Wikibooksという試み

Wikipediaなどで有名なWikimedia Foundationの新プロジェクト、 Wikibooksに関するニュースが、Cnetに載っていた。

Wiki、教科書業界に宣戦布告–新プロジェクト「Wikibooks」を立ち上げ
昔の生物の教科書が必要になったのに、大学で使用していたぼろぼろのテキストが見つからない場合、次のような行動をとることが考えられる。 まず、大学の書店へ足を運んで、古本を1冊もらってくることが考えられる。あるいは、Amazon.comに数ドル支払って、新しいものを購入するのはどうだろうか。同窓生に連絡して、昔の教科書を貸してもらう手もある。 もっとも、Wikimedia FoundationのJimmy Walesやその同僚にこうした相談を持ちかけたら、ほかにも手はあると教えてくれるだろう。そう、「Wikibooks」プロジェクトを利用すればよいと。Walesらが進めるWikibooksプロジェクトは、オープンソース開発モデルに基づいて、幼稚園から大学までの教育課程で使用する教科書を包括的にまとめ、無料利用および自由配布できるようにするものだ。
いまいちイメージがわかなかったのだけれど、 どうやら、教科書を電子書籍として集めてしまおう、ということらしい。 すべてが、オープンソースなので、 教科書と言うよりむしろ、 『教材の集合体』と呼んだ方がいいのかもしれない。 なんだろうな… 『アレキサンドリア』とか、古代の図書館がやろうとしたこと、 または国会図書館がやっていること、 そんな概念が見え、なおかつ、 しかもそれを、引き出しやすくすること、 編集しやすくすること、に重点が置かれてるような。 日本語はまだ、383項しかないけど、英語は10,000項を超えているし、 今後、『情報ソース』として重要になってくるかもしれない。 それはそうと… 僕が思ったのは、もう少し“ファンタジー”なことで、 もしかして、いつか著作権問題がスムースに解決されたら、 音楽に関しても同じような、 全世界的で大規模な情報ソースが生まれるんだろうか、、と。 音楽のデジタル化に当たっては、 『いやいや、大丈夫、ユーザはものも手に入れたいと思ってるし、 むしろ、CDの売り上げ増にも繋がるよ』 なんていう専門家の話も聞いた。 確かに、電子書籍が世に出て久しいのに、 本を巡る状況は、殆ど全く変わってない。 ただ…それは、本のあらゆる面、と言うことではなくて、 たとえばWikibooksのように、ネットで十分代用できるもの、 つまりオンデマンドと同じだよね、 データだけあれば自分で書籍化(=プリントアウト)できる、 そういうものが、一部であっても隆盛になるかもしれない。 その流れで、例えば10年後に、 古いレコード音源の著作権が切れて(死後50年だっけ) そうしたもののライブラリーが形成される可能性だってあるわけで。 大きな打撃ではなくても、 意識の変革には繋がるかもしれない。 そんなことを、直感的に感じたのでした。
参考リンク:

続きを読む

50,000アクセスらしい(indexが)

MUTTERがblog化して以来、indexのカウンターは、 殆ど意味をなさなくなっているんだけど、 まぁでもサイト的には、『ここが始まり』ということで、 ある程度、意味はある。 で、そのカウンターが、50,000を突破しました!パチパチパチ。 ありがとうございます。 律儀に『正面入り口』から入ってくれる人も結構いるんだな、 思うと嬉しいんですが、 そういえば、言い忘れてた。 その正面入り口に、7/12から、 現在の京都の、おおよその天気を表すアイコンを表示させているんだった。 仕組みはまぁ、別に大したことはないんだけど。 ああ、京都は今日は雨なのね、 なんていう風に、実用性なくご利用ください。はい。

続きを読む

愛想のあるお知らせ。

バナー自体は貼っていないんだけど、 一応、blogPeopleなるものに登録しては、いる。 Pingも送ってるんで、情報も更新されていると思う。 とはいえ、積極的に活用しているとは言い難い状況だし、 メールでのお知らせもなくて良いんだが、ふと、お知らせメールが来たので、 設定はどうなってたかな、と思ってログインしてみた。 設定自体は、購読、になっていたが、 ワンクリックで即解除でき、親切な作り。 参考になる。 でもそれ以上に参考になったのは、 障害情報にあった、コメント。

続きを読む

fileNice

百式で紹介されていたソフトウェア、『fileNice』を導入してみた。 コレは、サーバ上で動かすPHPプログラムで、 一言で言うと、そのプログラムの入ったディレクトリ以下を、 視覚的に表示してくれるというもの。 遠隔作業なんかで、デザインチェックなどをするときに、 サーバに一時的にアップすることがあるんだけど、 長ったらしいURLを送ったり、場所を設定させたり、結構面倒。 でもこれなら、場所さえ分かれば、後は目で見ながら探せるし、 ブラウザベースだから画像チェックもすぐに出来るし、 なんだかすごく便利。 こういうシンプルだけど便利っていう技術はすごいなぁと思う。 便利そうだけど複雑っていうものなら、世の中に溢れてるんだけどね。 fileNice? – free php file browser

続きを読む

リンクページはもはや死語になりつつある

RSSフィードが浸透してきて、 リンクページはもはや死語になりつつあるような気がする。 もちろんこのサイトにもリンクページはあるし、 それはどこのページも同じことなのだけど、 そこに登録するサイトの数は必ずしも、自分の巡回するサイトとは一致していない、 それよりもむしろ、『巡回はしないけど覚えておきたいサイト』、 みたいなサイトの置き場になりつつある。 と言うのも、自分が普段行くサイトはblogに偏りつつあり、 そこの情報は、RSSフィードで受け取っている。 だから、毎日必ず訪れると言うよりも、 何らかの更新があったときに訪問すると言う方が圧倒的に多いし、便利だからだ。 内みたいに中途半端にblogを扱っているサイトは別だが、 一般的なblogサイトってのは、横にリンクや、更新情報を知りたいページ(BlogPeopleなど)が、 ずらっと並んでいて、特別にページを作るまでもなく、 更新情報付きのリンク集ができあがっている。 最近では、RSS配信していないサイトが、不便にさえ思えるようになってきた。 僕が良くニュースを拾っている『ITMedia』も、そんなサイトの1つ、 今でも十分に便利だしみやすいが、自分用にカスタマイズしたRSSフィードを取得できたら、 もっとずっと便利なサイトになるのに、と思う。 (便利が良いことかどうかは抜きにして。少なくともニュースサイトには必要でしょう) というわけで、リンクページを改装し、 もっと見やすく、且つ数も増やそうと思案中なのだけど、 それをどのように表現するかが、意外に難しい。 なかなか踏み切れないんだよねぇ…

続きを読む

昨日の嬉野(微妙に韻)

昨日の、うれしの日記が名文だったので、無断で転載しておく。 もちろん、抗議が有れば削除の予定ではあるが。 ていうか、うれしの日記って名文なんだけど、ものすごく日記なんだよね… オフィシャルのトップページがアレで良いのか、と思いつつ、 しかしまぁ、アレも形作る要素のひとつだよなと納得しつつ、 まぁ、どうぞ。

続きを読む

69tracks on the WEB.2000

For“69tracks on the WEB.” So Grateful Days…. 2000年5月開設より、7ヶ月。7ヶ月で5 000アクセス。 1年で10 000アクセスに届く数字であることを考えると、非常に良くやった、と思う。 Siteを立ち上げて、実際にどれだけの効果があったのか、 どれだけの貢献ができたのか、実感したことはない。 どれだけの人がアクセスしてくれたとしても、その数字がイベントへ帰ってこなければ、 僕はただ、69tracksを題材にSiteを作っているに過ぎない、 それでは意味はない。 でも、自分自身、知り合いが増えてきたこともあるのかもしれないが、 少しずつ、底辺が広がってきているとは感じる。 『常連』が増えていくことは、集客数を高いレベルで維持するのには絶対必要なことだろうけど、 もし、常連のためだけのイベントになってしまったとしたら、 そのイベントは死んでしまう、 どんどんいろんな人が来てくれるようになって、イベントのエネルギーは上がってるんじゃないか? OfficialSiteを立ち上げて(元々はunofficialだったんだけど)最も大きな成果は、 DJと、客との間に、双方向のやりとりが生まれたことではないだろうか? それも、その他の人の分かるところで。 それまでも、客とDJのやりとりはあったと思う、でもそれが、例えば『掲示板』に残り、 第三者もそれを見ることができる、それに参加することができる、 目に見える形での、参加する者を制限しない、コミュニケーション。 単純な素朴な疑問、約3週間の構想、自分にできること、思いつき。 制作日数1日から公開、そして公式サイト化。 このサイトを作って良かった? 間違いなく、答えはYesだと思う。僕の感じたことは間違ってなかった。 これからも『最高』を目指して、『ほどほど』に。 季節はずれのこの雨が ぼかした表情とその涙 降りやまないうちにGerra すかした顔してフッと笑ってな てな具合で進むそっこうOne week つかれた体でそっとOne drink つどう先は仲間達 いつものように夜通しバカ話 こんな日々が終わらないように 羽根広げはばたく鳥のように みんな必死なんだ 負けんな いねぇぜピンチランナー あざけ笑う奴を尻目に つかめ描いた夢にぎった手に 雨上がりの流れ星 ねがいをかけて さあ上がれ同志 (『静かな日々の階段を』KenjiFuruya) Thanks all of You. (2000.12.15.)

続きを読む

about 69tracks on the Web

69tracks webデザインについて[II] (as『69tracksProject vol.3.0c』) 11/11に、せっかくデザインに対する意図を書いたにもかかわらず、 その3日後に、その象徴とも言えるトップページを入れ替えてしまうなんて、 何てコトだ。まぁでも、言ってみりゃそれが気まぐれ的僕であるということで、 僕に関わる人には、それに慣れてもらうしかないわけで…。 全体に対するイメージは変えてないので、いぜんとして、 『vol3』というプロジェクト名は引き継いでるけど、 まぁマイナーアップなので、『3.0c』ということで。 せっかくだから新しい方の意図みたいなのも書こうかと。 これ書くとがっくりという感じだけど、あのデザインの意図は トップページ下の帯ロゴが全てであります。 アレを使いたいために、いや、これ使ったらいいだろうと考えて、 じゃあそれに合わせて、どんなデザインなら、技術的にどうやったら、 というのを考えて。作ったのがあれ。 お手本もまぁあるコトにはあるけど、 後で見直したら自分のとはまったく違っていたので、 結局自分のイメージらしいです。ナニカに対する。 全然違うモノを持ってくる。 というイメージは引き継ぎつつ。 だから、見た目は違うけど、兄弟。 ま、いいか、どうでも。 新しいの持ってくると、前のは未熟者に見えちゃうのは気のせいかな? それでまた何かしちゃうんだよなー でも今回はかなりデカイ新発見があったので、 ちょい満足。 (2000.11.16.)

続きを読む