素人のブログでは良くあることだけどさ…

この件ね。

痛いニュース(ノ∀`):【元次官襲撃事件】 毎日新聞、「Wikipediaで犯行予告」と誤報→各テレビ局も釣られて報道
1 名前: カマス(コネチカット州) 投稿日:2008/11/19(水) 03:40:56.66 ID:1ToBF6l+ ?PLT
元厚生事務次官、吉原健二さんの妻靖子さんが刺された事件の約6時間前に、インターネット上のサイト「フリー百科事典・ウィキペディア」に犯行を示唆する書き込みがあったことが分かった。

ウィキペディアは百科事典のネット版で、誰でも新しく項目を追加したり、すでにある記事を自由に編集できるサイト。

書き込みがあったのは18日正午すぎ。「社会保険庁長官」という項目で、「歴代の社会保険庁長官」というタイトルのすぐ下に「×は暗殺された人物を表す。」という
ただし書きがあり、一覧表の中の吉原さんの名前の前に「×」がつけられていた。

利用者の書き込み履歴によると、「Popons」と名乗る人物が、18日午後0時27分、
「下村健」(故人)の前に「×」を記入。同29分には、この「×」を削除し、「吉原健二」
の前に「×」を記入。タイトルの下の「×は暗殺された人物を表す。」は同32分に書き込まれた。

同日午後11時の時点で、書き込みはすべて削除されている。アクセスの記録などから
書き込みがなされたパソコンが特定できるとみられ、捜査本部は慎重に調べている。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html(削除済み)
Web魚拓:
http://s02.megalodon.jp/2008-1119-0246-50/mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html
1. 毎日がwikipedia「社会保険庁長官」でのPopons氏の書き込みを、UTC時刻表示に気づかずに
  「犯行予告」と誤報。

2. 2chでの「誤報祭り」に気付いた社員がネット上の記事を削除。しかし魚拓を取られる。
  http://s03.megalodon.jp/2008-1119-0323-31/mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html

3. 更にトラップにかかった毎日社員が毎日IPを晒す。
  記者がスレをリアルタイムで閲覧してるのがばれるwww (ニュー速スレのオマンチン)

4. 駄目押しに誤報記事が載った朝刊の修正は間に合わずに配達&販売!

5. それを信じた他局がニュースとして放送してしまい、巻き添えの赤っ恥をかく。

6. 各放送局にニュース記事誤報の裏通達が始まる。 
  番組の各キャスターがアドリブで必死にスルー完了。

7. 無罪のPopons氏が新聞で大々的に晒される。大阪14版は特にデカイ記事で名誉毀損モノ。

8. テレ朝早く気付け! 他局が自粛する中、またも誤報記事を大放送。

9. Popons氏がwiki上で全く悪くないのに謝罪した!!   ←いまココ

誰かがソースを勘違いして書いちゃって、それを誰かが引用して誤報が広まるって、
まーブログの世界にはしばしばあることで、
その辺が素人だとか、適当に書いてればいいから気が楽とか、
所詮二次情報とか言われるわけだけど、それを大新聞社(笑)がやるとかどういうことなの。



これで金取って新聞売ってるんだぜ。恥ずかしいと思わないのかね?

さらに元記事に修正入れるでもなく削除でばっくれ。またかよ…
間違った記事は簡単に削除するな、って基本中の基本じゃねーか。
全部が全部そうではないけど、ことこの件に関してだけ言うんなら、素人以下だね。
(普通、、【差し替え】って入れるもんだけどなぁ…)


んで、毎日のアホな誤報をテレビ局が勢い余って放送。



テレビのニュースが、記事紹介という形で放送しちゃったのはまぁ責められないとは思うんだよ。
ソースくらい見ろってのはあるだろうけど、でも、
そんなのいちいち全部裏取って放送できるわけはないしね。
裏取れてるニュースなら記事紹介とかじゃなくて自分で枠作るだろうし。

…いやでも、誰か教えてやれよwww
最低限、毎日新聞(笑)は報道各局に連絡くらい入れてやれよ。
うちの馬鹿記者がやっちまったんでこれは誤報ですとかなんとか。
削除する前にやることあるだろ。

取材、後始末、双方で本当にやるべきことをやれないというか、劣化してるというか、
本当にあきれるわ。



Wikipediaの記載の件について言えば。

ハンドルネームとはいえ名指しされたPoponsさんは本当に可哀想だと思うんだけど、
暗殺されたかどうかを記述する必要があるかって言われるとねぇ…
それもまたいらねーんじゃねぇのっていう気はしないでもない。

Poponsさんが編集された最新の版を見るに、
暗殺されたって印が入ってるのは事件の被害者1人だけで、
社会保険庁長官に関するデータとして必要かどうか?と言われるとまぁ要らないよな。
仮に暗殺だったとしても、この辺に追加しておけばそれで事足りるような。

暗殺された人物の一覧 - Wikipedia

その点で言えば、まぁ余計なことだったかなと言う気はする。編集者としては微妙。
ただ毎日新聞(笑)が載せさえしなければ、ノートで議論でもして終わりだったはずなんで。
削除の編集に同意することはあっても、謝罪の必要はないなーという感じ。



あと、他の新聞社は何か書いてるのかなーと思って見てみたけど、別に書いてないね。
自分のとこもいつ誤報出すかわからないから他社の誤報は厳しく責めないってことなんだろかね。

そろそろ、「絶対信頼」も崩れてきていることだし、
メディアがそれぞれを監視して、信頼度を競い合う時代に入ってきてると思うんだけどね。
その辺いつまでもぬるま湯だよなー



追記:2008/11/19 12:50

お詫びキタ。

おわび:「ネットに犯行示唆?」の記事について - 毎日jp(毎日新聞)
元厚生事務次官の吉原健二さんの妻靖子さんが宅配便を装った男に胸などを刺されて重傷を負った事件について19日未明、「ネットに犯行示唆?」などの見出しで、ネット版の百科事典「ウィキペディア」に犯行を予告するような書き込みがあったと報じましたが、書き込みの時刻は事件前ではなく、事件の報道後でした。おわびして訂正します。

毎日新聞 2008年11月19日 11時35分(最終更新 11月19日 11時36分)

ほいほい。毎日新聞(笑)にしては、及第点。
名指しした人にも謝っておけよ。

まぁ発覚から何時間後だよっつー話だけどなー。
あの記事はホイホイ上げたのに、この文章書くのにどれだけ掛かってんだよw
削除した記事と同じURLで差し替えってのが最低限だろうな。
(本当は削除した記事は残したまま、それにお詫びをくっつけておいておくのが正解)