20_01.png



必要なものは以下の通り。


  • 小さめのマイナスドライバー
  • プラスドライバー
  • パッキンとパッキン受けのセット


これだけ。

手順も簡単で、


  1. 止水栓を閉める
  2. カランのフタを外してネジを緩める
  3. パッキンとパッキン受けを取り出して交換
  4. 元通り収めてネジをきっちしりめる


これだけです。



1. 止水栓を閉める

家によって場所は違うと思いますが、要は水が出ないようにすれば良いです。
今回は風呂のカランの修理だったので元栓を閉めましたが、洗面所であれば洗面台の下に止水栓が付いているので、それを閉めれば良いかと。



2. カランのフタを外してネジを緩める

よく見るとカランの上の部分に切りかけがあるので、そこにマイナスドライバーを差し込んで外します。





フタを開けるとネジが見えるので、山を潰さないようにしながら慎重に回します。








ある程度回すとカランのハンドルがそのまま取れます。



3.パッキンとパッキン受けを取り出して交換

このカランの場合、コマからカバーナットまで一体になって取り外せます。






カバーナットと、それを止めているプラスチックパーツを外し、パッキンとパッキン受けを交換します。パッキン受けは錆が付いていましたが、パッキンはすり減っているようには見えませんでした。よく比べたらどこかは損しているのかも知れません。



4. 元通り収めてネジをきっちしりめる

後は元に戻すだけです。

組み立てたら止水栓を開き、水を出して、水漏れが収まったかどうか確認しましょう。無事水漏れは収まりました。お疲れさまでした。




でも水の方もまだ漏れてるっぽい

今回は、お湯を出すとハンドルの下から水が漏れるという事案でした。「明後日午後休みだし直そう」と思い立ってからAmazonで注文して、その翌日に届き修理したので、2日で直ったことになります。作業自体も5分くらいでした。超簡単。最初は管理会社に連絡して業者呼んでもらって……と思っていたのですが、自分でやってみて良かった。

ちなみにカラン自体ちょっと年季が入っているらしく、水の方も少し水が漏れています。こっちはハンドルの下から水漏れするパターンではなくて、吐水口からポタポタ漏れるパターン。この修理も今回とほぼ同じ手順で、パッキンの代わりにその下に着いているパーツ「コマ(ケレップ)」を交換することになります。


20_01_01.gif
(株式会社カクダイより引用)



パッキンと同じく高いものでもないので、次の機会に注文しておいて手隙で直してしまいたいと思います。





いやあ、できるもんだ。




参考サイト

株式会社カクダイ/Let's Try/バス(お風呂、浴室まわり)/水道蛇口の水漏れ修理(パッキン交換)
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories