【京都マラソン2020】一般枠の抽選倍率は5.2倍に

京都マラソン2020 メインビジュアル

「京都マラソン2020」のランナーエントリーの総数は60,514人となり、うち抽選枠のマラソン申込者数は56,125人で抽選倍率は4.4倍、ペア駅伝の申込者数は936組1,872人で抽選倍率は5.5倍となりました。 多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。 なお、抽選結果については、10月8日(火)にお知らせする予定です。

ランナー募集結果をとりまとめました – お知らせ|京都マラソン2020


募集全体での抽選倍率は4.4倍ですが、一番定員が多い「一般枠」に限って言うと5.2倍です。マジかー。去年が5.3倍だったのでそれに比べればほんの少し倍率が下がっていますが、それでも狭き門には違いありません。すげえな。


抽選枠には、

  • 連続落選者枠(500人)
  • サブ3.5(男子)サブ4(女子)応援枠(500人)
  • 京都市民枠(1,100人)
  • ボランティア経験者枠(100人)

といったものも用意されているんですが、僕が該当するのは京都市民枠(合計倍率3.0倍)だけ。頑張って3時間45分を切って「サブ3,5応援枠」の応募資格を獲得したかったんですが、無理でした。2019まで4年連続で当選していてさすがに今回は当選しないと思いますし、来年2月の京都マラソンは走らない予定です。今シーズンのフルマラソンは11月の神戸マラソンだけかな。もちろん走りたい気持ちはあるんですけど。


どうなるかなー。



ちなみに:ふるさと納税枠はまだ空いてます

9/2時点で定員780人のところ394人までしか埋まってません。ふるさと納税10万円ごとに出走権1名分獲得、複数名での応募も可なので、高額納税者の方は是非どうぞ。
(寄付金以外に参加料15,000円も必要です)

ふるさと納税枠エントリー – ランナー|京都マラソン2020



スポンサーリンク

スポンサーリンク