風味豊かなソーキレシピ。

クウェティオ(タイ風汁そば) クウェティオ(タイ風汁そば)に載せてもいける! ソーキは定期的に作る定番のメニューなのですが、今回作ったソーキが大絶賛だったのでレシピを簡単にメモしておきます。 出来上がりは、泡盛の風味が豊かに残る味わい深いソーキになる…はず。

続きを読む

ソーキ日記(2010/01/17)

本日のレシピ

  • 豚なんこつ: 675g
  • 泡盛: 1 1/2カップ
  • だし(あごだし): 1 1/2カップ
  • ゆで汁: 1カップ
  • 醤油: 1/3カップ
  • 砂糖: 1/4カップ

感想

醤油辛く、少し濃かった。 豚なんこつがいつもより多めだったので醤油を増やしたが、少しバランスが悪かったようだ。

反省点

  • 二度目のゆでこぼし後の「ゆで汁」は多めに確保しておくこと(目安:3カップ)
  • 圧力を掛ける前に煮立たせてあくを取った段階で味を見ておくこと(レシピに頼りすぎない)
  • 肉の3センチ上まで水分が来るように(翌日固まった脂を取り除くときのため)

備考

余り美味くできなくて落ち込んだので写真はありません。 せっかくソーキ日記を始めようと思ったところでこれだよ(苦笑)

続きを読む

軟骨ソーキの作り方。

@中山そば 「ソーキ」と言えば、沖縄料理の中でも最もメジャーな料理の1つですが、 圧力鍋を使えば比較的簡単に作ることが出来ます。しかも美味しい。 というわけで、レシピと、簡単な作り方を写真入りでまとめてみました。 是非ご家庭でどうぞ。

続きを読む

沖縄から帰ってきました。

今年の夏も沖縄に。 ということで、先日より沖縄に出掛けておりました。 去年、一昨年は携帯から実況みたいなこともしてみましたが、 今年は面倒だなーとそれは止めてしまって、その分で写真を。 出掛ける前の週間天気予報はかなり怪しい感じだったんですが、 実際は晴天続きで、良い感じでした。 帰る前日になって、台風が発生、やばいかもーと言う話を飲んでるときに聞かされましたが、 それからも何とか逃げ切ったかなという感じで帰還。 3回目ともなると、正直目新しいモノはない…気もしますが、 でもそれは那覇だけのことでやっぱりいろいろ動いて話すと色々と面白い。 なかなか刺激的な4日間でした。 まーしかしとにもかくにも飯は美味いね。 性に合ってるんだろうけど、全く飽きない。 刺身だろうが、ヘチマだろうが何でも食えちゃう舌と胃のおかげもあるんでしょうが。 写真についてはまた後日。 楽しかったー

続きを読む

改装のため予約できませんてさ…(;つД`)

9月に沖縄に行く予定です。 んで、1日1組しか泊まれないゲストハウスがありまして、 予約が可能になる今日未明に頑張って予約してみたんですが、 返ってきた返事は、

大変申し訳ございませんが、8月31日で大改装の為当宿は一時閉店になりますので予約は受付られませんのでご了承下さい。
がーん。 書いておいてくれよ…なんかすごいがっかり。 まぁ改装じゃしゃーないけどね。 また別の機会にでも。 siesta 宿探し、振り出し。

続きを読む

らー油切れ。 -> 京ちゅららで買うか。

夏に、沖縄でらー油を買ってきたんですが、これがこのほか美味しくて。 普通の、ラーメン屋なんかにあるらー油とは違って、何でしょうかね。 ただ辛いだけじゃなく、甘みのような旨味があるんですね。 特に、“四川省風死に辛そば”で大活躍。 (“四川風”、じゃないのか…?) 辛い物好きな僕はそんならー油ライフを満喫していたわけですが、 何事にも終わりは来ます。 ていうか、らー油なんてそんなにたくさん入ってるもんじゃないし(80ml)、 終わりはあっさり来ました。 ま、無くなったんですけども。 それが、1ヶ月前くらい。

続きを読む

沖縄料理ってあんまり太らないね。

沖縄で、随分と腹一杯食って、 確実に太ったよな、と思って帰京したのだけど(事実鏡を見る限りはそう見えた)、 仕事と休みの間のインターバルだった昨日、 夜体重を量ったら、旅行に出掛ける前に比べて、1.5kgくらい痩せてた…。 確かに1日休みを過ごして、 軽く5kmくらい走りに出掛けたり、 長風呂して漫画読んだり、 まだエアコン付けないぞ、頑張って汗だくになってみたりして、 純粋に水分が大量に流出してるわけで、 公平に見てみれば、逆に1kgくらい太って帰ってきたと言えるだろうけど、 僕の場合は1kgくらいは誤差。

続きを読む

ただいま。

沖縄旅行2007から帰還しました。 まーいろいろあったけど、楽しい旅でした。 とかく、美味いものばかり食ってた気がするけど(笑) 旅行としての反省点も有りつつ… 写真を交えたレポートはまた後日。 仕事に戻れるかしら… 沖縄の空気はゆるかった…

続きを読む