お仕事近況【2020年4月】(2)

桜の木の4月
前回の続き。主に飲食の仕事の話。



営業再開後に人手を確保できるのか心配

バイトによって稼がないとただちに生活が困る人と遊ぶ金がなくなる程度だから別に良いっていう人とがいて、それぞれで温度差があるんだけど、まあでも通常ならバイトの何割かは帰ってこないですよね。今飲食の仕事は募集が少ないかも知れないけど、それ以外であればまだある程度あると思うので。

そんなこともあってか、4月頭でフリーターで入ってた40代女性が辞めることになったみたいです。「9時から18時で週5」ぐらい入ってたのが、「9時から15時で週3~4」に減らされていたんで(収入半減ぐらい)、そりゃあ辞めるよなあ。先月もフリーターの女性が1人辞めてるし、先月入ったフリーター男子も辞めそうな空気だし、なんかやばい。仮に営業再開できても、人手が全然足りないということになりかねない。

僕個人はまだまだ今の店で勉強したいことはあるし、今のところ戻るつもりにしているけど、それもどうなるかわかんないなー。社会情勢次第。



ダブルワークで良かったと今ほど思ったことはないが

僕個人に関して言えば、今の2つ目の仕事は飲食ではないし幸いそれほどダメージはないようです。まあそっちはそっちで年中火の車で大変なんですが、いずれにしても僕のシフトを減らすほどではない。仕事だけはこなしきれないぐらいあるので。問題は仕事内容や勤務環境が死ぬほどストレスフルだということ。飲食の仕事でストレスを感じることはほとんとないんだけど、エンジニアの仕事はとにかく理不尽なことが多くてあんまりたくさん働くとハゲそう。でも飲食店の仕事がなくなったとなると、収入の安定のためには時間を増やすしかないんですよねー。俺ハゲるのか?

全く当てはないけれど、もうひとつ仕事を増やそうかなあともうっすら思ってます。飲食店の仕事を今から増やすのは難しいかも知れないけれど、今のエンジニアの仕事の比重を増やすのはメンタル的にも会社の状態的にもとても危険なので。ただなあ、世の中これから不景気にツッコんでいくところなんですよねえ。新卒内定すら溶けていく時代にさて僕がやれる仕事はあるかな。マジメにエンジニア勤めするのは勘弁してもらいたいしなあ。自分の強みを2つ封印したらあとは誰でも出来る仕事(キツくて安い)しかないし。事務作業とか地頭使う仕事なら得意だけどいまさら43歳のおっさん雇わないしなあ。タクシー会社入って二種免許撮ってタクシードライバーでもするか?



リモートワークでハゲは回避できそう

そんなこと思ってどうしようかなと悩んでいたんですが、どうやらエンジニアの仕事をリモートワーク化することで問題のほとんどは解決出来そうです。周囲の人間のよくわからないムーブとか、無駄に大きい話し声とか、臭いとか。良かった、ハゲずに済む。髪は大事。



なーんかそんな感じです。



おまけ:もしこれから飲食店の大量倒産が起こるなら

こう業態偏ってダメージがあると、いずれ不景気の中、飲食店が不足して「安くてそこそこ食える店」が求められる日が来ると思うんですよね。全員が毎日豚丼で満足出来るわけでもないし、ある程度のバリエーションが求められるはず。その日が来るまで現金を確保しておいて、家賃が下落した物件でビジネスを始めるってのもなしではないなあとぼんやり考えています。ていうかあり。でもそこまで果たして手元の現金がもつかなんだよなあ。同じこと考えてる人はたくさんいるだろうから、外出自粛が解かれ次第外資や異業種からの飲食参入が増えるっていう展開になって僕の出番なんかないかも知れないけど。さてはてどうなるかなあ。