eakon_samui.png


依然として猛暑が続いていますが、事務所内はエアコンが効きすぎて相変わらず極寒です。最初は通販担当など比較的動きが多いスタッフに合わせてエアコンの温度を下げているのだと思っていたのですが、その通販担当も長袖を着て働いており、温度設定を一任されているものの最適な温度にするのに苦労している感じがうかがえます。
最近朝から一日がかりで仕事ということが週2回くらいあるので、その日のために弁当箱を新調しました。いままでは100均の丸タッパーを弁当箱の代わりにしていたんですけど、丸タッパーって意外と幅取るんですよね。リュックへの収まりがあんまり良くない。またタッパーは油汚れなどなかなか落ちづらくて、各タッパーより丸タッパーの方が洗いやすいとしても、油断するとぬるみが落ちないことがあります。

汚れに強くて落ちやすいといえばステンレスじゃないの、とおもって調べたらなかなかいいサイズ・容量で値段も手頃な弁当箱が見つかったので購入してみました。



toilet_benza.png



暑いですね。マジ暑い。

京都は毎年祇園祭で夏が始まり、五山送り火(大文字焼)で夏が終わると個人的に感じているんですけど、今年はどうかなあ。この灼熱の夏がそう簡単に終わる未来が見えません。いつまで続くんだこれ……


ブログ記事のためじゃなくてシンプルに自分が生きていくために、熱中症について調べてました。さすがにこれだけ話題になっていると、いろんな情報がたくさんあってわかりやすいです。それだけ深刻だってことなんでしょうけど、その中で割と衝撃だったのがこちら。
computer_email.png


2018年になりもう平成も終わろうというのに、いまだにメーラーを使っています。ていうかもう若い人には「メーラー」自体理解出来ないんじゃないか。「メーラー」は主にパソコンのデスクトップ上で動作する、メール送受信のためのアプリケーションです。今はGMail始めブラウザ上で動作するwebアプリケーションが主流ですし、そもそもメール自体あまり使わないという人も多いかも知れません。長文のやりとりは、SNSのDMを使えば十分に目的を果たせるし(データの蓄積を重視しないのであれば)。
new-chrome-logo.pngのサムネイル画像


最近、なぜかChromeの自動アップデートがこけるようになってしまって面倒なので直したかったのだけど、原因がよくわからず直らない。仕方が無いので、Chromeを一旦アンインストールして、再度インストールしようとしたのだけど、「インストーラがキャッシュできませんでした」とかいうエラーが出て失敗。どうやら、インストーラがデータをダウンロードしてくるところでこけている模様。インストーラとキャッシュで検索すると、Cドライブの残り容量が少ないという指摘があり、まあ確かに残り25GBしかないしなとちょっといろいろ削除して32GBまで増やしてもう一度試してみたけどやっぱり出来ない。


だったらオフラインでインストールできるスタンドアロン版ならいけるんじゃないのと思って試してみたけど、今度は「原因不明のエラーによりインストールが失敗しました。実行中のGoogle Chromeを終了してからやり直してください。」と出てインストールが出来ない。エラーメッセージに従うなら、プロセスを終了してインストールし直せば良いってことなんだけど、アンインストールしてるからプロセスは残ってないはず。アンチウィルスソフトの監視を止めてみたり、アプリケーションを終了してみたりしても改善しないので、ちょっと見てみたら、「C:\Program Files (x86)\Google\Chrome」にまだデータが残っていた。これか?と思いつつWindowsを再起動、起動後にインストーラ(スタンドアロン版ではなくオンライン版)を実行してみたら普通にインストールに成功。アカウントにログインし直して、環境復帰。おお。


最初の自動アップデートが上手く行かない問題の原因はよくわからないままだけど、何はともあれ再インストールで最新版にはなったので良し。再インストール出来ない件については、慌てずWindowsを再起動すればOK。昔に比べて最近はアプリケーションのインストールで再起動するってことが少なくなったので、忘れてた。そうかそうか。


【結論】Google Chromeを一旦アンインストールしたのち、Windowsを再起動してから、再インストールしましょう。


※ Googleアカウントで環境を同期(≒バックアップ)しておきましょう。同期しているかどうかは設定で確認出来ます。
kei
(引用元:https://autoc-one.jp/knowhow/3433574/


↑これです。

街でよく見掛けるアレ。配達とかでよく使われていますよね。京都の街中は飲食店も多いし、この車がかなりの数走っています。だけどこの車をなんて呼んで良いのかよくわからない……店のスタッフは慣例的に「軽トラ」と呼んでましたが、軽トラってのはトラックなわけでこういうやつのことですよね?


keit


荷台があるやつ。確かにフレームは同じっぽいけど、軽トラじゃないですよねえ。。
royal_princess.png


なぜかわからないんですが、昔から女性がいないもしくは少ない職場で働くことが多いです。唯一違ったのは、斎場のフードコートくらいかな。そこだけは男2人とおばちゃん6人ていう環境だったけど、それ以外はだいたい20人から30人の男性に対し女性が数名っていう工学部か?っていう男女比率で働いてました。

そういうところで働いていると、なんつうか、「オタサーの姫」現象みたいなのが頻繁に観測可能です。「オタサーの姫」は周りがオタクだという理由でなんかすごいキモい印象になってるけど、でも実際には特殊でもなんでもなくよくあること。身も蓋もない言い方をすると、「たくさんの男性の中にわずかの女性がいる環境では、その女性の美醜によらずちやほやされるし、稀に謎恋愛バトルに発展したりする」という現象がよく起きてるんですよね。実際、なんとなく可愛く見えてくるから不思議。僕は遭遇したことないですけど、そういう経過から「サークラ」に発展することもあるでしょうね。社内恋愛、危ない。

逆に大勢の女性の中に1人男性がいた場合に、その彼がどんなにいけてなくてもちやほやされる……ってそう言えば聞いたことないな。男性扱いされないみたいな感じなのは聞いたことありますけど。女性の方がしっかり見ているってことなのかも。もうね、男の性ってもんなんでしょうね。仕方ない。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories