お仕事近況【2020年4月】(3)

桜の木の4月
前回の記事を書いて少し寝かせている間に状況が動いてしまったので追記的な。



飲食店は1ヶ月間の休業に

記事を書いた時点ではゴールデンウィークは働ける可能性があったんですが、4/7の東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象にした緊急事態宣言発令を受けて、京都店も「4/8から1ヶ月間の休業」となりました。代官山を閉めるのは致し方ないとしても、京都はまだそこまでじゃないだろと思うんですけど、会社の方針はすべて東京で決まるようなので、今大変なことになっている東京の状況や社員の心情が反映されてしまうのは仕方のないことかもしれないですね。売上も下がってるしこの流れで休んでしまおうということなのかも知れませんし。

(※その後、京都府・京都市から京都も緊急事態宣言に準じるということで外出自粛要請が出されたので、結局は閉めることになったかも知れませんね。個人的にはテイクアウト中心の縮小営業でもして、市民の皆さんに忘れられないようにしておくべきだと思ってるんですけどね)

僕はまあ前回も書いたとおり他にも仕事があるし、そっちの方が稼ぎが多いので金銭的には別にあまり変わらないんですけど(飲食店で働けないというだけ)、社員はみんなどうするんだろう。飲食店なんて店閉めたらやることないぞ。休業補償は出るんだろうか。大卒初任給みたいな給与の6割って明らかに暮らしていけないと思うんだが……実家に帰るっていっても皆さん茨城、埼玉、千葉だしそれもちょっとリスキー。会社としては社員は副業禁止らしいけど副業しないと生きていけないよね。どうするんだろ。



昼の会社も東京の店舗は休業に

昼のエンジニアの仕事の方でも、下北沢の店舗は4/8から当面休業することになりました(京都は営業中)。僕の職種はWebエンジニアだけど会社の本業としては小売。売り上げのほとんどはネット経由だし下北沢の店舗もそんなに接客が頻繁にあるわけではないけれど、店が狭いからなあ。オンラインショップがある以上、飲食店とは違って店を閉めたら即休業というわけではないので当面スタッフは通常通り出勤するみたいだけど、今後どうなるかはわからない。出勤自体リスキーだということになれば、在宅で仕事出来る人は在宅でってことになるのかも。かなり限られてるけど、下北沢のスタッフは営業とか制作とかの人が多いのでもしかしたら行けるかな。知らんけど。



1ヶ月後に飲食店に復帰できると良いなあ

第一に飲食店で働くのはやっぱり楽しいんで、状況が落ち着いたらまた働きたいなあと思ってはいます。せっかく全くの門外漢だった洋食について少しずつ学び始めたところだったし。給料安いけど。諸外国の状況を見るに3週間ぐらいすれば東京も落ち着いてくるとは思うんだけど、そのとき京都がどうなっているかはわからんよなあ。人口あたり感染者数で見ると京都は4/8時点で第5位だし(1位は東京、以下福井、大阪、高知、京都の順)。5月までには落ち着いてて欲しいな。そもそも1ヶ月も休んで社員とかバイトとかまた戻ってきてくれるんでしょうかね。飲食業界総じて沈没してるから、他の店に移籍ってのも難しいし戻ってくるだろうとは思うんですけど。どうかなあ。