ブログの表示が遅い原因はAmazonアフィリエイトのバナーだった

広告だらけのウェブサイトのイラスト(スマートフォン・タブレット)

先日、出先でちょっと調べたいことがあってスマホでこのブログを見ようとしたんですけど、いつまで経っても全然開かない。そこのWi-Fiがおかしいのかなと思って4Gにしてみたり、スマホブラウザ(Chromeを使用)のせいかなと思ってキャッシュ削除したりしたけど変わらず、どうやらこのブログだけが遅い様子。仕様に追いつけなくていろいろと古くなってしまっているところも多いので、どこか負荷が増しているところがあるのかな、調整しないと……と思っていたんですけど、

続きを読む

Amazonのアフィリエイトが軌道に乗るのに4年くらい掛かった

Amazonのアフィリエイトをブログに貼り始めたのは2008年から。 2008年から2012年までの実績をグラフにまとめるとこんな感じになります。 amazon_affiriate_2008-2012.png (2008年を1とした場合の数値) グラフで見ればわかるけど最初から収入があったわけでは全然ありませんでした。何ヶ月かに1回ギフト券があれば良いなあというくらい。「今月は支払いがあったからちょっと余計に本が買えるなー」みたいな。そんな状態が2009年、2010年と続きました。たまに「読書感想文」としてアフリエイトを貼るだけだったので当然と言えば当然ですね。ページ内容に合わせて商品を表示してくれる「おまかせリンク」も利用していましたが、精度がイマイチだしそこから売れることはあんまりありませんでした。 それがなんとか毎月ギフト券がもらえるくらいのレベルになったのが2012年。 売上が増えたきっかけは何だろうと考えるときっかけは次の2つかなと。

  • 自分が紹介したいと思ったものを丁寧に主観的に紹介するように心がけた
  • レビューの露出機会を増やした

続きを読む

Amazonアソシエイトのアフリエイト用URLを短くする・有効か確認する

Amazonアソシエイトのアフリエイト用URLはまともに表示すると凄い長い。 例えばこの商品をTwitterで紹介しようとすると… こんな感じのURLがツイートに含まれてしまいます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4197500106?ie=UTF8&tag=nobodyplace-22&linkCode=shr&camp=1207&creative=8411&creativeASIN=4197500106&ref_=sr_1_3&s=books&qid=1323164951&sr=1-3
最近のTwitterはURLは20文字分しか文字数に含めないのでいいですが、それにしたって長すぎる。 というわけで短くします。

続きを読む

Amazonアフリエイト用テスト

目的

Amazonの商品ページを開いて、そこからなるべく少ないステップでブログエントリに貼り付けるアフリエイト用パーツを取得できるようにする。

やったこと

  1. ASINなどを与えるとその商品の情報を取得し整形して表示するプログラムを作成
  2. Amazonの商品ページでアフリエイト用パーツを取得するBookmarkletを作成

1. ASINなどを与えるとその商品の情報を取得し整形して表示するプログラム

大体次のような感じ。
  • PHPベース
  • フレームワークはSymfony
  • PEAR::Services_Amazonを使用
【メモ】 PEAR::Services_Amazonを使って商品情報を取得(署名認証対応) – nplll サービスURLはこんな感じ。
  • //amazon.nplll.com/asin/[Amazon ASIN] → 特定の商品の情報を表示する
あ、一応オープンになってますが、あくまで自分向けなので突然サービス終了することもありますし、 アフリエイトIDを追加することも出来ません。

2. Amazonの商品ページでアフリエイト用パーツを取得するBookmarklet

AmazonのページからASINを抜き出して整形するBookmarklet
javascript:function%20getID(id){return%20document.getElementById(id);};var%20u=location.href,d=/(http:\/\/www\.amazon\.(com|co\.jp))/;if(u.match(d)){t=getID("btAsinTitle").innerHTML;r2=RegExp.$2;if(r2=="co.jp")l="amazon.jp/dp/";else%20if(r2=="com")l="amzn.com/";else%20exit();l='';prompt("%E3%80%8C"+t+"%E3%80%8D",l);void(0);}
例えばこのページで実行すると↓ Amazon.co.jp: THE BEST OF スチャダラパー1990~2010: スチャダラパー: 音楽 こんなのが取れます。↓
実際の表示はこんな感じ↓

続きを読む

アドパートナーを始めてみました。

前回まで。 Google AdSenseのアカウントが停止されましたよ、と。 – nplll Google AdSenseを停止されたのでコンテンツマッチを探してみた – nplll というわけでGoogleさんからのお返事はやっぱりないので、試験的に他のアフィリエイトを利用することに。 まず、あらかじめアカウントを持ってた「CM-Click」を入れてみたのですけど…なにこれホントにコンテンツマッチかwwwっていうくらいマッチしなさ過ぎワロタwwwしょせんそんなもんですなぁ。Googleは気持ち悪いくらい優秀だったんで、余計にその差を感じます。今後サイトコンテンツのデータを蓄積する毎に改善されていくのかも知れませんけど、見たところ、10個くらいの広告がぐるぐる回ってるだけでなんかもうねって感じ。microAd本体の方だったらもう少しマシなのかも知れませんが、このままだったらとても使えないなぁ。

続きを読む

Google AdSenseを停止されたのでコンテンツマッチを探してみた

Google AdSenseからの連絡なし。 まぁ諦めムードも漂いつつ、良い機会なので国内に他にどんな広告があるのか調べてみました。 すぐに思いつくのは、10年くらい前に主流だった、企業と契約して載せるタイプの広告。有名どころは「バリューコマース」「A8.net」「Traffic Gate」あたり。昔は3つともアカウント持っててやってたんだけどねぇ……今さら、広告掲載とか管理画面でいちいち選択するの面倒くさすぎる。これで収入をとか思ってるわけじゃなくて、サーバー代くらい出たらいいなぁと思ってるだけなので、そんなに入れ込む情熱がない。出来ればメンテナンスフリーでやりたいし、スペースの穴埋め的に使うのは良いけどメインの広告として使うのにはちょっと。 そうなると「アフィリエイト」ではなくて「コンテンツマッチ」で探さないとダメだね、ってことで見つかったのがこの3つ。

「MicroAd」はアメブロで有名なサイバーエージェント、「CM-Click」はTraffic Gateのリンクシェアジャパン、「アドパートナー」はYahoo!Japanの運営。 主な仕様を比較してみるとこんな感じ。

続きを読む

Google AdSenseのアカウントが停止されましたよ、と。

広告が表示されないのでおっかしいなーと思ってログインしてみたらばこんな表示が。 えー。 メールチェック。 確かにこんなメールが届いてました。

サイト運営者様 記録を確認しましたところ、お客様の AdSense アカウントにおいて不正行為の危険性があることがわかりました。不正行為により AdWords 広告主の費用が増大するのを防ぐため、お客様の AdSense アカウントを無効にさせていただく必要があります。未払いの収益と Google に分配された収益はすべて影響を受けた広告主に払い戻されます。 これは Google の広告システム、特に広告主とサイト運営者の関係を公正に維持するための措置ですのでご了承ください。ご理解のほどよろしくお願いいたします。 今回の措置、異議申し立てを行う方法、不正行為全般についてご不明な点がある場合は、次の URL で詳細をご覧ください。 http://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=57153 よろしくお願いいたします。 Google AdSense チーム
さっぱり内容が解りません。 不正行為の「危険性」があった?どういうことなんでしょうか… ググってみるとこのメッセージはプログラムが自動的に検出して無効措置→メール送信しているもののようです。 ああ、だから具体性のないメッセージなのね。要するに不正なクリックを検出したんで止めたよという意味らしい。 不正クリック?身に覚えなさすぎ。。 こうしたことは良くあることみたいなのですが、初めてのことだったので少々戸惑いました。なんぞ。 とりあえず、FAQにある専用のお問い合わせフォーム(無効なアカウントについての申し立て)から異議申し立て。 返答には1週間程度掛かるらしい。うむー。 さてどうなりますかねぇ。

続きを読む

アフリエイトを最適化するのって難しいなー

このブログでもGoogle AdSenseとAmazonを使ったアフリエイトをしていて、特にGoogle AdSenseのデータについては結構頻繁に調べて分析していたりするのですけど、なんというか「最適化」するのって難しいなーと最近思います。 「最適化」っていうのは単に収益を増やすという意味ではなくて、それと見栄えなどのバランスを上手く取ることを指しています。アフリエイトをやっている以上、何らかの収入が欲しいわけですけど、別に商売でやっているわけではないので何でもかんでもやればいいってもんじゃない。例えばセオリーとして、

  • スクロールバーの側に縦長の広告を置く(→ スクロールバーを操作する際の誤クリックを誘導する)
  • タイトル画像の下に広告を配置する(→ 表示後の誤クリックを誘導する)
  • テキスト内に挿入する(→ 認識率を上げる)
なんて言う手法がありますけど、個人的にはどれも好きじゃないんです。「騙してクリックさせる」という方法がまず好きじゃないですし、そもそも自分が一番自分のブログを見てるはずなので、その自分にとってウザイ見栄えにしたくない。技術的に、デザインとして、道徳的に、良いか悪いかではなくて、個人的な趣向として好きではないということ。でも、収益は欲しい。その辺のジレンマというかバランスを取る作業を繰り返しては元に戻すと言うことを延々やってます。

続きを読む

AdSenseの表現について

どうも最近、あるエントリへの2chからのアクセスが多いんで何なんだ…?と思ってたら、アフリエイト関連の板にURLが貼られてたっぽいです。

835 :クリックで救われる名無しさんがいる:2009/05/06(水) 03:19:25 ID:6AygvTyKP ttp://www.nobodyplace.com/mutter/2005/08/31/165056.php この貼り方って良いのかな? マウスオーバーすると…
 

続きを読む

そういえば、AmazonアソシエイトからGoogleAdSenseに変えた件。

  そういえば書くのを忘れていましたが、エントリーの下に貼り付けている広告を、 Amazonアソシエイトから、GoogleAdSenseに変更しました。 なんかねー…Amazonのマッチングがもの凄く不安定なのが気にくわなくて。 以前きちんと表示されてたエントリでも、なぜか軒並み電池になってたりとか。 それどんだけ押しなんだとか。 そういうわけで、色々と面倒そうで避けてたけどまぁいいかてな具合で、 GoogleAdSenseに乗り換えてみました。さようなら、Amazonアフリエイト。 うちにはいくつも広告を貼る余裕はないのですよ…

続きを読む