「天然」を有り難がるのはなんでなんだぜ?

ブリ大根 #dinner 世の中を見渡すと「天然」という言葉が非常にたくさん使用されていることに気付きます。「天然素材配合」「天然だから安全」「天然ものだから美味しい」などなど。気持ちとして天然物に良い印象を抱く気持ちがわからないわけではないのですが、そのことと、安全だとか美味しいだとかということとは特に関係が無いよね、と思います。

続きを読む

二酸化炭素排出割合と国民1人あたりの二酸化炭素排出量

chart03_02.jpg ねたたまに二酸化炭素排出割合(2006年)のグラフがあって見てみたら、アメリカ・中国がダントツのツートップでなんじゃこりゃと。いやこの2国が多くて、アメリカが京都議定書を批准してない問題とかそういうのは知ってたんですけど、まさかここまでダントツとは思わなくて。まぁ国民1人あたりでは中国は全然少ないですけど。 で、最新情報を探したらばこれと同じデータが全国地球温暖化防止活動推進センターにあることが解ったのでそこから2008年版のデータを引っ張ってきたのが上の画像(データのソースは『PCC第4次評価報告書2007』)。まぁ見て解るとおり、2006年版に比べて中国がアメリカを逆転してます。国民1人あたりでもアメリカが19.3t/人→18.6t/人へと減っているのに対し、中国は4.3t/人→4.9t/人と増加。 んでもちろん、この2国には温室ガスを削減する義務はないので(アメリカは京都議定書を批准していない、中国は先進国ではないので削減対象ではない)、排出量は今後も増えていくと思われるんですけど、なんかこう空しい感じを覚えますね。だからといって削減しなくて良いとかそういうことじゃないんですけど。 いずれアメリカにも何らかの枠組みに参加してもらわないといけないし、中国もいつまでも野放しというわけにはいかなくてどこかでプログラムに入ってもらわないといけないし(緩い制限であったとしても)、日本は日本でせめてドイツくらいにならないといけないのかもしんないし、でもそんなん言うのは簡単だけどやるのは大変だし、結局傍観者としてしかいれませんねーという感じがなんだか。 そんなぼんやりした何か。 すぐ使える図表集 – JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

続きを読む

【メモ】 なぜごみを分別するのか?なぜごみを減らすのか?

「面倒くさいからしたくない」「神経質に分別するのはおかしい」というネガティブな感情がないわけではないですけど、それはひとまず横に置いておいて、素朴な考えとして、なんでごみを分別する必要があるのかな?という疑問があります。以前も書いたことがあるんですけど、ごみを分別することを推進したり、分別しないことを批判したりする人の主張には「分別することが良いことだから分別する」という底の浅い根拠があることが多くて、何か納得できないんですよね。トートロジーじゃんそれ。 ごみ分別に積極的な行政でもそこんとこを省略していることが多くて、ごみを減らしましょう、再利用しましょうとは書いてあっても、なぜそういう取り組みをしているのか?と言う部分はどの議事録にも書かれていません。きっとそんなの当たり前じゃんと言うことなんでしょうけど、なんとなくの行動で仕方なくやっているというのであればともかく、積極的、主体的に行っているのであればきちんと説明して欲しいです。エネルギー的、税金的負担を住民に強いているわけなので。 というわけで、色々検索して調べて考えてみました。 なお「分別に積極的な自治体」のモデルとしては、自分にとって身近にある中で最も積極的という意味で、滋賀県の草津市を採用したいと思います。以下、「分別に積極的な自治体」というのは基本的に滋賀県草津市のことを指します。

参考リンク

草津市 ホーム ごみ | 草津市

続きを読む

浜松市の取り組みを見守りたい。

これな。

1 名前: 駒込ピペット(西日本):2010/01/22(金) 09:34:22.35 ID:9eohfNFE ?PLT レジ袋をごみ袋としての使用禁止 反響大きく浜松市が広報紙に特集 浜松市は4月からレジ袋をごみ袋として使用することを禁じるのを前に、20日付「広報はままつ」で4ページにわたり特集を組んだ。昨年9月に同紙で使用禁止を掲載したところ、市民から2カ月で500件の問い合わせがあり、理解を促すため、ページを割いた。 4月から集積所に出せるごみ袋については▽45リットル以内のポリエチレン製で透明・半透明に指定▽レジ袋は使用禁止▽生ごみなどを一度レジ袋でしばってから、ごみ袋に入れる”内袋”としての使用も禁止-となる。
 

続きを読む

有限資源。

石油高騰が全く沈静化しないけど、 資源ってさ…長い目で見ればそのうちなくなるわけなんだよね。 それってつまり、人類的に見るとこういうことなんじゃないかと。 __________     <○√      ?       くく 懐かしいAAな気もするけどw

続きを読む

さて、今年の花粉症は…

全国2000万人の花粉症の皆さんこんにちは。 今日も良いティッシュ選んでますか。鼻ひりひりしてませんか。 毎年のことながら、非常に憂鬱です。 花粉症じゃない人に悲惨さを伝えられないこともかなり憂鬱です。 花粉症じゃない、残り1億人の人たちが羨ましい。 というわけで、気を紛らわせるために統計データでも調べてみます。

続きを読む

水曜どうでしょう 自然公園法違反@鳥取砂丘の件

昨日か一昨日、某サイトを更新したときに、 『「水曜どうでしょう」に関するお詫び』っていうリンクが増えてるのに気付いて。 それによると、

当社制作番組「水曜どうでしょう 原付西日本制覇 第1夜」(#156/HTB2000年5月24日放送)およびリメイクした「どうでしょうリターンズ」(#135/HTB2002年10月9日放送)、「水曜どうでしょうClassic」(#123/HTB2007年5月16日放送)の中で、国立公園・鳥取砂丘の特別地域において自然公園法で禁じられている砂の採取をしたことがわかりました。 関係者および視聴者の皆様に対して謹んでお詫び申し上げます。 今後は二度とこのようなことがないよう、指導・教育を徹底して参ります。 2007年8月7日 北海道テレビ放送株式会社 (HTB)
 
だそうです(笑) いや、違法なわけで、笑うとこじゃないし、 制作者、それを笑って見過ごしてた僕らの鈍さも反省すべき所なんだけど、 なんかさーでっかくなったねーと思って。 Yahooのトピックで取り上げられちゃうくらいだもんなー。 (Yahooトピックの題名はどうにかならんかと思ったけど。→ “「水曜どうで」7年前の違法発覚”)

続きを読む

レジ袋が廃止になったら困るなぁ…

このエントリを読んで。[*]

「地球温暖化対策につながる、ごみの減量化を図ろう」と、袖ケ浦市はレジ袋を使わない買い物を普及させる「マイバッグ利用推進運動」を16日からスタートした。しかし、1週間たった22日現在、運動に協力する店はなく、減量化の柱として取り入れた割引制度も有名無実化している。
 
殆ど何も知らないので、論点を絞って書くと。 まず、レジ袋の削減=石油の節約になるのか?という点。 地球温暖化→二酸化炭素悪玉説と同じように、仮説じゃないのか?ということ。 それから、レジ袋の削減がゴミの削減に大きな影響があるだろうか?という点。 最後に、僕自身がレジ袋を必要とする理由。

続きを読む

伊豆のアクセス。

Ogawa::Memorandaさんのエントリを読んで。

唐突に思い立って、有給休暇をとり、西伊豆の土肥温泉に行ってきた。
すっげー羨ましくなったんだけど、 文中、というかエントリの最後に伊豆のアクセスについて書いてあった。
ところで東京から西伊豆に行く場合、東名沼津ICから国道1号線経由136号線で南下するだけなので道に迷う心配はまったくないのだが、その国道1号線部分は立体化が不十分でやたら混雑してしまう。理想的には沼津から修善寺道路に繋がる有料道路ができればよいのだが、それが無理でも周辺の生活道路と分離してほしい。アクセス自体は悪くないのになあ。
この件について、僕はきっと、 東京の人とも、地元の人とも意見が違うだろうなぁ、と実感した。 静岡県出身とはいえ、静岡県はやたらと幅広いので、 元静岡市民は、伊豆や浜松の地元民とは、全く言えないんだが、 それでも、小さな頃から毎年、2-3回通っていて、 伊豆の海、というのは本当に思い入れのある場所だ。 そういう僕のような人間にとって見ると、 必ずしも『アクセスがいいこと』というのはいいことではなくて。 なぜなら、アクセスが良くなった地域から、順々に、 関東の人間につぶされていくからだ。 戸田より北の西伊豆は、はっきり言ってもうダメだ。 あー、10年前の時点でもう死んでた。 土肥だって怪しい。 伊豆中央道のおかげで、下田近郊もやばい。 伊豆スカイラインのせいか?(コレはあんまり関係なさそうだが)、 東伊豆は、城ヶ崎のあたりまで壊滅状態。 そうやって、道路が整備されていくのに従って、 地元民の交通の便は良くなり、 皮肉にも、環境も破壊されていくわけだ。 地元民は、環境リスクと引き替えに交通の便を手に入れ、 観光客(例えば関東の人たち)は、より手軽で、 自分の住んでいる地域よりもずっと綺麗な海や温泉地を手に入れるわけだが、 アクセスが良くなる前から、伊豆を愛してる人間にとっては、 ただ、海を失うだけだ。何も得るものはない。 んーだからといって、I.C.周辺のアクセスくらい整備しても良いんじゃないの? と言うことではあるけど、うんまぁそうだけど、 その辺りから含めて、出来れば、伊豆市辺りまでで、 一般の観光客の人は満足してお帰り頂きたい、 というのが、はっきり良いって正直な気持ちだ。 伊豆半島の人たちにとっては、 アクセスが増えれば観光客も増えて潤うのだろうけど…(今厳しいだろうから余計に) でも、素直には喜べない。 同じことは、南紀のとある駅で、 普通列車を1時間半待ってるときも思ったのだけど、 不便に対する不満を、無視するくらいで、 丁度良い場所もあるんじゃないのかな、と思うのだ。 特に伊豆半島は…紀伊半島や、房総半島に比べれば小さいわけだし、 本気で整備したら、本当にすぐにアクセスできてしまいそうだ。 車で訪れるたびに、沿岸線に新しいトンネルができて、 渋滞が解消されて、おおー便利になった!と感動しながらも、 やはり一抹の不安と、 恐らく、誰も(利用者、行政)そういう視点を持っていないんだろうな、 ということが、寂しく感じられる。 伊豆の自然はいつまで残ってるのかなぁ。

続きを読む