という事案がありましたとさ。


たまたま旅行に行ってたりして時間が取れなくて予定を割けなかったんだけど、いい加減気を遣ってスケジュール調整するのもだるいなーそんな仲じゃないだろそもそもーと思って「良いから要件言ってみろ」って言ったら、「ぶっちゃけ俺がやってるサイドビジネスの話なんやけど、話聞くだけ聞いてくれへん?おもしろいから!」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

95%以上の確率でマルチです。本当にありがとうございました。


こう言うのって「なかなか自分が思う通りには上手くいってない」というような人を本当に上手く拾ってくるなあというね。くだんの彼は脱サラしたんだけど今は転職してるって話があって、有名な店で働いてはいるものの競争も厳しくてしんどいんじゃないのかなと想像してるんだけど、いやしかし。んで、心配になって近隣にいる同級生に声かけてみたんだけど誰も声かけられてなくて、ああ、こういうのってお金を要求する割にお金の無さそうな人から順番に声かけるよねというあれで何だかなーな気分。まぁ合ってるけどさ!


心の中ではどこか信用してて、「結婚するから二次会の司会を…」とか、「こんど店のサイトがリニューアルすることになって…」とか、「ずっと昔から好きだった…」とか、いろいろ考えていたんだけど、まぁ一番最悪かつ現実的な結論にいたりそうです。

この手の話って前にも一度あって、友達3人で久々に再会して地元で飲んだ後、そのうちの1人がもう1人に「その手の話」を持ちかけたってことが。結局その持ちかけた方の友達は「もっとビッグになるんだ」って言いながら周りの友達みんなに声かけて友達をみんななくし、もう一度友達の輪に戻ってくるのには10年くらいの時間が必要でしたとさ。痛ましい。ぐぬぬ。あんなのは二度と見たくない。


友達2人と相談してみて2人とも詳細を知らなかったんで、これは結局話を聞きに行かざるを得んなあという感じ。出来れば3人で行けたら良いんだけど、2人を巻き込んじゃうのもなぁ。スケジュール合わせるのも難しいし。「疑い」程度で縁切れるほど浅い関係でもないし、1回話しに行くかー。だるいなぁ。

面倒くせえなあ。