順調に走っております。

まぁ体重は、バキッと2kg落ちたあとはさして変わりませんが。 (大体平均して、1週間1kgとか言うし、それも踊り場期間含めた平均だし) 朝走ることの良いところは、空気が程よく冷たくて気持ちいいところと、 散歩中の犬に遭遇できることと、 前の日深酒でも仕事までに酒抜くことが出来るってことかな。 故・仰木彬さん(元オリックス監督他)は、 現役を引退してコーチ・監督になってからも、毎朝選手と一緒にランニングしていたそうだけど、 それもやっぱり前の日のお酒を抜くためだったとか。 (ごめん、ソースは忘れた) まーさすがに仰木さんほどの連日深酒とかはしませんけどね(苦笑) というわけで、今日も元気に働くのであります。

続きを読む

さて、減量を再開しようか。

4月終わりから7月まで終わりまで、 運動と食事制限(と言っても食い過ぎない程度)で、 体重を11kgくらい落としました。 いやー…さすがにこれはあかんよね、と思って。 んで、7月後半に旅行に行って美味しいもの食って帰ってきて、 まぁ旅行自体は結局全く太らなかった(むしろ痩せた)んですが、 それ以来、クソ暑くて走りに行く気も起こらない、ってのもあって、 暫く体重管理がお休みに。 ま、夏は暑いからね。 ほら、運動なんかして熱中症になるといけないしね。 …いや正直言えば、さぼりました。すんません。 (誰に謝ってんだ?)

続きを読む

沖縄料理ってあんまり太らないね。

沖縄で、随分と腹一杯食って、 確実に太ったよな、と思って帰京したのだけど(事実鏡を見る限りはそう見えた)、 仕事と休みの間のインターバルだった昨日、 夜体重を量ったら、旅行に出掛ける前に比べて、1.5kgくらい痩せてた…。 確かに1日休みを過ごして、 軽く5kmくらい走りに出掛けたり、 長風呂して漫画読んだり、 まだエアコン付けないぞ、頑張って汗だくになってみたりして、 純粋に水分が大量に流出してるわけで、 公平に見てみれば、逆に1kgくらい太って帰ってきたと言えるだろうけど、 僕の場合は1kgくらいは誤差。

続きを読む

体重がヤバイ。

体重計のイラスト

『ストレスが溜まると、過食に走る』 ってのは、もう、ここ何年かで完全に自分に定着してしまったことなのだけど。ここ3ヶ月くらい、仕事のことで色々考えてさー…なんとなく、生活をやさぐれ加減のまま放っておいたら、えらいことになってた。具体的な数字は割愛するけど現在の状況をBMI値で言うと…、25.43

続きを読む

長距離走。

僕は昔、長距離を走るのが苦手だった。もちろん、嫌いでもあった。 短距離は、鍛えていない割には速い方だったけど、 はっきり言って、1km以上を走るのは苦痛だった。 鍛えてもなかったし、たまに体育で走らされるだけで、好きになるわけもなかった。 そういう意味で、今ほど、走ることが好きになった時期は他にない。 長距離を走るのに必要なのは、もちろん、体力だ。 長く走り続けられなければ、長い距離は走れないし、 それには、心肺的にも、筋肉的にも持久力が必要だ。 でも、こうして長い距離がある程度走れるようになると、もう一つ必要なことがあることに気付く。 それは、長い時間を飽きずに我慢できるという、精神的なものだ。 これは、同時に、自転車競技にも共通する部分でもある。 自転車で何日か移動するとき、目安となるのは、1日100kmだ。 もちろん、無理をすれば、200km近くは行けるし、習熟度でも違う、 でも、同じ事を繰り返していくような場合には、その辺りが限界だ。 自転車は、休憩や信号待ちを含めると大体、時速15-20km/hくらいだから、 おおよそ、6-7時間かかるわけだが、その間は、精神的には“暇”だ。 体は動かしているけど、精神的にはずっと何時間も考え事をしている、そんな状態に近い。 ジョギング中は、長いと言ってもたかだか1時間くらい。 自転車に比べれば短いけど、やっぱり同じような精神状態になる。 もちろん、状況に対して判断が必要なこともあるのだけど、まぁ大体は考えごと。 走り終わるとね、大体は綺麗さっぱり忘れちゃってるんだけど、 次に走りに行ったときに、その続きから考え事が始まったり。不思議なもんだ。 もしかして、プロの選手でも、哲学的な人が多いような気がするのはそんなせいかなぁなんて。 もちろん彼らは競技だし、勝負だし、考え事をしてる暇はなくて、 頭をフル回転してるんだろうけど、 でもやっぱり、同じようなことがあるんじゃないかなぁ。 なんて事を考えて、夜の御所をじっくりと走る。

続きを読む

人体は奥が深い。

先日より、ウェイトコントロールを再開した、ということはMUTTERでも書いているのだけど (途中経過は日記などをご覧下さい…いや見なくて良いです、結果だけ見てくれれば) その後のGUESTBOOKでのやりとりを通して、やはりダイエット、 というか、人の体というのは不思議なものだなぁ、と思った。 僕は、体重の問題について、 自分で理屈がはっきりしない形で納得するのはあんまり好きじゃない。 別に西洋医学至上主義というわけじゃないのだけど、 体がこういう風になる、というようなことをあんまり考えたくない、 なので、つい、『正しい食生活→体が正しくなる』という図式を否定したくなりがち。 そういう僕が支持できるのは、結局、 極めてシンプルな足し算と引き算、運動などによって、 取り入れたカロリーより、消費するカロリーを大きくすれば痩せるわけだろ? みたいな考え方。 在る意味で、それが体でも、コップでも同じというような見方。 一方で、そういう無機質的な見方ではなくて、 もう少し体側に立って、生命の維持を見つめるという見方もある。 それが要するに友人の主張なのだけれど、 食生活(特に夕食)に気を付けていれば、体に蓄積される脂肪が減り、 また同時に脂肪を蓄積しにくくなる、という主張。 (なぜ蓄積しにくくなるかが分からないのが僕は嫌らしい) 僕自身は納得しないけど、でも、明らかに経験にも裏付けられたことだし、 実際、筋肉を付けて、『燃費を悪く』しなくても、脂肪の付いていない人はたくさんいる、 そうしたことを考えると、やはり認めざるを得ない。 まぁ、あくまで僕は、体を動かすのが好きなので、 そして、自分に何かを課す、ということが好きなので(熱中している間は全く苦にならない) そういう視点で見がちなのだけど、世の中はそういう人ばかりではないしねぇ。 一つの目標に対しての方法論もいくつもあって当然なんだよな。 僕はあまりに自分で納得していて、あんまりそれに気付いてなかったんだが。 今回は、まぁ、民間療法的ないわゆる『ダイエット法』は、相変わらずスルーするとしても、 とりあえず体に良さそうなことは実践していく方向で。 まぁ、限界はあるけどね… (毎夕食を魚中心とか絶対無理だし)

続きを読む

PROJECT 09

最近、物理的な面で、自分が太っていることを感じつつあったので、 これはまずいなぁ…健康どうこうではなくて、夏が来るとかでもなくて、 肥満が原因で格好悪いのは許容できないなぁ、などと思いつつ、忙しさにかまけて時間ばかりが流れ。 しかしね、もういい加減ヤバイと思い直して取り組むことにしましたよ。 (PROJECT 08 は結局、正月の帰省で打ちきり、消滅) 決意を胸に久々に体重計に乗ってみたところ、 実際体重はそんなに驚くような数字ではなかったが、 (自分では78kgとかでも驚かないな、と思っていたんだけど) 体脂肪率は驚くような数字だった。 思うに、運動量が極端に減ったことで、体全体の筋肉が脂肪に変わり、 体重増加を和らげた(筋肉の方が想いからね)と共に、 体脂肪率を驚くほど押し上げたという事かな、と。 ちょっとね、数字がやばすぎるので、暫くは公表はしませんが、記録には取っておくので、 何ヶ月後かに、どっかに載せてみる方向で。 生活上の課題は、とりあえずは、運動量と、食生活。 運動はね、とにかくやる気の問題なので、 実際、毎日1時間作れれば、毎日走るのも可能なわけだし、 変えるのはそれほど難しくない、心配もしていないのだけど、 食生活の方はね…少々問題。 基本的に、食う量が増えてるっていうのもあるし、内容も、高カロリー、高塩分気味。 特に、昼飯。 一番太るのは言うまでもなく夕飯なのだけど、 夕飯は(健康的とは言い難いが、しかし)それほど量を食ってるわけじゃない。 朝飯だって、まぁ、そこそこですよ。トーストとかだし。 問題は昼飯、特に昼休み。 良くあるパターンは、『めしや丼』で定食を食って、ご飯お代わりとか、『赤鬼』で激辛ラーメンとか。 とにかく、外食デフォルトで、満腹優先、気味。 かといって自分で弁当作っていく気にもなれないし、選択が難しい。 一番良いのは、志津屋で野菜系のパンを買って食うのがいいのかもなぁ。 とにもかくにも、現状よりマシになるんならいいよ。何でも。 従来通り、カロリーの摂取を減らして、消費を増やすという方向で。 気の長い、プロジェクトになりそうだけどな。

続きを読む

いや、少し痩せたんだけど…

最近になってようやくというか、いろんな人に 『太ったねぇ…』と言われ始めた。 うーん、どうなんでしょうかこのリアクション。 ちょうど1ヶ月前の体重と比べると、実は6kg落としてるんですけど。 人の意見てのは当てにならんてことだな。 基本的な路線は、食事制限なんだけど、 食事制限てのは不思議なもので、決して『食わない』とはならずに、むしろ、 しっかり食う、規則正しく食う、っていうことを心掛けてしまう。 カロリーだけ考えれば相当減らしてるんだが (昼ご飯を定食から朝作るおにぎりに帰るだけでかなり違う1000kcal→300kcalくらい) といって食べてないわけじゃない、 間食は元々する方じゃないし(つうか何で太るのかよく分からん) 炭水化物をヤケ食い的に摂取しなければ、 そうは太らないはず。 野菜が以上に高いんで、経済的にサラダを摂れないのが痛いところだが、 まぁまぁ、よくやってるかと。ストレスもないし。 しかし、こっから絞るにはやっぱり…最近とぎれがちな運動が必要だろうな。 本当に、動かないからねぇ…仕事中。 ヤマトや佐川の人を尊敬しちゃうくらい動かない。よくないね。 そうそう、生命力をはぐくむ、ってんで、 カロリーを控えて暮らす、ってのもあるらしいですね。 永田農法のトマトじゃないけど(苦笑) そうだねぇ…油断してると、お腹空いてないのに時間だけ見てモノを食う、 家畜の餌みたいな生活になっちゃうからね…よろしくない。 いずれにしろ、まだまだ誇れるような体じゃないので (別に痩せても誇りませんけどね…露出癖もないし) もうしばらくは節制して過ごしましょうか。 多分、減量分には筋肉もあるんだろうなぁ…よくねぇなぁ。 なんとか、『燃費の悪い』体を作れるように。していかないと。

続きを読む

3日が必要。

飲み会や、大食いなど、イレギュラーで増えた体重が 元のラインに戻ってくるまでには、どうやら、3日が必要な様子。 飲んだものや、食べたものがきちんと排泄されるまでの時間、 ということなのかもしれないが、 その3日の間に同じように不摂生を働くと、 代謝でカバーしきれなくなって、3日がどんどん延びていく。 『脂肪として蓄えられる』という点を無視してはいるけど、 超・短期的には、これが体重が増えていく流れ。 実際、ダイエットだなんだといっても、 イベントに行かないとか、行っても飲まないとか、友達と飲みに行かないとか、 そういう選択肢は存在しないわけで。 誘われれば行くし、誘ってでも行く。 ただし、その後3日間は、節制および、消化、ということになりますか。 こういうことをきちんと、データ化していかないとね、 この人(=つまり俺)納得しないもんだから(苦笑) 必ず後でしわ寄せ来るから、ここで飲み過ぎたらあかんよ、とか、 言っとかないと、ただ、運動してるデブになってしまうので。 脂肪も筋肉も、じゃ、重くて仕方ないからね。

続きを読む

タバコが不味い。

口が渇いているせいか、とにかく煙草が不味くて仕方がない。 気分転換に…と、 くわえて火を付けるのだけど、すぐに、あぁもういらね…と感じてしまう。 (貧乏性なので最後まで吸うけど) 『ダイエット中は喫煙を控えるように』 と、どこかのサイトで見た。 理由は、食事制限中は摂取する栄養素が限られてくるので、 喫煙によってビタミンが壊れるのは良くない、ということらしい。 であるなら逆に好都合。 不味いし、吸いたいとも思わないので、このまま本数を減らしていくことにしよう。 そのサイトでは、ストレスを増やさないということを考えると、 止めろとは書けないので、せめて減らせ、というような趣旨のことが書いてあった。 ストレスはやはり心身共に、一番よろしくないわけで。 ふむ…。

続きを読む