b9df5db46914d913ae28239a81086bd7_s.jpg


労働基準法では、賃金は働いた時間に応じて支払われることになっており、15分単位とか30分単位とかで切り捨てることは認められていません(月の合計時間数に対して30分未満を切り捨てることは可能)。


賃金を支払うときに注意すべきポイント - BUSINESS LAWYERS

賃金の支払方法については、労働基準法で定められています。賃金は原則として、①従業員本人に、②現金支給で、③支払期日を特定して、支払わなければなりません。質問の内容では、労働基準法に違反する可能性もあるので注意してください。
 また、実際に労働した時間にもかかわらず、端数をカットする事はできませんが、毎日の労働時間を分単位で足し上げ、1か月合計後、合計時間数から30分未満の端数を切り捨てることは可能です。
 時間給の場合であっても、時間外労働、休日労働の割増賃金は必要になりますので、この点も注意が必要です。



ありがちな事例としては、定時が9時から17時と決められている場合、8時55分にタイムカードを切っても8時35分に切っても給与の計算は9時から、帰りも17時5分に切っても17時25分に切っても17時まで。30分を超えると初めて賃金に組み込まれ、17時35分にタイムカードを切ると30分の分だけ支給される……という感じ。アルバイトなんかだと昔は一般的だった印象ですが、これ違法なんですよね。

おそらく昔から違法は違法だったと思うんですが、労働基準監督署が力入れるようになったのはいつくらいからなんだろう。僕が以前働いていた会社も5年前には確か15分単位で切られていたと思うんですけど、去年4年半振りに復帰したら分単位で支払われるようになっていました。夜働いている居酒屋がいまだに30分単位で支払われていて諦めてたので、妙に嬉しかった覚えがあります。まあ、今どき普通なんでしょうけどね。
国会議事堂


内閣支持率のグラフを更新しました。


使用データ

政治意識月例調査 | NHK放送文化研究所

SmugMugのFlickr買収は、写真共有サービスの終わりか新しい始まりか | Lifehacking.jp

オンライン写真共有サービスのくさ分けであり、いまや昔話といっていいWeb2.0的なサービスの代表格だったFlickrが、SmugMugに買収されたというニュースが入ってきました。SmugMugにも特設サイトができています。



先月のニュースなんですが、Flickrが買収されるという話が出ていました。今まではアメリカのYahoo!
が持っていたんですが、それがFlickrと同じサービスを展開する「SmugMug」へ。Yahoo!の放置さ加減がすごかったので、少しは改善されるんだろうかという思いもわずかにありつつ、しかし僕がFlickrのヘヴィユーザーだったのも過去の話、2015年2月にProライセンスを止めて以降、ほとんど惰性で写真を追加していただけで、コミュニティ的な意味でもアーカイブ的な意味でもほぼ、使っていませんでした。先の記事にあるとおり、コミュニティ的な意味ではInstagramが圧倒的に便利だし、アーカイブ的な意味ではGoogleフォトがこれまた圧倒的に便利で、Flickrの居場所がなくなってしまったんですよね。

なんでFlickrから出て行ったかと言えば、単純にサービスが不便だったから。アップロードに失敗することなんて日常茶飯事、サイトが動かない、アップローダが重くて固まる、スマホ用アプリがない(日本向けには)。日付やタグを指定して絞り込む、検索する機能も昔は良かったけれど、Googleフォトの日付選択機能・被写体自体を検索できる機能や、Instagramのタグに比べれば一覧性に欠けるとか、重いとか、今はもう使いづらいとしか。

どれだけ手軽に動画を撮れるようになっても、写真という文化がなくなることはどうやらなさそうだし、写真とSNSがある限り、それを軸にしたコミュニティも無くなることはないと思うけれど、既にメジャーなSNSが十分な機能を有している現状で、写真コミュニティのためだけに新しくSNSを使うというのはまあ無いですよね。現実問題。Flickrの今後がどうなっていくのか、「SmugMug」に吸収されてしまうのか、よくわかりませんが、どうなってしまったとしても今の僕にはあんまり関係ないかなあ……という感じです。全盛期には、海外のカメラ好きユーザーを繋げるための最高のツールだったんですけどね。今もうほんとそれ、Instagramでやってるからなあ。


FlickrがWebサービスとして、大きな赤字が出ない程度の規模で、安らかな余生を過ごせるといいなと思っています。


思うことと言えばそれくらいですかねえ。
jushinryou_setsumei.png


色んな会社が電話営業でやってる新人研修が、NHKだと受信料の徴収になるのかなと思いますが、NHKさんが久々にいらっしゃいました。前回はいつだったっけな……引っ越し直後とか来たかなあ。2年前くらい?忘れましたが。いつもは年配の人って言う印象でしたが、今回は若い男性でした。


以下、やりとり。


「ピンポーン」
インターフォンの受話器取る
はい
「506号室でお間違いないでしょうか」
はい
「わたくしNHKのものですが確認したいことが2点ありますので玄関先までお願いいたします」
いえ、ここでお願いします
「あの、受信料の申込みがされていないと言うことで伺ったのですが」
は?
「受信料の」
ああ、TV持ってないと伝えてあるんで引き継いでおいてください
「今も持ってらっしゃらないんですか?」
こちらから報告しない限り、ありません
「わかりました。ありがとうございます」
はい


以上、30秒くらい。
テレビ持ってないのは事実だし、廃棄するときに解約処理もしているし、僕は間違ったことは全く言ってません。僕の受け答えが多少イラついて見える理由は次の2点。

  1. 説明は後でするからとにかく玄関先まで出てこいという態度
  2. 「契約のステータス管理」という概念がないこと
LINEモバイル


3月にMNP、機種変更してから2ヶ月ちょっと経ちました。


割とすぐにした変更として「iPhoneのメールアプリを使うのを止めた」があります。理由は簡単で、GMailのプッシュ取得が出来ないからです。GMailアプリには出来るのに、デフォルトのメールアプリがなぜ出来ないのか謎ですが、不便すぎ。キャリアメール(SoftBank)を使っていた頃はキャリアメールがメールアプリに届くので、それでも使う意味はあったのですけど、LINEモバイルになってキャリアメールというものがなくなった現在、iPhoneに届くメールはすべてGMailであり、使う意味がなくなってしまいました。

始めは、メールアプリにあって便利に使っていた「VIP機能」(登録した特定の相手からのメールをわけて見やすくしてくれる)がなくて大丈夫かとか、GMailはアドレスによっては毎日たくさんメールが届くけど通知が鬱陶しくないかとか気にしたのですけど、GMailの設定をきちんと行うことで解決することが出来ました。

ポイントは、

GMailの受信トレイには読むべきメールしか残さない

です。


GMailアプリで通知が来るのは受信トレイにメールを受信したタイミングです。フィルタ機能で受信と同時に受信トレイをスキップ(アーカイブ)したメールは通知されません。ということは、本当に通知を確認したい人だけ受信トレイに残すようにし、それ以外からのメール(例えばWebサービスからのお知らせとか、すぐに確認する必要はない更新情報とか)をアーカイブするように設定しておけば、通知が鬱陶しくなることはないわけです。そして通知が来たら確認して返信してアーカイブ。タスク管理にもなって一石二鳥です。良く出来てる。


何も設定していなくて受信トレイが膨れ上がっているような状態から、きちんと実用に耐えうるレベルまで設定しようと思ったら正直大変ですけど、僕の場合はだいぶ設定してあったので、受信トレイを確認しながら少しフィルタリングを追加したりメルマガを解除したりしただけで、快適に使える環境が整いました。見落としがないかどうかは、定期的に「すべてのメール」をチェックすることで確認出来ますし、PCからもチェックすれば万全。今までメールアプリで感じていたメール遅延のストレスが一気に解消されて、ほんとハッピーになりました。もっと早くやれば良かった。

同じストレスを抱えている方、是非お試しを。
Janetter


今朝、PCを起動したらTwitterクライアントの「Janetter」が起動できなくなってました。




「EExternalException がモジュール libcef.dll の 004905E0 で発生しました。
外部例外 80000003.」


思い当たる節としてはCドライブの容量を空けるために一時フォルダの中身を整理したことくらいか。検索して調べてみると、起動時に一時フォルダ(C:¥windows¥temp)に作業ファイルを置けなくて起動に失敗しているので、フォルダの有無を確認し、ダメだったら再インストールすれば直るという情報が出てくるのですけど、まずなんのフォルダが必要かわからない。一時フォルダ自体はあるし、作り直してくれないの?それから再インストールしようにも、アンインストールが出来ない。
reji_kaiinsyou_smartphone.png


こちらは内部の事情を鑑みないただの客なので、勝手にストレスに感じている部分はあると思うけれど、そんな前置きはさておきやはり一番のストレスの原因は、毎回毎回繰り返される同じ文言……ではなくて、その文言自体はもう慣れて諦めてるから良いけど、それを言うために手を止めることがストレスなんだなってことにこの間気付きました。


近所に良く行ってるファミリーマートがありまして、深夜バイトとはお互いに「また来た」「またいる」という関係性だろうなと思うのですけど、その中の1人にどういう事情かサラリーマン辞めることになってコンビニで働いていますという感じのおっちゃんがいます。レジ打ち丁寧だし、きちんと敬語も使えて接客も良いのですけど、なんかイラッとする。なんだろうなーと思ったら、ファミマレジのお決まりの言葉「Tカードはございますか」、酒類を買ったときの「こちらのパネルの年齢確認のボタンを押してください」をすべて言い終わるまでバーコードを読み取ったり、レジ袋に入れたりといった業務を行わないってことでした。


いやね?普通に接客としたら、それはとても丁寧な接客だと思うんですよ。自分の手は止めず、こちらも見ずにいつも言ってるからっていうんで半自動でセリフ言ってるのに比べれば、きちんと確認して1つ1つコミュニケーションを取ろうとするのは、圧倒的に正しいです。正しいんですが……でも、それは僕の求めるものでは無いんですよね。これが街の魚屋さんであればいいんですけど、コンビニでは、店内を回って商品をピックアップしてレジに持って行った時点で、「お金払って帰りたい」というのが最優先であって、その間にそれ以外のやりとりを挟みたくない。


で、実際に多くのコンビニ店員はそういう接客をしていて、出来る店員ほどレジの「流れ」を意識している気がします。その「流れ」がスムースであれば、多少待たされてもイラッとしない。コンビニってそういうもんですよねえ。おっちゃんもいずれコンビニに染まっていくんでしょう。それが良いか悪いかは、よくわからないけど。


そういえば

ここもう何年もコンビニのレジに中国人、韓国人が立っていても全く驚かなくなりましたが、最近ちょっとインド人も増えてませんか。立て続けに2人いかにもインド人なコンビニ店員に出会って、しかも2人ともめちゃくちゃ日本語上手で。なんか印僑の動きとかあるのかしら。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories