【今日の夢】今日の夢(2019/02/19)

Venezuela Crisis (Ronaldo Schemidt) 多国籍な人たちが参加する祭で盛り上がる街に突然テロリスト(なのかもしくは暴徒か)が。100人ほどいた店のガラスは割られ、店の中に次々に爆発物が投げ込まれる……のだが、ただ派手な音がするだけで害がほとんどないもの、小さな画鋲が飛ぶ程度のものなど、見映えはするが実害の出ない攻撃が続く。店内にあったボードで入口と窓を塞いで爆発物がはいるのを防いで怯えていると急に外が静かに。覗いて見るとどうやら独裁者の軍が制圧に来たらしく、先ほどまで忙しく何やら準備していたテロリスト?暴徒?は射殺されたと思われる数名を除いて見えなくなっていた。街の中央の鉄道には独裁者が乗車していると思われる車両が停車していて、直属の軍が店内に救出に来て避難を促し誘導するとともに、若い男性を中心に義勇軍を募っている。どうやら、軍主導の義勇軍を結成してテロリストと対峙させる意図らしい。敵対しているとは言え、住民同士で戦わせる気なのだろうか。友人たちは避難していった(義勇軍に加わるものもいた)けれど、跳ね返りぎみな友人の姿が見えないので僕は彼を探すと言い残して1人残る。残った理由はその友人のことだけでなく、テロリスト登場→軍登場→テロリスト退場があまりにスムーズすぎて納得出来なかったからで、まだ何か起きるのでは無いかと考えていた。その後、日が暮れ掛けたとき何者かが動き出し、軍に対して攻撃を開始する。住民が去った店内にも誰かが侵入して攻撃を始める。鉄道は爆破されて、独裁者の乗った(と思われる)車両が線路上に取り残される。ここからが本当の戦闘なのか…… ……目が覚めた。 ……なんでこんな本格的な夢を見るんだ。いかにも映画っぽいけど見たことない映画だったし、前の版映画見て寝たっていうわけでもないし。寝起きは悪くなかったけど、朝からなんだかむむむってなった。なんだったんだろう。

続きを読む

映画「焼肉ドラゴン」

最近、すっかりTEAM NACSに嵌まり倒してしまっている同居人に誘われて大泉洋さん出演の映画「焼肉ドラゴン」を見てきました。舞台は1960年から70年代くらいまでの大阪、伊丹空港の側にあった在日韓国人(または在日朝鮮人)たちの居住地。書類上の事実としては、本来国有地で会った土地を伊丹空港の滑走路建設のためにやってきた在日韓国人を始めとした労働者が不法占拠して出来た街であるけれど、でもそこには戦争の影があり、当然のように差別があり、それらに対立しながらでもなんとなく緩く受け入れ合う空気があり。 この映画の不思議なところは。環境として明らかに差別のある世界であるにもかかわらず、映画の中で直接差別が描かれるのがとても限定的だということ。在日韓国人たちに対する差別は明らかにあるのだけど、この居住地の中では、在日韓国人も、2世も、韓国からの移民も、日本人も、お互いを違うと認識しながら違うと受け入れつつ一緒に生活していて、その中では違いはあっても差別はない。それがねえ、なんかとても良くて。結局は差別というのは一方通行なんだよなあ。 色んなことが起きる慌ただしい映画だけど、お父さんお母さんのキャラクターが全体を締めていて、脱線して暴走しそうな流れも最後には落ち着く。なんかなあ、その感じがすごいいんだよね。必ずしもハッピーではないかも知れないし、これはフィクションではあるけど、でもこうしたことがあったというのは事実ではあるわけで。その生活がとても丹念に描かれてて、本当に良い映画でした。そうなんだよ、不安定に見える中にも平和や幸せというのはあるんだよ。たとえ外からは見えなくても。

ちなみに。

一番好きなシーンは、大泉さんと「タワシ」が、長女を巡って飲み比べをするところ。聞くところによるとここは本当はもっと早く終わるはずが、監督の意向でずっと回し続けた結果、あんなことになったとのこと。2人の様子から、お代わりが出てくるタイミングまで完璧な長回しでした。面白かった。 一番好きなキャラクターも「タワシ」さんでした。とにかく不幸な役回りでしたが、ほんと良い味出してて良かったです。

続きを読む

「ニッポンの嘘」を見てきた

なんというか、コメントのしようがないな、と言うのが直後の率直な感想でした。1人の情熱溢れる報道写真家の一生を振り返りながら現在の日本に繋がる様々な問題点に焦点を当て、90歳を過ぎてなお活動を続けるその報道写真家の今も伝える、そんな映像作品でした。彼の伝えることは事実であろうし、彼の心情や信念や考えにも真実は含まれていると思うけど、どこかで「それがあなたの生きた日本」と感じている自分を否定できなくて。 単純に彼の生きた時代の殆どを僕が体験していないと言うこともあるけれど、それ以上に、彼の表現していることがどうしようもなく「主観」だからそんな感じを受けたのかもしれません。「表面的な5W1Hをさらうようなマスメディアの伝え方ではなく、実際に自分が中に入ってその中に何があるのかを伝えたい」それが彼の信条であって、そのおかげで多くの実りある事実が広く知られることとなりましたが、それは同時に「現場の人間が何を感じどう考えているか」であって、歴史事象としての「事実」では必ずしもなかったとも思うのですよね。例えば昭和天皇の戦争責任について彼が語っていることを、彼の表現を通して見たときと「昭和天皇の戦争責任論」を通して見たときでは見え方が違うこととか。 それは単純な政治イデオロギーの差異ではなく、自分の見る範囲をどこまでにするかという問題だと思います。目の前に苦しみにあえいでいる人間がいる、その根源になった人間がいる、根源になった人間が苦しんでいる人間を認めない。それに対して抗議している。その中に入ってその抗議を切り取り残す。その抗議が妥当であるかどうかは、事実が存在していることに対して特に大きな問題にならない。妥当であろうとなかろうと「苦しんでいる人間がいる」「苦しんでいる人間が抗議している」「苦しんでいる人間を救うべきだ」という事実は変わらないから。ただこれが、歴史事象としての「事実」にならない理由は、これと同種の事実が当事者の数だけ存在するからです。 「歴史書」自体は往々にして1つの歴史だけで書かれてしまうし、現代日本の「歴史」は少ない事実を選択して記録しているわけで、そのことが「ニッポンの『嘘』」という事になるのだろうと思うけれど、果たして彼らの問いかける真実を歴史に組み込めば『嘘』がなくなるのかというとそれは違うと思います。ある部分補完はされますが『嘘』はなくならない。このことは歴史とは常に『嘘』を抱えるものだということを示しているんだと思うのです。そしてそれを知った上で、それでもそれに隠された人間に寄り添って行く、それが報道写真家である…そういうことなのかも知れない。個々のイデオロギーや虚実よりも、その状況に向けられる視線が彼の視線なのかも知れないなと。 それでもやはり僕は思うのです。彼らにあなたに真実がある通り、僕にもやっぱり真実があるわけです。僕に彼らの真実が見えないのと同様に、彼らにも僕の真実は見えない。そうしたことが積み重なって歴史になっているわけだし、僕がこの映画で学ぶべき事は知らなかった事実に影響を受け考え方を転換する…と言う類のことではなく「僕は僕の日本を生きる」ということではないか。 そんなことを強く感じました。

続きを読む

スター・ウォーズ「エピソード7」が制作されることに!

CNN.co.jp : ディズニーがルーカスフィルム買収、スター・ウォーズ新作に着手

ニューヨーク(CNNMoney) 米娯楽大手ウォルト・ディズニーは30日、「スター・ウォーズ」などを手掛けた映画制作会社ルーカスフィルムを40億ドル(約3200億円)相当の現金と株式で買収すると発表した。 買収は、現金20億ドルとディズニー株約4000万株によって行う。これにより、ルーカスフィルム経営者のジョージ・ルーカス監督はディズニーの大株主となる。 ルーカスフィルムの特殊効果事業インダストリアル・ライト・アンド・マジックと、音響スタジオのスカイウォーカー・サウンドもディズニーの傘下に入る。 ルーカス監督は、「スター・ウォーズを新世代の映画制作者に託すべき時が来た」「私は常に、スター・ウォーズは私を越えて生き続けると信じており、自分が生きているうちに引き継ぐことが大切だと考えた」との談話を発表した。 ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は電話会見で、スター・ウォーズの新たなシリーズ3部作の第1作目となる「エピソード7」の制作に着手していることも明らかにした。ルーカス氏はこの作品でクリエーティブ・コンサルタントを務めるという。

というわけでね、なんというか完全に諦めていた「エピソード7」が、ルーカスフィルムをディズニーが買収するという経緯を経て実現することになりました。なんという…今のところ不安の方が大きいですが、名前だけでもルーカスが残ったことできっとクオリティを維持してくれると信じてます。

続きを読む

BECKが実写映画化だそうで。

ハロルド作石「BECK」の実写映画化が決定した。 「BECK」は1999年から2008年まで月刊少年マガジン(講談社)にて連載された、音楽を志す若者たちの青春を描いた物語。2002年には第26回講談社漫画賞少年部門受賞、2004年10月にはTVアニメが放送された人気作品だ。
 
不安だ…ああ不安だ。 BECKは一度アニメ化もされてて、途中で打ち切られた(終わり方が中途半端だったので…もしかしたらクールの関係で既定路線だったのかもしれないけど)りしてるんだけども、今回は完結してさらに長くなっているわけで、どこまで描いてどう収集付けるつもりなんだろうっていう。 記事によると、
映画の主人公はギタリストの竜介。竜介のもとにメンバーが集い、成長していく物語になる
ということなので、ごく初期の部分…例えばグレイトフルサウンド出演くらいまでを描くのかなぁと思うけど、それにしたって結構ある。ああ不安だ。

続きを読む