僕には、中国人の友人はいないわけで(中国系の友人ならいるけれども)
中国にも行ったことが無く、
中華コミュニティとの繋がりもないし、
具体的に、『中国人は?だ』という感想を持ったことはない。
要するに僕の中に有る中国人というのは、
テレビを通してみた中国人および中国政府の態度とほぼ同じであり、
それは要するに日本政府を見て、日本人はみな腰抜けだと思われるのと同じで
あんまり正しくはないだろうと思う。

聞きかじるいろんな話を総合した上で、
中国人ってのは本当に気にくわない奴らだ、というのはまぁあるわけだが、
要するに何の根拠もない。
誰かが悪口を言っていたとしても、自らの経験に基づかないと
それほど説得力のある理由にはならないわけである。

そういうわけで、あんまり中国人を悪く言いたくはないし、
ジャッキー・チェンなどを見ても、みんながみんな傲慢だとは思わないけれども
しかしやっぱり、総体的に見て、自信過剰で自己中心と言えるような気はする。


中国が嫌われる七つの理由


そんなことを思っていたら、上のようなページを発見した。
まぁなんだろうな、反中な人々が見たら、諸手をあげて喜ぶような、
台湾人学者による、超ディスコラムなわけだが。
それなりに説得力がある。

ちなみに七つの理由というのは、

1.自己中心 - 自分以外は人間ではない
2.ご都合主義
3.独善 - 悪いのはすべて他人だ
4.責任転嫁
5.人間不信 - 二人で井戸をのぞくな
6.土匪国家
7.危険な「友好」

の七つ。

まぁ、中国の政策的には、全て当たっていそうである。
はじめにも書いたとおり、『中国』という国について考えるのであれば、
要するに、利害関係を挟む関係であるので有れば、
このような特徴は現れてくるかもしれない。
友人として、隣人としている分には、
それぞれの人格に依るだろうとは思うけれども。


理由を説明せずに急遽帰国し、
自国で日本批判を展開した、中国政府を見ていて思った。
抗議するなら日本でした方が遙かに効果的だったはずで、
帰国後に表明したのは、要するに自国メディアへのプライドの誇示でしかない。
良い悪いは別にして、小泉の靖国参拝に対する姿勢が変わらないのは
今に始まったことではないわけで、
帰るくらいならこなけりゃ良かったわけである。

まったく、自己中心的な国だこと。