「とんかつ処おくだ」が移転したと聞いたので

おくだのみぞれとんかつ定食

大学生の頃から割とよく通っていた「ちゃんと国産で美味しくて仕事もきっちりしててでも安い」そんな最高のとんかつ屋「とんかつ処おくだ」がなくなっちゃったという情報が入って来て、個人的に割と大事件だったので少し調べたところ、どうやら元の店舗兼住宅を取り壊してマンションに建て替えることになったようで、その間店は別の場所に仮店舗として移転して営業しているということのようでした。よかった。新型コロナウイルスの影響で閉店しちゃったのかと思った。

続きを読む

【ランニング】ミズノが好きだ

特にそう意識しているわけではないはずなんですが、持っているものを見てみると、アレもミズノ、これもミズノ。シューズこそ今年に入ってナイキに変更しましたが、去年まではシューズもミズノでした。ついでに言えば自転車用のカッパもずっとミズノのレインウェアを愛用してきて、4年使ってすり切れ水漏れするようになってきたので先日同じヤツを新しく買いました。どれだけ好きなんだミズノ。

続きを読む

ペパロニみたいな女の子が好きだっていう話【ガールズ&パンツァー】

男性陣はみんな興味がありつつも歳を取るとなかなか話題にしづらくなる、それが好みの話。いや話題にしづらいと言えば男女関係ないか。女性陣だって同じですよね。配偶者がいる状況で安易に「私の好みはこんな人」とか言って、それが配偶者の性格(または容姿)と違った場合に、なんか微妙な空気にあること請け合い。例えば胸の大きさとか、顔の系統とか、スタイルとかね。

続きを読む

中国製のニセファミコンが進化しててかっこいい

「小覇王」——中国でニセファミコンを作り続けたメーカー(山谷剛史) – Engadget 日本版

中国で『ニセファミコン』を作り続けて28年というゲーム機メーカー「小覇王」がある。小覇王は、ファミコン互換機を作り続け 、今では30〜40代の中国人ならだれもが知っているメーカーとなっている。 小覇王は、米国版の「NES」ではなく日本の「ファミコン」の互換機を作り続けた。またそのついてくるソフトも日本の海賊版ソフトの詰め合わせだった。現在30〜40代の中国人の多くが子どものころに小覇王のファミコン互換機を遊び、日本を体感した。ファミコンのソフトでは特に「魂斗羅」「沙羅曼蛇」「高橋名人の冒険島」「バトルシティー」などが人気となっている。 小覇王は2018年3月に、「新型ゲーム機を普及させ、正規版を推進し、ファミコン互換機を販売するのをやめる」という企業戦略を発表している。だが結局、ニセモノは売らないとしている「天猫(Tmall)」の小覇王のオフィシャルショップでは、ファミコンが遊べるゲームがまだ販売されている。

中国の電子機器に詳しい山谷さんの興味深いレポート。 中国では昔から「ファミコン互換機」(通称・ニセファミコン)が愛され、作られ続けてきたけれど、それが今でも作られているらしいと聞いて驚きました。日本にはあんまり偽ものの本体というのは無かったので僕は触ったことはないけれど、「100 in 1」みたいな海賊版ソフトは時々目にしていたので(お土産ものにもなっていたように思う)、その情熱は理解出来ます。まだまだゲーム機自体、シンプルな作りの時代だったんでしょうね。

続きを読む

「ごめんね」と彼は言った

なんか今日、快晴っぽくね? #京都マラソン2017 なんでこの話を思い出したか忘れちゃったけど、高校3年生の時に言われた友達のセリフを思い出した。もう時効だと思うので、記録がてら書いておく。 高校1年の頃、すごく仲良くしていた女の子がいて、今思うとお互いに好きだったんだと思うんだけど、当時の僕はどうもそういうのが苦手……というかどうも引っ込み思案な感じもあったし、中学の時に好きだった女の子を忘れられなかったというのもあったし、結局、告白するとか付き合うとかいうことはなくて、そのまま2年生になって別のクラスになって疎遠に。そうこうしているうちに、その女の子が、高1の時に同じクラスだった他の男の子と付き合い始めたと聞いた。 ショックもあったけど、まあうーん。割と「仕方が無い」で諦めていたような気がする。高1のクラスはクラス全員が異常に仲が良いクラスで、夏にクラス全員で集まって遊んだり、年末年始に忘年会や新年会をやったりするようなクラスだったので、まあ、そうなることもあるよねっていうね。 で、高校2年の年末に忘年会があって、その友達に言われたセリフが「彼女、取っちゃってゴメンな。」で、それは別に上から目線で言ったセリフとかではなくて、そういう奴じゃないので、なんかよくわかんないけど筋通しておかないとみたいな感じか。気にしてたんだろうなー。僕としては別に付き合っていたわけでもないし、そう言われる筋合いもないなーという感じだったのだけど、そのセリフの面白さだけが印象に残ってる。 ちなみにその女の子は、カナダ人と結婚して今はカナダに住んでてもう何年も連絡取ってない。確か結婚する前に1回くらい京都で飲んだかな。15年くらい前。男の子の方はもう長らく会ってないなあ。そろそろ高1の時のクラスでクラス会とかやっても良いと思うんだけど、いやもしかしたらやってるけど、僕が静岡に帰らないだけかも知れない。わからんけど。なんかあったらけいちゃんくらい連絡してくれるか。わからんけど。 それにしても、高校生の考えることってなんかわかんないなー。

続きを読む

高齢者も恋をする

ハートの雲と草原 ある日のこと。 一緒に働いている、普段は大人しくて地味目なおばさん(60代)がすごく張り切って働いていて、んまあ張り切ってって言うとポジティブなんだけど正直に言えば思いっきり空回っていて、あんまり強く言って逆にテンション落としちゃっても面倒なので、なだめつつコントロールしつつ働いてました。まあ、おばさんも人間なんだから調子の良いとき・悪いとき、落ち着いてるとき・余裕のないとき、いろいろあるよね。 そんなことを思いながら、まかないを作りつつ他のおばさんに「今日あの人なんだかすごい張り切ってますね」っつって話振ってみたら、「そりゃそうだよー」というリアクション。はっきりとは聞かなかったけれど、どうやらまあ、一緒に入っている男性(妻子孫あり)のことが「お気に入り」で、それでいいところを見せようと頑張っているってことらしい。あらま。失礼な話だけれども、年を重ねたらそういうのってないのかと思ってました。よくよく考えたらば、老人ホームでの色恋沙汰みたいな話を聞くこともあるし、今ここで何らかの人間関係があっても不思議ではないか。そうですか。 幸いというか残念ながらというか、相手の男性はそういうことを考えてもいないっぽいので、これが何らかの社内トラブルとか揉め事とか下世話な話とかになることないとは思うけれど、その話をした友達のひとこと「女の性欲は灰までって言いますからね」。いいぐさwww聞いたことないけどそういう慣用句あんのwww 女性の性欲 灰になるまで : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞) ま、人生に張りがあるってのは素晴らしいよね。楽しく生きなくちゃ。

続きを読む