Trainspotting

名前は知ってたけど、
ちゃんと見たのは初めてかも。
感想は…
ドラッグ、犯罪、暴力、失業、HIV…
セックス以外の、
ありとあらゆるものが僕には非現実的だったが、
これが最低なんだってのはよく分かった、
肉体、精神を含めた状況が、
救いようがない、
だが、不思議と不快感はない、
皮肉っぽいユーモアにあふれていて、
そういう感じが僕に合ってるんだろう。
(これだけ有名な映画を指して『合ってる』もへったくれもないが)

レントンは、頭は悪くないが、どうしようもない、
でも、人生、どうしようもない時ってのはある、
それも、たびたびある、
少なくとも僕にはある、
ドラッグも、暴力も、犯罪も、もちろんエイズもなかったが、
自己嫌悪と、閉塞感は持ちきれないほどあった、
そんな何も考えられない中で重要なことは、
考えることじゃなく、見ることだ、
彼は、見ていた。

まっとうに生きたかどうかは知らないが。
彼が『退屈な』暮らしをしていても、
楽しんでるヤツは、勝ちだ、
たとえ、社会的に意義があると言われていても、
そうじゃないヤツなんて目じゃない。
僕はどちらとも言えない中途半端なヤツだが、
そういう考え方にあこがれてはいる。
手段ではなく、考え方、だ。

ブルーな気分に、選んで正解だった。
選択肢には、大好きなコメディー映画と、
大好きなエンターテイメント映画の
3枚組BOXもあったのだけど、
これだった。

最低を見て、安心してるわけじゃない、
ただ、シンプルに、生きていこう、と思った。

  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories