国会議事堂


内閣支持率のグラフを更新しました。

使用データ

政治意識月例調査 | NHK放送文化研究所
チェックリスト 赤いレ点


さて、先月に比べるとだいぶ良いペースでブログを更新出来ていますが、ここで先日から貯めているブログ記事用のネタをどれくらい消火したかを確認してみましょう。今現在、全部で41項目あり、そのうちブログ記事として記事を起こして更新したのが12。残りは29項目。なかには先日の職場のカミングアウトを前提としたネタもあるので、どれでもすぐ記事に出来る状態だったわけではありませんが、したってまだまだありますね。「16. 歩き方が残念な美人」とか、それを思った状況は覚えてるけど、これをどうやって文章にしろというのか。そもそも自分が残念でない歩き方を実践出来ているわけではないしなあ。

ただまあ、リストを見返してみると、思いついてその時は良いアイディアだと思ったけど、メモを見返すまで全く忘れていたようなネタもあり、メモすることの重要性を改めて感じました。「後でメモしておこう」と思って10分後にすっかり忘れちゃってる(メモしようと思ったことだけは覚えてる)ネタもたくさんあるし、それがデジタルであれアナログであれ、すぐにメモ出来る環境は大事ですね。見た夢を起きた後すぐ忘れる……みたいなもんですからね。感覚的には近い。もうしばらくはこのリストに追加していくつもりなので、リストはどんどん長くなっていきます。最終的に半分くらい書けていれば良いかなあ。

ブログの記事を書くことは、やはり、自分を見直すという意味でかなり大事なので、その過程として、ネタがどんどん溜まるのも、健康的。いつかの段階で必ず自分自身が思ったことなので。

もう少しだけ、お付き合いのほどを。
白黒 イヤホン


音楽離れって言うことじゃないんだけど。


バイトの大学生を見てると、ほとんどの大学生が、出勤してきたときや帰るときにイヤフォンもしくはヘッドフォンをして音楽を聴いてます。僕も昔は、移動中、つまり自転車に乗ったり歩いたりしているときに携帯プレイヤーで音楽を聴いてました(昔は自転車に乗りながらイヤフォンで音楽聴いても違法じゃなかった)。出掛けるとなったら、靴を履くのと同じようにイヤフォンを耳に突っ込むのが習慣でしたが、いつの間にかそれをしなくなりました。多分、Twitterかなんかに書いたことがあると思うんだけど、「止めよう」と思って止めたというよりはほんといつの間にか。

止めた当時はデスクワークだったし、出勤してから退勤するまで長いときで14時間くらいずーーっと音楽を聴いてました。その流れで通勤の時も聴いてたんですけど、あるとき何も聴かずに出勤してみたら街の環境音がなんだか新鮮で。もちろん騒音もあるけれども、音を聴いて気付くことも色々ある。


別に、気付いても気付かなくてもどうでもいいことなんですけどね。

こんなとこに工場あるのとかね。
おばちゃんが掃き掃除してる音とかね。
中学校の部活のかけ声とかね。


なんだかそういう環境音がある方が、移動としてリアルな感じがして妙に気に入ってしまいました。たぶんそれから、ジョギングの時を除いて、音楽を聴きながら移動してない。ジョギングの時は移動時間が長いのでなんか聴いてないと飽きちゃうし聴いてるけど。


だから歩きながら音楽聴くなとかそういうことじゃないんだけど、そう言えば自分も音楽聴いてたなあ、それも若いってことなのかなあとちょっと思ったり。自転車で何日も移動して疲労困憊の時、聴いてた音楽で元気づけられて乗り越えたみたいなこともあるので(今はやっちゃダメだけど)、もっと生活に音楽があっても良いんじゃないかとも思うけど、なんかそこまで切実ではないのかも。もちろん切実に音楽聴きたくて聞いてるわけじゃないとは思うんだけどね。
#今日の鴨川 #kyokamo #sky #イマソラ 雪はもうない


職場が丸わかりなので控えてたんですけど、不適切なことを書くわけではないし、そもそもプライベートなことを書くことについてあんまり気にしてないし、ぼんやり黙ったままそこで得た知見だけかくのも難しいので、この際書いちゃいますけど、去年の5月から昼の仕事が変わってます。

去年の5月半ばまでは電動アシスト自転車の企画・設計・販売を行う会社でweb関連全般担当エンジニアとして働いていました。5月下旬以降は、夜の職場の居酒屋の縁で、斎場、いわゆる火葬場のフードコートで働いています。個人情報どうこうの話以前に、あんまり嬉々として書くような職場でもないので書くのを控えていたんですけど、立地的に、「ちょっと寄ってみた」みたいなことは起こりえない場所にありますし、まあいいかなと。前職(レコード販売・レーベル)の時は、Tumblrかなんかの使い方を聞きに店頭に来られた方がいて驚愕しましたが、残念ながら今はそういうの無さそうです。まあくっそ忙しいので、来られてもうどん出すくらいでなかなかお相手出来ないと思いますが。


仕事内容は、ざっくりいうと食事の提供です。調理、になるのかなあ。基本、冷凍うどんを茹でて盛り付けて出す、というのが仕事ですが、関連して、カレーに付ける付け合わせを作るとか、定食に付けるお総菜をつくるとか、うどん用の九条ネギを刻むとか(冷凍を使わないのが社長のこだわりみたいなので)、単純作業のアルバイトと言うよりは、割と飲食業に近い経験を積ませてもらっています。

スタッフは少ない日で5人、多い日だと9人くらいいて、そのスタッフのまかないを作るのも僕の仕事です。なるべく毎日違うものを作ろうと頑張ってるんですけど、扱う生鮮食品が少なく、必然食材に使えるものが少なくてまあ難しい。毎日うどんというわけにもいかないし。メニューにはカレーライスやおにぎりもあるので、お米は炊いてるんですが、営業だけで足りなくなることが多くて、結局まかないはうどんの出番が多くなりがち。材料や料理法や味付けを変えてバリエーション持たせようとはしてるんですけどねー。なかなか難しいです。

ただ最近はまかない作ることにも慣れて来て、家では主に同居人の好き嫌いが理由で作れない/作らない料理がたくさんあるのに対し、フードコートでは基本なんでもOKなので、この際、自分が作りたいものをなんでも作ったろと思ってます。肉とか野菜とか、使いたい食材があったら買っていっていいと言われてるしね。



モバイルバッテリーは以前から持っていて、旅行とかドライブとか、バッテリー切れが懸念されるときに重宝していたのですけど、さすがに時間が経って充電出来る容量が減ってきたことと、最近はより大容量のものがより安くてに入るようになったこと、また使っていいるiPhone 5sのバッテリー周りが最近不安定で、出先で充電が必要になることがある(詳細は後述)のとで、新調することを決意。いろいろ検討の結果、さすがにそこまで超大容量は必要ない(もうアクティブなエージェントではないし)けれど、ある程度の容量は欲しいということで、Ankerの10,000mAhモデルにしてみました。アウトプットが1系統しかないけど、以前持っていたバッテリーでも2系統同時に使うってことはほぼ無かったので別に問題なし。


10,000mAhがどれくらいかというと、

iPad Airに約1回、Galaxy S6に約2回半、iPhone 6sに約4回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能。

だって。

iPhone 5sはさらにバッテリー容量が小さいから、だいたい5回は充電出来る計算。

iPhone 6sのバッテリー容量はiPhone 6より少ない1,715mAhと判明
iPhone5s バッテリー容量はどれくらい?

そもそもバッテリーを充電して、それが放電するまでどれくらいもつのよ?と言う話でもあるけれど、まあ、一回の外出であれば十分にカバー出来るかなと。



使用感

最初、使い方がよくわからなかったんですよね。それは多分iPhoneのバッテリーが減りすぎてたからだと思うんですけど、「これほんとに充電出来てんのかな……」と。ただ、わかってしまえば簡単なことで、充電中はLEDが光っているのですぐわかります。

LEDは4つあって、バッテリーにどれくらい充電されているかを示す目安。ケーブルを接続すると自動的に充電が始まり、100%まで充電されたところで自動的に充電が切れます。過充電防止のためにも良い機能。ケーブルを繋いだまま使っていて電池が減り、また充電を再開したいと言うときは、本体横のボタンを押せば充電が開始されます。なるほど!

GPSをつかったアプリのバッテリー消費に付いて行けるかについては、まだ検証出来ていませんが、軽いランニングに付き合わせた結果は大丈夫だったので、まあ大丈夫かなと。個人的には自転車走行時にも接続したいんだけど、その辺はバッテリーじゃなくて自転車アクセサリーの問題だよなあ。なんとかしたいですね。


京都マラソンに向けて、そろそろ準備が本格化してきた感あるなあ……~( ΄ ω ΄ )~ヌルヌル
ドル円(2017/01/19)


先日、ドナルド・トランプアメリカ大統領が就任しまして、それと前後して為替相場も大きく動きました。トランプ大統領の施策を反映したもので、基本的には「ドル高」基調。で、年末年始、118円くらいまで行ったんですが、トランプ大統領が口先介入するじゃないのってことでこのところ少し戻して、今は113円です。


ドルがトランプ氏発言で全面安、ポンドは急反発=NY市場 | ロイター

終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが全面安となった。トランプ次期米大統領が前週末、ドル高/人民元安に強い懸念を表明したことが影響した。

(中略)

トランプ氏はウォールストリート・ジャーナル紙のインタビューで、米企業は「(中国)と競争できない。なぜならドルが強く、われわれは死にそうな目にあっているからだ」と述べた。

このところ市場では、ドルの上昇に一服感が広がっていた。クレディ・アグリコルのFXストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は、こうした中でトランプ氏の発言がドルの調整トレンドを一層強めたと分析した。



適正相場は100円から105円と見る向きもあって、その辺までは行くのかなあ。ドル試算は今のうちに円に替えておいた方が良いのかも。


トランプ大統領が口先介入すると…=「ノーガード」の日本を直撃、円が急騰?(窪園博俊) - 個人 - Yahoo!ニュース

為替の適正水準(いわゆる購買力平価)を導き出すのは難しいが、一般的には「100から105円の間ではないか」(大手機関投資家)とされる。110円を割り込んだぐらいで介入すると、トランプ政権から為替の不当操作と認定され、強い制裁措置を受けかねない。従って、「100円を大幅に割り込む水準まで為替介入は封印されるのだろう」(外資系金融機関)との見方が支配的だ。

​​dvd23.jpg


確かに男前だし全然構わないわけですけれども、彼女は水曜どうでしょうでの「安田さん」についてはほとんど知らなくて、東京で活躍するようになった後の「役者・安田顕」だけを見て、ビジュアル的な意味ですごい好みだと言っていて、嫉妬とかそんなのじゃなしに「いいの?ヤスケンで?」と思ってしまう僕です、とか書いたらヤスケンファンにすごい怒られそうだけどでもわかるよね?僕のこのなんとも言えない感じ。どうでしょうバカならわかるはず。「裏では結構言うのに男受けがいいって言う理由でモテてる女の子を見る心境」って書くと悪く言いすぎなんだけど、渋いとかクールとか、なんかこうさ、むずがゆくなってくるじゃん。「確かに見た感じはね……(苦笑)」という、でも俺だってヤスケンのこと大好きだけどでもそういうことじゃないという、なんとも言えないモヤモヤした感じ。なんだろう。わからん。


で、そうは言ってもあんまりきちんと映像で見たことないって言うんで、先日、安田顕主演の映画「俳優 亀岡拓次」を借りてきて見ました。ツタヤなんてスゲー久しぶりに行ったよ。最後に映画借りたのなんて軽く5年以上は前の話。「俳優 亀岡拓次」での安田さんは、主演ながら役どころは名脇役。演技はすごいし奇跡も起こすけど、プライベートはからっきしって感じの渋い役どころで、すっごい好きだったんだけど、でも見れば見るほど「でもこれって、要するにヤスケンだよね」と思えてきて、酒飲んで失敗するけど仕事的には上手く行っちゃうとかもうますますヤスケンで、でもなんだろう、求められてた「カッコイイ安田顕」ってこういうことじゃないんだろうなと思ったり。

今期やってるドラマをちらっと見て、そこでの安田さんの感じを見ると確かにかっこいい。でもそうじゃないんだ。確かにすごく優しいけど、でもそれだけじゃないんだ、安田さん。水曜どうでしょうがレギュラー放送終了して、あんまり最新情報は知らないけど、副音声聞く限り全然変わってないんだ、安田さん。


まあ何にせよ、古くから知ってる「友人」みたいな存在の人を、改めて好きだって言われると少し嬉しい。勧めたわけじゃなくまったくの偶然なんだけど。でもヤスケンかー。ヤスケンなー。絶対すごい良い人だと思うし、役者としても素晴らしいけれど、変わってるんだよなあ。「マッスルボディは傷つかない」のDVD、買おうかなあ。