Uber Eatsの配達員が危ない問題

全国に広がるウーバーイーツ「新しい働き方」潜む事故のリスク : 京都新聞

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが手掛ける料理配達サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が、東京や京都、福岡など国内各地の都市部に広がっている。料理を配達するのは、個人事業主として働く「配達パートナー」と呼ばれる人たちだ。インターネットを介して個人をつなぐ「シェアリングエコノミー」という仕組みで、時間や場所に縛られない新しい働き方としても注目を集める。一方で、配達パートナーはウーバーと直接的な雇用関係にないため、交通事故にあった時の医療費は自己負担で、休業補償もない。実際に事故の当事者となった配達パートナーは「自由度が高い分、負っているリスクも大きい」と話す。ウーバーイーツの現状を探った。

Uber Eats流行ってますね。あの緑色のバッグを担いだ自転車(ないしは原付)の人を毎日のように見ますし、最近はUber Eatsのシールを貼っている飲食店もかなり増えているように見えます。先日行ったラーメン屋もカウンターにUber Eatsのロゴが入った専用タブレットを置いていました。そこに直接オーダーが入ってそれを用意するみたいな流れなんですかね?クレジットカードの決済も電子マネー決済も対応してない(なぜかPayPayは対応してる)のに、Uber Eatsは導入されてるってなんかすごい歪で面白いなと思ったんですが、それだけ導入コストが金銭的にも人力的にも低くて、かつ、運用も簡単ってことなんでしょう。

街に溢れる危険な運転

そういうわけで、Uber Eatsのバッグを稼ぎ、道を急ぐ自転車を最近よく見ます。ロードバイクだけでなく、ママチャリの人もいますし、原付の人もいます。配達のクオリティでユーザー・飲食店双方から評価されてしまうそうなので、配達中の人に若干の焦りがあるのは理解出来るのですが、それにしても運転が荒くて危ない。路地を無灯火で疾走するのは当たり前で、普段人が乗り入れないような狭い路地に入ってくるとか、道路右側を逆走するとか、人が歩いている歩道をすごいスピードで走るとか、ほんと危ない。 Uber Eatsに取っては配達人はあくまで「パートナー」であり自社の社員でもなんでもないので、指導する義務は全くないとは思うんですけど、自転車乗りに対するイメージまで下げている気がします。配達中の挙動もスコアリングして配達パートナーの評価に返ってくるみたいなシステムは……難しいかも知れないけど。もう少し何とかならんか。今後普及の拡大に従って交通事故は増えて行くと思うので、そうなる前に。

ちなみに居酒屋では

Uber Eatsやらないんですか?と聞いてみたところ、営業は来たけれど「人手が足りないから」と断ったそうです。相変わらずとんちんかんなことしてんなー。人手が掛からない販売手段だからこそUber Eatsは勢力を広げているんじゃないんですかね?店側は作って渡すだけなんだから、普通の営業と変わらねえだろむしろ配膳の手間がないぶん人で少なくて済むだろと思うんですけど、まあ多分新しいことを考える余裕がないって意味なんでしょうね。貧すれば鈍するってことかなあ。

続きを読む

DNSサービス「Dozens」サービス終了ということで設定を変更しました

dozens_logo.png 今月初め、無料から使えるDNSサービス「Dozens」がサービスの終了を発表しました。

全サービス終了のお知らせ | DNSを自由に簡単に。Dozens(ダズンズ)

いつもDozensをご利用下さり、誠にありがとうございます。 この度、誠に勝手ながら2019年10月31日(木)をもって、Dozensの全てのサービスを終了させて頂く事となりました。 約9年間当サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございました。 サービス開始当時は、サーバーのクラウド化が始まり自由に簡単に設定を行えるDNSサービスの必要性を感じスタートしたサービスでした。 しかしながら他社インフラサービスでもDNSサービスが徐々に充実していき、よりシームレスに各社クラウドサービスと連動するものとなりました。 DNSサービス単独の事業者である我々はこの環境の変化や現状を鑑みてDozensはその役割を終えたと判断させていただきました。 皆様にこのようなお知らせを行うことを大変心苦しく思いますが、何卒ご理解ご了承をいただければ幸いです。

確かに今やDNSサービスはそれほどニッチなものでは無くなり、AWSを触っているとその存在自体が希薄になってきているなと感じます。Route53とElasticIPでなんでも出来ますし。そう考えるとこういう結論に至ったのも仕方が無いのかな……と寂しく思うわけですが、そんなニュース(というか第一報はDozensからのメールでしたけど)を他人事のように眺めていて思い出した、面白いサービスだなと思ったんで1つドメインを登録していたんでした。かつてやっていたDJイベントのドメイン(switchover.info)で今は跡地になっているだけなので影響はないといえばないんですが、忘れないうちに変更しておこうと思ってムームードメインのDNSサービス(ムームーDNS)に変更しておきました。タイムラグがあっても構わないドメインなので、ムームーDNSを設定してすぐにDozensの登録を削除するという流れ。ムームーDNSはDozensに比べて機能性では劣りますが、該当ドメインはAレコードさえあればいいので、まあ良いかなと。 僕自身は「Dozens」を使いこなしていたとは言いがたかったですが、その機能性とニッチさで一定の役割を果たしてきたのかなと思います。9年間お疲れさまでした。ありがとうございました。

続きを読む

Instagramの貼り付けコードはもうちょっとなんとかならないんだろうか

instagram_new.png InstagramのPC版には貼り付けコードを書き出してくれる仕組みがあって、それをブログなどに貼り付けるとこうなります。

View this post on Instagram

犬おじさん #ネイマール の歯磨き中。

鈴井貴之さん(@suzuitakayuki)がシェアした投稿 – 2018年 6月月29日午前9時55分PDT

とても便利なんですけど、でもこの貼り付けコードすごい長いんですよ。 適度に改行を入れて整形するとこうなります。

続きを読む

「はてなアンテナ」後の世界でどうするか

hatena_de.gifantennade.gif みんな大好き「だった」はてなのサービスがまた1つ消えようとしています。今回消えるのは初期はてなで「人力検索」と並ぶ看板サービスだった「はてなアンテナ」です。 もちろん急に廃止が発表されたわけではなくて、去年9月の段階で「ラボ入り」が発表されていました。

今後、はてなグラフ、ポケットはてななど、複数のサービスの提供を終了する予定です – はてなの日記 – 機能変更、お知らせなど

いつもはてなをご利用いただきありがとうございます。 はてなでは主要サービスや新規サービスに開発リソースを集中するため、サービスの整理を進めております。その一環として、今年から来年にかけて複数のサービスの提供終了を予定しております。 現在終了を予定しているサービスや機能は以下の通りです。いずれのサービスにつきましても、提供終了日時や詳細が決まり次第、追って告知させていただきます。 (中略) ラボへの移行 ・はてなアンテナ ( http://a.hatena.ne.jp )

そしてそれが今年1月10日にラボ入りしたという発表。

はてなアンテナをはてラボのサービスとしました – Hatelabo Developer Blog

先日告知しましたとおり、本日、はてなアンテナ(http://a.hatena.ne.jp/)について、はてなの実験的サービスを展開するはてラボ(http://hatelabo.jp/)のサービスと位置づけるよう変更いたしました。 今後のはてなアンテナにまつわる告知につきましては、はてラボ開発者ブログをご覧ください。 はてラボのサービスへの変更後も、引き続きはてなアンテナの提供を続けてまいります。今後とも、はてなアンテナをどうぞよろしくお願いいたします。

はてなにおける「ラボ入り」とは形式的には人的リソースは割かないが存続させていくサービスという位置づけですが、現実的には東証で言うところの整理ポストであり、どのタイミングで廃止するかをこれから検討しますよというポジションです。早い話が、廃止です。

続きを読む

「Amazon EC2 Instance Retirement」という連絡がAWSから来た

aws_logo_smile_1200x630.pngのサムネイル画像 復職後にAWSに本格的に触るようになり、インスタンスやAMIやその他諸々の用語にも慣れ、不安はありつつも何とか運用できるようになってきた(前任者が辞めちゃって虎の穴状態という話もある)んですが、AWSさんに「お前んとこのインスタンスな、リタイアさせるから」って言われたらさすがにビビります。えっえっどうしたらいいの。 今回指定されたインスタンスは悪いことにNATサーバでして、悪くするとサービスダウンということになるので早急に対処が必要でした。マジか、どうしたらいいんだと思いながらググったら、まあうん。大したことは無かったです。例によってQiitaから引用します。

AWSのインスタンスリタイアお知らせが来た時の対処 – Qiita

ルートデバイス: ebs 「ebs」の場合は、インスタンスの停止、そしてその後起動、でOKです。

あ、それだけで良いの。それなら影響の少ない時間にごく短いメンテナンス時間でやれるじゃん。 で、実行。終了→開始だけで1分程度で終わりました。 実行後、別にインスタンスIDが変わっているわけではありませんでしたが、インスタンスの情報画面に表示されていたリタイア予告の警告が消え、EC2のイベントリストからも消えていました。どうやらこれでOKだったようです。よかった。 幸い、今動かしているEC2インスタンスはどれもルートデバイスがebsのものばかりのようなので、今後同じようなことが起きても面倒なことにはならなさそうですが、もし仮に「instant store」だったらイメージ作ってインスタンス作り直し?それはさすがに面倒くさいなあ……

AWSでもどうにもならないメンテナンスってあるんですね

ハードウェアの故障があるのは当然のこととして、メンテナンスフリーとはいかないようなことがAWSにもあるんですね。ちょっと意外でした。インスタンスの再起動で解決するようなことなら、再起動無しでシームレスに移行するようにも出来そうなのになあとか。どんなサービスがインスタンス上で動いているか解らないから難しいか。仕方の無いことなのかも知れないですね。

続きを読む

引用記事内に掲載しているWebサイトのサムネイルを「HeartRails Capture」から「blinky」に変更しました。

17_01.png 今まで記事内で使用しているWebサイトのサムネイルは「HeartRails Capture」というサイトを利用させていただいていました。 HeartRails Capture | サムネイル画像/PDF ファイル作成サービス このサイトでは、

http://capture.heartrails.com/150×150/shadow/shorten/bg=eeeeee?サムネイルを取得したいWebサイトのURL
という形式でサムネイルを手軽に表示出来るのですが、残念ながらHTTPS通信に対応していません。 てっきり対応しているのかと思って、
https://capture.heartrails.com/150×150/shadow/shorten/bg=eeeeee?サムネイルを取得したいWebサイトのURL
に変更して満足してたんですけど、ダメって怒られちゃいました。あれ。 というわけで探してみたところ、今は「blinky」っていうサイトが良いよってことらしいので、そちらに乗り換え。 Blinky こちらのサイトでも「HeartRails Capture」と同様に、
https://blinky.nemui.org/shot?サムネイルを取得したいWebサイトのURL
という形でサムネイルを取得出来ます。 https://blinky.nemui.org/shot?https://blinky.nemui.org https://blinky.nemui.org/shot/large?https://blinky.nemui.org/ URL生成から実際に画像が表示されるまでの時間もおよそ5分程度で、 20分以上掛かってしまう「HeartRails Capture」に比べるとかなり早いです。 オススメ!

続きを読む

遥か前に使ってたアフィリエイトサービスから突然メールが来た

アフィリエイト

このメールは、リンクシェア・ネットワークより配信されています。  ニュースレターの配信を停止したい場合は、下記URLから設定を変更してください。 
「リンクシェア」というアカウント作って一瞬だけ利用したアフィリエイトサービスから7年ぶりにメールが来たので、なんだなんだと思って開いてみたら「楽天リンクシェア」ってなってて「は?」ってなったんだけど、僕が知らなかっただけで楽天傘下に入ったのは遥か前の話だったのですね。

リンクシェア・ジャパン株式会社と株式会社トラフィックゲートが合併:アフィリエイトはリンクシェア

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯島 彰己、以下 三井物産)は、成果報酬型インターネット広告事業を展開するアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)で、三井物産の子会社であるリンクシェア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:津田 圭吾、以下 リンクシェア・ジャパン)と、楽天の完全子会社でアフィリエイトサービスプロバイダーである株式会社トラフィックゲート(本社:東京都港区、代表取締役社長:小宮山 晋太郎、以下 トラフィックゲート)とを、2010年5月1日付けで合併させることに合意し、本日合併契約書に調印しましたのでお知らせいたします。尚、合併後の存続会社はリンクシェア・ジャパンです。

しかも、こちらも以前利用していたことがあるアフィリエイトサービス「トラフィックゲート」(リンクシェアよりは使ったと思う)と、「リンクシェア」が合併してたのか。いやその前に「トラフィックゲート」は楽天の完全子会社だったっけ。今はもう「トラフィックゲート」はサイトが見つからない(リンクシェアのサービスの1つに名前が残ってるだけ)のでよくわからないけど、元々そうだったのかな。

続きを読む

はてなブックマークの情報が取得出来なくなっていた件

20181114_01.png 毎朝自動投稿している、「昨日のブックマークまとめ」が上手く動かなくなっていたので調べてみたら、そもそも自分のはてなブックマークをAPI経由で取得できなくなってました。理由は、Atom APIのサポートが終了したこと。

はてなブックマークAtom APIのサポートを終了します – はてなブックマーク開発ブログ

この度、Atom API のご利用数が少ないこと、Atom APIと同様の機能がREST APIで提供されていることから、2018年10月31日にAtom APIのサポートを終了することとなりました。ご利用の皆様には申し訳ございませんが、REST APIへの移行をお願いいたします。

データ取得部分はPearの「Services_Hatena」を使っていたんですけど、これ内部でAtom API利用してるんですよね。まあそもそもデータ取得用のコードがすごい古いし、「Services_Hatena」も既にメンテナンスされてないし、Atom APIを終わらせるというはてなの判断も妥当だと思うので、特に何にも不満はないです。そのままにしていた自分が悪いので。ていうか、時代は変わったんだなあとしみじみ。 ちなみに一番面倒なのは、認証かなあ。

はてなブックマークAtom APIのサポートを終了します – はてなブックマーク開発ブログ

AtomAPIはWSSE認証とOAuth認証をサポートしていましたが、REST APIはOAuth認証のみをサポートしています。WSSE認証をご利用のかたは、OAuth認証に切り替えていただくようお願いいたします。

WSSE認証が廃止になるので、OAuth認証に切り替えなければならないというね。きちんと実装してもいいんだけど、ブックマークの情報を取得するだけならフィードを取得すれば良いだけだから別に良いかな。 (ただしブログ記事をはてなブックマークに自動投稿する機能は動かないまま。これはそのまま廃止で構わないかな−) 改修についてはちょっと問題も起きたので、また別の記事で。

続きを読む