ありがとう、ラグビー日本代表ブレイブ・ブロッサムズ 【ラグビーW杯2019】

最後は南アフリカの豊富な引き出しとパワー溢れるディフェンスに阻まれてしまった、そんな一戦でしたが、それでも前半終わって3-5。相手がティア1の、それもトップ4に入るようなチームであっても今の日本なら勝負出来る、それを強く感じる試合でもありました。前半終了間際に南アフリカのフォワードが足つってて、体力勝負になれば後半勝ち目がと期待もしたけれど、キツいのは日本も同じで、部分的には勝てる時間があっても最後には押し切られてしまう感じがあり。いくら中6日空いても、全力の戦いを5戦続けるのは至難の業なんだよなあ。他の強豪国は1戦か2戦楽に勝てる試合があったけれど日本はずっと激戦だったから……これが経験というものなのかもしれないですね。 (写真引用元:https://spread-sports.jp/archives/35083

続きを読む

ラグビー日本代表は試合翌日から気持ちを切り替えているというのに

にわかファンたる僕は1週間ってもいまだにスコットランド戦のことを思いだしている始末で、予選プール4試合がどれも輝かしく思える反面、今日の19時15分に迫った南アフリカとの準々決勝が心配で心配で、全然気持ち切り替えられてない。その上、金曜日に届いたNumber最新号も「突破」と題して予選プールを振り返っていて、それを読みながら結局今日まで気持ち切り替わらないっていうね。僕が選手なら絶対次はあかんやつ。正直に言うと、半分以上満足しちゃってるもんな。

続きを読む

【祝】 日本代表ベスト8進出おめでとうありがとう 【ラグビーW杯2019】

昨日行われた予選プール最終戦となるスコットランド戦で日本代表は無事勝利。これで4戦全勝となって、日本代表として史上初めてW杯決勝トーナメントへ進出することになりました。W杯開催前から、予選プール突破まで迫った2015年から、いやもっと前、ニュージーランドにコテンパンにやられた頃からずっと日本代表の目標だった予選プールが、自国開催となった今、ようやく実現出来たことにとても感動しています。

続きを読む

【サッカーW杯ロシア大会】vs ポーランド

試合内容、結果ともに賛否両論ありましょうが。 個人的な「感傷」ポイントはやはり最後20分のボール回し。かつての日本代表の試合では、なんて言われてたか知ってますか。

こういうとき、強豪国だったら無理に攻めたりせず、自陣でボールを回しながら上手く時間を使っていくもんだよ。でも日本にはその技術はないし、逆にボールを奪われて失点するのが関の山だから、そうなるくらいなら次の得点を狙って攻撃していくのが良いんだ。攻撃こそ最大の防御だよ。
「攻撃こそ最大の防御」、それ単体では意味がある言葉ですが、このシチュエーションでは単純に技術の足りなさや、巧いゲームメイクが出来ないことへの言い訳でしかありませんでした。現在のスコアで止めたいのであれば、ボールを回し続けることは有効だ、それはもうずっと前から常識で、でも日本代表には出来ないことだったんですよ。 その日本が、決勝進出がほぼ決まった段階で、ボールを回して時間を使っている。正直に言うと「セネガルが1点取ったらどうすんだよ……」とも思ってましたが、でも、W杯で時間を使うシチュエーションに辿り着いたこと、そしてすべきことを実行できるだけのチームになったこと、またそれを支える技術が個々人に備わったことに、とても大きな感慨がありました。日本も世界と渡り合えるチームになったんだなあと。例え、その席がまだ一番下であったとしても。だから僕は、あの退屈な20分間が良くなかったとは思いません。難しいメンバーと一緒になったグループリーグで、あのシチュエーションまで辿り着いたチームを称えたい。変わったなあ。 試合自体は、正直言って勝つべき試合だったと思っています。長谷部がやっていた仕事を柴崎が請け負っていましたが、柴崎が空けたスペースの使い方、岡崎が空けたスペースの使い方がイマイチで、攻撃として上手く連動していませんでした。宇佐美も頑張っていたと思うけど、スタイルとしてマッチしているとは言いがたかった。高徳はちょっと頑張ってたかなあ。DFラインの前のスペースがゆるゆるで、走り込みたい放題だったのに、そこを全然活用出来なかったのはほんともったいなかったです。宇佐美が下りてきて長友に預けて柴崎がスペースに入って受けてミドルとか、DFラインに入ってのビルドアップは蛍がやるとか、そういうのもできたと思うんだけど。ここまで2戦流動的な連動で良さを出してきたので、そういう意味では物足りなかったかなあ。 ただそれでも、これだけのチームを組まざるを得なかったのも事実でしょう。コンディショニング厳しそうだったし、怪我明けの選手も多いし。そういう中で、大迫と長谷部と乾は途中出場したけれど、何人かの選手を休ませることができ、結果的に決勝トーナメントに行けたのは、薄氷だったとは言えすげーなと思いました。どんだけ度胸あるのよ、西野。えぐい。控えメンバーも納得してベンチにいる様子だったし、雰囲気は悪くなってなさそう。 (でも痛んだ岡崎は心配……) 次戦ベルギーは…………まあ、正直言うと、コロンビアとセネガルを足して2で割らないくらい勝ちが期待できないけど、いやでもここまで来たらそういうことじゃないでしょう。ベルギー相手に戦う姿をまた見たいと思います。頑張れ日本代表!応援してます。

続きを読む

【サッカーW杯ロシア大会】決戦!

【岡田バージョン】 まさに伝説試合 日本 対 セネガル 【無編集】 さてやって参りました、最後の大一番でございます。 いろいろと細かい条件はありますが、それが間違っているのを承知で、 「勝てば決勝トーナメント進出、負ければ予選敗退」 が、一番わかりやすい認識かなと思います。 もちろん引き分けでも十分なんですけどね。覚悟的な話として。 対戦相手のポーランドは、レヴァンドフスキというスーパーFWを擁する強豪チームですが、コンディションが合わなかったのか戦術的な問題を抱えてるのか、今大会はここまで2連敗でレヴァンドフスキがチームに文句を言い始めるなど、およそ良いとは言いがたい状態ですが、それでも日本より格上であることに変わりはなく、楽観は出来ません。ていうかなんでポーランド点取れないんだろうな。不思議。多分今日の試合のレポートを id:pal-9999 さんがしてくれるはずなので、そこでわかるでしょう。 日本に関しては西野監督が前2戦から6人入れ替えるという報道が出てました。

西野日本、決勝Tへ先発6人代え!武藤岡崎2トップ(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

【ボルゴグラード(ロシア)27日】日本代表の西野朗監督(63)が今日28日の1次リーグ突破がかかるポーランド戦に、超サプライズ布陣を送り出す。  3戦目で初めて先発を入れ替えるが、何と過半数6人も変更する可能性が浮上。初戦、2戦目で得点した4人を引っ込めFW岡崎慎司(32)、FW武藤嘉紀(25)の2トップを採用する見込みだ。引き分け以上で突破が決まる大一番。ここまで采配ズバリの勝負師が、大バクチに打って出る。

岡崎は体が重そうだったし、宇佐美は悪くない出来だったけどどうしてもチームにフィットできるのか、そもそも守備できるのか不安が。槙野がやらかさないかも心配だし、高徳を右に置くってマジか。まあ見てみたい気はするけどこのタイミングでそれするんですか西野さん。まあ会場のボルゴグラードはくそ暑いらしいし、コンディショニング考えたら入れ替えた方がいいのはわかるんだけど、これだけ流れよく来てると変えるの怖いよね、実際。素人考え的には。変えてみてそれがどうなるのか、楽しみでは無いかといわれると、少し楽しみではあるんだけどでも。 こええなああ。 ちなみに、ずっと不安定で叩かれているGK川島さんは、次戦も出場予定です。 そうねえ、GKの役割ってシュートストップだけじゃないわけで、DFラインの安定に寄与しているのであれば、彼を起用することは理解出来るし、試合勘の薄れている控えGKを出すメリットが、入れ替えのデメリットを上回る火と言われると確かにもうこれわかんねえなって感じですけど、前述のid:pal-9999 さんがこんなこと言ってて。

pal-9999のサッカーレポート

西野朗は藤ヶ谷陽介で勝ちましたよ。川島永嗣でも勝つでしょう。

ちょまwwwww説得力半端ねえwwww もうほんとその通りなので今日は少し心穏やかに川島さんを見て入れられそうです。 ドイツをアディショナルタイムで見事叩いた韓国に非常な勇気を貰いつつ、同時に、突破の目がなくなっても勝負に掛ける意地というのはあるということを心に刻みつつ、今日も頑張って欲しいと思います。 がんばれ!日本代表!

続きを読む

【サッカーW杯ロシア大会】vs セネガル

まさか、ここまでやるとは。 戦前、まあ正直負けは覚悟してました。コロンビアに勝ったとは言え、初戦の難しさ、PKでの得点、1人多い数的有利といった要素があり、実際のところどうなのか掴みかねるところがあって、大会前の力関係から言えばまあ格下よねという思いで。そして始まった一戦、戦前から「日本のリスク」と言われていたGK川島のボーンヘッドで失点、ああ、この試合はどうなってしまうんだろうと思ったけれど、日本は身体能力で上回り、かつ戦術も浸透しているように見えるセネガル相手に互角に戦い、決定機も作る。セネガル監督の交代による戦術変更(中盤を厚くして起点を抑える)にも対応し、同点、勝ち越されてなお同点に。 この感覚、南アフリカ大会の時にもあったのだけど…… 逞しくなったなあ、日本代表。ほんとすごい。 それぞれが、普段クラブチームでしているサッカーで十分世界に通用するという感覚。「代表選手が世界で活躍していて、代表チームはそれを集めて動かす」そういう感覚が、ようやく世界に追いついた感。とても幸せでした。コロンビア戦で感じた感覚は、嘘じゃなかった。 乾の同点ゴールはエロかったなー 最高にエロかった 本田の同点ゴールはさすがだった。お膳立てがあったとしても、そこに本田がいなければ成立しない、そしてそこにいる本田。さすが。プレーそのものはやはりピークを越えた感はあるけれど、それでも守備に攻撃に懸命に動いていた姿は印象的でした。 ああ、良い試合だった。 良い試合は、W杯の間、毎日毎試合見ているのだけど、自国の代表もその良い試合の系譜に連なるというのは、とても幸せ。 そして、次戦は正真正銘、決戦!ポーランド戦。三つ巴になってきた関係で、出来れば勝利が欲しい。ポーランドには至宝・レヴァンドフスキがいて脅威だけれど、セルビアを抑えられた日本ならワンチャンあるはず。その日は例によってウェラーズでガヤ実況する予定ですが、さてはてどうなるか。ウェラーズでの実況無敗の伝説は続くのか!乞うご期待。 くそう、やっぱりサッカーW杯、超楽しいな!最高すぎる

続きを読む

NEYMAR JR.

コスタリカの戦い方は本当に素晴らしかった。 文字通り「90分間」ブラジルの攻撃をしのぎ続け、 数少ないチャンスを狙って走る姿は、とても勇敢だった。 でも、僕はなぜか、ネイマールが好きだ。 ブラジルの10番を背負い、多くのチームから目の敵にされ、削られ、ストッキングには穴が空き、 プレーできる程度の数限りない怪我を負ってなお、 前を向き、チームを鼓舞する姿が好きだ。 人を欺くような、イマジネーション豊かなプレーの数々が好きだ。 チームの勝利を喜び、涙し、仲間と分かち合う姿が好きだ。 そして、浮かべる満面の笑みが大好きだ。 時に狡猾なプレーが批判を浴びることもあるけれど、 それでも彼は賞賛を浴びるに値する世界で最高のプレイヤーの一人だと思う。 そんな彼のゴールが最後に見られて良かった。 (ちなみにブラジルで言うと、実は、マルセロが最高に好きだ) W杯は、予選からして既に最高だ。

続きを読む

【サッカーW杯ロシア】まさかコロンビアに勝ってしまうなんて……

大迫半端ない #日本勝利おめでとう

千田純生さん(@chida_junsei)がシェアした投稿 – 2018年 6月月19日午前11時17分PDT

期待はありました。ありましたが、期待を持つことと、そうだと予想することとは全然別の話であって、少なくともコロンビアに勝つなんてことは予想出来ませんでした。仕事中にもたらされた「香川が1点入れたらしい」「PKらしい」「コロンビアは10人になったらしい」という情報。仕事を切り上げて駆けつけたウェラーズでスコアが1対1になっていて、入れられた1点が川島御大のやらかしだと聞かされて一層頭の中がはてなだらけになりつつ、後半の試合を追う。人数で上回っているものの、香川・乾の動きはパラグアイ戦ほどではない感じ、大迫は相変わらず体張っていてすごい、辺りが最初の印象。ついで、長友が左サイドで効いてるのと、右サイドの酒井宏樹が攻撃面でもかなり目立った動きをしていていやほんとに上手くなったなあというのと、センターサークル付近余裕あるせいか柴崎がかなりのびのびプレーできてるのと。麻也さん昌子も安定してるし、原口はとにかく走りまくってるし、ベストかと言われるとわかんないけどかなり好感持てる試合運びしてて、つい、「ああ、この3年間はなんだったんだ。。」と思ってしまって口に出さないようにこらえる。ごめん、ハリル。戦術の善し悪しというか、何か合わないところが合ったんだろうなあ。「あの日本人が本番2ヶ月前に解雇に踏み切ったのだから、よほどのことがあったに違いない」ってオシムも言ってたし。 まだ仕事からスイッチ切り替わらずガヤ実況だってのに気の利いたこと一つ言えずに眺めることしばらく、厳しそうな香川と交代で入った本田が良い意味でも悪い意味でも流れを変えていく中で、その瞬間は訪れる!元々それほど高さのナイコロビアDF陣だったけど、それを体を張って抑えて大迫のところを空けたところへドンピシャのCK。最高のシュートがゴールに吸い込まれて……いやあマジか。試合中頑張りすぎると集中力が切れてFWは点取れないとか言ってたのは誰だったっけ、チェイスもポストプレーもあれだけ全力でプレーしてた大迫が決勝点。マジ半端ねえ。その後、当然のように迎えるピンチに対して体を張ったのも大迫であり、原口であり、数的有利という状況はあったにせよ、勝軍というのはこういうものなのかもしれないなと改めて思いました。ああ、すっきりした。 勝ってもスッキリしないゲームもあるけど、この試合はスッキリした。動きが万全じゃなかった選手(香川、乾、岡崎あたり。あと川島)は次戦以降調整があるかも知れないけど、つっても香川の代わりはいないけど、次のゲームにも良い形では入れるんじゃないかなあ。次の試合はまた11人対11人に戻るわけだし、セネガル強かったみたいだし、ほんと引き分けなら御の字くらいだけど、それでも次戦も期待したい。期待できそう!西野さんに監督代わって以降、1日1日で大きく変わってきたチームだし、きっと次はもっと良くなってるはず。日本時間で6/24(日)24時キックオフ。どうなるかなあ。

続きを読む