し込んでよく見たら、「いただいたお問い合わせにつきましては、後ほど担当者より電話で連絡させていただきます。」。 いや、そうじゃない。そもそも電話出来る状態なら電話してるよ。 つまり要するに、配達前に連絡を取るのは無理ってことですよね。 案の定、14時ちょうどにステータスがまた更新され、「配達店にあります」。しょうがない、今日中に受け取りたいし再配達の申込みしておくかと思ったら、再配達フォームに「不在通知に書かれている担当者のコードを入力して下さい」とか書いてあるんですよ。つまり、1回家に帰って不在通知を見ろと。くっそ、めんどくせえ。 で、仕事切り上げて家に帰ってきたのが14時半。「お届け物の状況」を見る限り、一貫して西濃運輸が管理しているようになっているんですけど、実際に請け負っているのは「洛東物流」という会社で、不在通知もその会社のもの。担当者名と携帯番号は書いてあるけど担当者コードはないし、携帯番号には取り消し線が引かれて洛東物流の電話番号に矢印が引かれてる。こっちに電話して下さいってことかな? 仕方が無いので、洛東物流さんに電話を掛けたら電話口で、「受取人氏名と、住所と、問い合わせ番号をお願いします」。普通さ、問い合わせ番号だけで情報が検索出来るって思うじゃないですか。でも氏名と住所も聞かれてる。本人確認のためかな。そう思って、氏名→問い合わせ番号の順で言おうとしたら電話口でおっさんが遮って「住所もお願いします」。え。住所要りますか。思わず聞きました。「住所要りますか?」「はい」。めんどくせえ。 で、京都の長い住所を全部口頭で言うわけですよ。電話の向こうのおっさんのリピートテンポからするに、おっさんは僕が言ってる住所をどうやらメモってる。わお。もしかしてあれですか。アナログ台帳管理ですか。配達担当が帰ってきたら付け合わせとかするんですか。 マジですか……と思ってたら「担当者名をお願いします」「Tさんです。」「Tですね……ああ、すみません。そちら方面の配達は今日はもう終わっちゃったんですよ」。マジで。早くね?早すぎじゃね?まだ14時半ですよ。佐川急便だって18時まで受け付けてくれますよ。洛東物流さん山科みたいなんですけど、もしかしてものすごい広い範囲を担当されてるのん?西濃運輸さんて、そんなに規模小さいの?それともあれかな、自転車を扱うような業者って限られてるのかな。いや西濃運輸さんて確か、自転車の輸送に自信ある感じのとこだよね。下請けに流してるけども。 今日はもう行かないって言ってるのに文句言っても仕方ないので、「明日には欲しいんですけど」と言ってみたら、「ああ、14時とか指定しておいてもらえれば伺えます」ということなので、「午前中は行けますか?」「行けます」「何時くらいなら行けますか?」「すみません、9時から12時の間としか言えないんですよ」ですよねーわかってた。ヤマトだってゆうパックだって午前中は午前中としか指定出来ないもんな。仕方ないよね。じゃあそれでよろしくお願いします。

別に、洛東物流さんの悪口を書きたいわけじゃないんです

という話があったんですよ、と愚痴めいたことを書いてますが、ま、もともといつ到着するかわからない(もしかすると来週末かも知れない)という状況で急に「今日届く」ってなったので、勝手に期待してただけです。一日くらいどってことないです。 ただまあなんつうか、洛東物流さんのアナログさはともかくとして(昔ながらの小さな運送屋さんなんでしょうし)、西濃運輸さんは割と大きな会社なんだからもうちょっとサービス頑張っても良いんじゃないのと思いました。 今、ヤマト運輸も佐川急便も、そのあたりのサービスがものすごく充実してて、荷物を受け取るのが本当に楽になりました。特にヤマト運輸は前日に「明日何時頃に誰からの荷物が届きます」ってアプリで通知してくれるし、それとリンクしてるってことなのか、Amazonもそういうサービスしてくれる。配達完了のお知らせも来るから、家族に受け取ってもらえたのかとか、投函されたのかとか解る。 西濃運輸さんにそこまでは求めないけれど、せめてネットだけで再配達や日時指定完了させたいし、今どこにあるのか、取扱業者も含めてきちんと確認したいし、業者によって受付時間が変わるならそれも書いておいて欲しい。サイトに「商業物流No.1」ってあるけど、個人向けは得意じゃないってことなんでしょうか。わかんないけど、そういうほんのちょっとしたことが、競合他社のサービスが良いせいで、ついストレスに感じてしまうのです。昔だったら普通だったんでしょうけどね。20年前とか。でも現代の運送サービスじゃないなあ。

で、結論

日本国民は、ヤマト運輸とAmazonのスゲーサービスに洗脳されてるなあと思いました。便利過ぎんよ。アレを他に求めちゃダメですよね。僕が大人げなかったです。すみません。

関係ないけど

そういえば、10kg切る自転車買ったはずなのに、荷物の重量「80kg」になってました。 どんな荷物持ってくるんだ西濃……

続きを読む

レシピブログに登録してみました

秋鮭の酒粕豆乳クリームシチュー #dinner 作った。美味しい! ブログに書いているレシピをまとめたいなあ、できれば材料とか作り方とかでさくっと検索もしたいなあと思って「レシピブログ」に登録してみました。 isさんのmyレシピブック | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載! レシピサービスと聞いて一番最初に思い出すのは多分「クックパッド」。 別に「クックパッド」でも良かったんですけど、「レシピブログ」が自分でブログを持っていてそれに付け加える形でのサービスであるのに対して、「クックパッド」はそれ自体で完結しているSNSサービスという印象があり、ブログを更新するついでに更新するくらいならいいけど、更新するSNSをもうひとつ増やすというのはちょっとしんどいなーと思って「レシピブログ」にしてみました。 今のところまだ、テストを兼ねて投稿してみた「酒粕と豆乳を使って「秋鮭のクリームシチュー」」しかありませんけど、ブログからレシピを作るのにだいたい15分あれば十分作れることがわかったので、出来たら「Cooking」カテゴリーにあるレシピを順次追加していければなと思っています。 「Cooking」カテゴリーの記事には下のようなバナーを設置しました。クリックしてもらえるとなんか良いことが起きるらしいです。まあまだコンテンツが何にも無いんで、人気もランキングもあったもんじゃないのですけど。ゆっくり増やしていこうと思います。

それにしても、こういうのに載せるんだったらきちんと写真撮らないといけないなー。 せめて完成品くらい、一眼レフで撮らないと。

続きを読む

Instagramの画像、動画がブログに貼れるようになったよ

Instagram、写真と動画のWebページへの組み込みが可能に – ITmedia デジカメプラス

米Facebook傘下のInstagramは7月10日(現地時間)、Instagramアプリで撮影した写真や動画をWebページにエンベッドできるようにしたと発表した。  Instagramの写真あるいは動画は、これまではInstagramとFacebook内でのみ公開できた(Twitterでは昨年12月から表示されなくなっている)。

iPhoneで撮った写真を投稿するアプリと言えばやっぱりInstagramです。独自のサービスに投稿出来るほか、Twitter、Facebook、Flickr、Tumblr、mixiにも対応しています。もうホントに素敵。課題があることと言えばスマートフォン限定だったことなんですけどしばらく前にパソコン用のサイトが出来て、パソコンからも見ることが出来るようになりました。 nobodyplace on Instagram で、それが今度はブログに貼り付けられるようになったらしい。

画像

画像の場合はこんな感じ。

動画

動画の場合はこんな感じ。 おお、面白い! いままでブログで使うためには一旦Flickrにアップしていたから、その手間が省けるかも。 これはかなり使いやすくなるなー

続きを読む

そういえばブログにコメントもらうの久しぶりだ

12_01.jpg ここのブログのコメント欄を閉じたのはいつのことだったっけか…2008年は「DISQUS」を使ってたので、多分2010年くらいのことだったと思いますけど、このブログにはコメント欄がありません。その理由については、ここで詳しく書いていますが、 コメント欄について | mutter 簡単に言うと「管理が面倒だから」です。匿名やらSPAMやらを見分けて削除したり非公開にしたりする作業が面倒なんですよね…今どき、どうしてもコメントを寄せたいという人はTwitterなりFacebookなりでコメントを投げてくれますしね。今さらブログにコメント欄を設けて管理する必要は無いかな……という。 そんな事情でコメント欄をブログに設けていないのですが、最近ニコニコ動画のブログサービス「ブロマガ」で書いているブログの方でコメントを頂くことがちょこちょこあり、なんだかとても懐かしい気分になりました。 1日1ニコの裏の裏 – ブロマガ ブロマガで僕が書いている内容は、「1日1ニコの裏の裏」というタイトルにあるとおり、ニコニコ動画の動画紹介ブログ「1日1ニコ」の編集後記であり、ニコニコ動画の関連トピックの紹介です。ブロマガではコメント欄を非表示にはできないのですが、自分が書いている内容の性質上、コメントしてくれる人とある程度価値観を共有できますし、コメント欄があってもそんなに管理を気にする必要は無いかなあと思っています。事実、僕と同じようにニコニコ動画が好きな人がコメントをくれるという感じですしね。むしろ感謝しています。 このブログにもう一度コメント欄を付けることはありませんが、コメント欄というのも、クラシックな手法ではあるけれど、コミュニケーションとして面白いなあと改めて思いました。必ずしもそのフィーリングをTwitterやFacebookで置き換えられるというものでもないなあ。

続きを読む