Let's DANCE | 署名推進委員会 風営法からダンスの項目削除を求めます。

現在の日本では、営業目的で「ダンス」をさせることが、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営法)という法律で規制されていることをご存じですか?

 ダンスが許可制になり、さまざまな条件が設けられています。一方で、文部科学省は、平成24 年度よりダンスを中学校体育の必修科目としました。
クラブシーンを中心とするダンスカルチャーは、世界的にも市民権を得ており、オリンピックの開会式でもディスクジョッキー(DJ)が登場しています。

 現在の風営法(旧・風俗営業取締法)は、「売買春」を防止する目的で、終戦直後の1948年に制定されたものです。

 学校でダンスが教えられる一方、いまだに法で踊ることを規制するのは、時代にマッチしないのではないでしょうか。

 多くの音楽家、アーティストを輩出し、新しい文化を生み出す場としてのクラブ、ライブハウスなどを守り発展させるために、私たち「Let's DANCE署名推進委員会」は、「ダンス規制法」(風営法)の見直しを求める請願署名を全国に向けて呼びかけることにしました。

 5月29日(火)から、全国署名をスタートします。みなさんのご支援・ご協力を心からお願いいたします。詳しくは5月29日、このサイトをご覧ください。

■5月29日(火)午後6時~ 京都市中京区・河原町三条で署名スタート宣伝を行います。ぜひご参加ください。




この活動は、「クラブ、ライブハウスを愛している人間」だけの賛同では成り立ちません。「社会の一部」としてダンスカルチャーが生きていくためには、音楽を楽しむ場としてのクラブ、ライブハウスを愛している私たちだけでなく、趣旨を理解し賛同してくださる一般の皆様の署名も必要です。

私たちはクラブやライブハウスを通じて反社会的な活動を秘密裏に行いたいのではなく、純粋に音楽を聴き、ダンスを踊りたいのです。そしてそんな活動を警察監視の下ではなく、一般社会の皆様に迷惑をおかけしないようにしながら、自由に認められた時間・空間のもとで行いたいのです。


ご支援、よろしくお願いいたします。

追記(15:00)

当初の記事では「「Let's DANCE署名推進委員会」が何ものであるかを明らかにしておくべき」と記載していましたが、紹介時点でのサイトはあくまで仮サイトで、先ほど本格始動したとのことです。現在のサイトには「呼びかけ人」として音楽家の坂本龍一さん始め9名の名前が記載されているほか、署名用紙のダウンロードWEBでの署名も可能になっています。

その他には、風営法の歴史をまとめ問題点を整理したページや、風営法に関するQ&Aも記載されていますので、興味を持たれた方は是非一度ご覧になってください。ご覧いただければ、私たちの活動趣旨を理解していただけるはずです。


ご賛同・ご協力、重ねてお願いいたします。




関係者の人へ

この記事を読むかどうか解りませんが、「Let's DANCE署名推進委員会」が何ものなのかくらいはページに記載した方が良いです。署名というのは通常「本名」と「現住所」を集めるものなので、どうしてもプライバシー管理が必要になります。それがどんな正論に基づく署名活動であれ、どこの誰が主宰か解らないような署名に署名する人間は、内輪で事情をよく知る人間か、迂闊な人間かに限られてしまいます。

今回のように広く市民の皆様の署名をあつめて後押ししていただく必要がある場合には、「署名推進委員会」とは何ものであり委員は誰(またはどの店…店名を出しにくければ弁護士の先生のお名前をお借りするなど)なのかを明記した上で、いつを期限にどういった形でこのデータを扱うのかくらいはサイトに書いておくべきだと思います。