ぐったり

先週の水曜日の仕事後から少し頭に違和感があり、まあ疲れたのかなと思って寝て起きた木曜朝、姿勢を変えると頭にずきんと痛みが。寝違えたのか、でも首は回るしなあと思いながら一日過ごして翌日、さらに状態は悪くなっていて、うつむくなど特定の姿勢(詳しくはわからない)をとると右後頭部が脈打つように痛い。何とかその日と次の日の昼の仕事は終えたけれど、痛みは治まらず(ただし大人しく座っているとか横になっている状態だと痛まない)、同居人の紹介で脳神経外科の予約を取りました。土曜は午前診のみ、日曜休診を挟んで月曜の朝から。そんな病院に行くのは初めてなのでかなり緊張。


で、簡単な診察の後MRI、そしてその結果を見ながらまた診察。何かやばい病気の可能性もあるなと思いつつ、元来気が小さい人間なので「いやでも多分ただの偏頭痛でしょう」と思っていたところへ、動脈解離ですね、の診断。実際に動脈の3D図を見せられ、解離の原理の解説と膨らんでいる箇所を診ながらの病状の説明。確率は低いけど膨らんだところが弾けるとくも膜下出血に、縮むと脳梗塞になるらしいです。え、まじ。それリアルにヤバい奴じゃないですか。俺死ぬの?と思ったけど、先生曰く、「もしそうなるなら48時間以内になることがほとんどなので、今はそれを切り抜けた状態だしそうなることはないでしょう」なにそれそのなんだ「耐えた」感。我慢して働いてたときとか、家で横になってたときとか、あのとき一番ヤバい時間帯だったってこと?

こ、こええ……

「なるほど、そうなんだ……」と思ってはいたんでしょうけど、そこまで聞いたところで急激に血圧下がって、冷や汗止まらなくなって診断の途中で5分ほど休みました。びっくりしたんでしょうね。ほんと気が小さいなあ。でも、それまで何にも思わず健康だと思っていたのが、突然そんなことになったらびっくりしますよ。
(あと、自分で書いてて怖いので記事中に画像は出てきません)


その他いくつか気になる点は見つかったけれど、とりあえず問題はその動脈解離で、悪化することもあるけれど基本的には自然に治る病気だそうです。2週間後にもう一度MRIを撮って、変化が無いかを確認した後、問題がなければ3ヶ月後に診断して完治を判断という流れ。あ、そんな感じですか。3ヶ月って長いけど、しばらく通院しないといけないのかと思ってました。これは不幸中の幸いってやつなんでしょうね。

「出来れば、1週間は仕事お休みして安静にしていてください」という先生の勧めに従って、とりあえず向こう1週間の仕事はキャンセルしたけれど、ただなあ、血圧が上がるようなことは避けてとも言われていて。元々高血圧ではない(むしろ低い)から影響は小さいけれど、でも忙しく働く・重いものを持つ・イライラするといったことは避けないといけないし、だとするとクソ忙しい居酒屋の厨房なんて出来ないわけで。どうしたもんかな。


まあ、焦っても仕方ないんで少しずつ考えます。



ちなみに:脳動脈解離(解離性脳動脈瘤)

昭和大学のこのページがとてもわかりやすいです……が。

解離性脳動脈瘤 | 昭和大学病院

読んでてあまりに怖すぎて、笑いながら読んでました。こええ……
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories