意味がよくわからない体重の極端な増減

体重計のイラスト


夏になると気温が上がって発汗量が増えるので、確かに体重は増減しやすくなります。単に水の出入りがあるだけなので実際に太ったり痩せたりしているのか?というとそうでもないわけですけど、それにしてもここ2週間ぐらいの体重の増減が大きすぎて気持ちが悪い。

体重の増減はこんな感じ。


20190620_weight.png

5月末に飲み会があって少し増えていたのが、少しずつ減って70kgを切るぐらいまで減った……と思ったら、特に何か飲み会があったわけでもないのに1週間ほど走れない間に急に増えて74kgまで。そのあとランニングを再開(ただし少し怪我気味なので緩めに)して、また71kgを切るまで減る。つまり2週間で3kg増えて減る、4kg増えて減るというのが1回ずつあったわけです。ええ。体重ってそんなに増えたり減ったりして大丈夫なの。

もしかすると日常の水分摂取が少なすぎて体重が本来よりも減り気味で、ビール飲んだり少し水分を取ったりすると急に増えるみたいなことかなあ、と思って意識的に水分を多めに取るようにしてみたけれど、結果はあんまり変わらず。筋肉とか脂肪とかはとは全然関係ない、水分、便秘とかで変わるんでしょうね。なるべく多く水分を摂取するように努めつつ、運動も含めて生活リズムを崩しすぎないように気をつけるしかないかなあ。


まあ、体重の増減が大きいからって目に見えて何か弊害が起きてるわけじゃ無いので、気にしなければ良いだけなんですけどね。変なの。