営業電話への対応。

休みの日で家にいるとたまに営業の電話が掛かってきます。 まさに今掛かってきた電話は、NTT西日本からの電話で、「現在キャンペーン中で付加サービスに通話料込みでお得になっているんですけれどもいかがですか?」というものでした。いつもであれば、「せっかく気ままに過ごしてんのにうざいな」と思って「いや別に結構です」→ 即ギリなんですけど、ちょっと思うところあって聞いてみたらばなかなか面白い話だったので、連絡先を聞いて(こちらから連絡すると言って連絡先を言わせないとあとで確認の電話が入ることが多くて面倒)電話を切る。なるほどねー

続きを読む

警察の電話番号 – 京都府警(および近畿各県警)の場合。

全国47都道府県警の電話番号も調べてみました。
はまちちゃんが警察から連絡を受けたという話があって。
警察から電話が…! – ぼくはまちちゃん!(Hatena)
大変です! たいへん! こんにちは!! さっきtwitterにも書いたんだけど、警察から電話がありました! どうしよう!!!
要するにはまちちゃんの作ったサービスで“予告”があったんで、 その照会が来たということで。 恐ろしい世の中じゃのぉ。 んで、それに対して、僕の時はこうだったよーっていう他の例があって、
さくらサーバが警察に捜査されるときは普通はこんなかんじ。 – satoru.netの自由帳
僕もまえに、サクラで借りているサーバに関して警察から照会を受けたことがあったよ。
まぁ、いつお世話になるかわからないわけだし、なるほどーと思って読んでたんだけど、 そのid:satoru_netさんのエントリの中で、こういうことが書いてあって。
行政区によって違う事もあるらしいけど、 とりあえず、電話番号下4ケタが<警察かどうか>の判断材料として活用されているって事には、かわりないみたい。 大阪は1234、宮城は7171。他にもいろいろあるかもしれんけど、 僕の携帯電話の履歴からわかる例外情報はこんくらいでした!
というわけで、京都府警の場合も調べてみたよ!

続きを読む

下手な営業をうけると凹む。

今日の昼過ぎ、某大手IT会社の営業担当の方から営業を受けたんですよ。 うちの会社は小さな会社なので、WEB関係の営業やらなんやらも、WEBデザイナーが引き受けます。 (っていうか、俺しかいねぇし) 用向きは、要するに、検索ワードサービスのお話でしたね。 御社にこういう用語はいかがでしょう、みたいな。 僕もね、IT業界の端くれとしてですよ、SEO的にそういうのにも載った方が有利だよな、 とは思ってるんですけどね、いかんせん、費用対効果が曖昧。 だって、僕自身、『検索結果』の方を重視しますから。 でも、きちんと的を得た提案なら僕だってカチンとはきません。 今作業中のプログラミングと、その他並行してやってる多くの作業の手を止められたって 文句は言いませんよ。 でもねぇ…いかにも、サイトすら見ていないようなそんな営業だったんです。

続きを読む

telephone.

電話。 ? なかなか、好きになれない。電話。話をするのが嫌いなの?んーいや。話をするのは、結構好き。うーん。 話をするとき、何を考えてるのか?うまく言えないけど、内容だけじゃなくて、それはあくまでも言ってみりゃ見た目だけで、声の調子とか、顔の表情とか、その人の性格とか、しぐさとか、クセとか。そういうことが全部あって、やっと、会話できる。んん?俺はやっぱり、人と話すのが苦手なのかな?会話だけを追ってコミュニケーションするのが不得意だから、いろんな情報に頼るのだろうか…? 電話で、話をするとき、受話器のこちら側で、自分が受け取れる情報は声だけ。相手が、女の子じゃなくても、親でなくても、ただ友達で、しかもたわいのない話だとしても、何となく落ち着かない。普通に話していてさえ、回りくどくなる僕の言葉が、余計に回りくどくなっていく。 顔を合わせて喋っているときは、黙っていても、思いが伝えることができるし、その方法も、たくさんある。だけど、電話では、黙っている時間はすなわちコミュニケーションの沈黙であって、アクセントにはなっても、しかしそれ以上のコミュニケーションは生まれてこない。 はっきり言ってしまえば、気まずいだけ、だ。 ここまで書いて、はたと気付いた。でもメールは好きだよ。俺。相手が、全く見えないのに? でも、メールはやっぱり違うなぁ…手紙と電話の違いさ、表情などがないぶん、自分の情報を、きちんと文章としてパックして伝えることができると思う。言葉を選べるのも違うし。 いずれにしても。 3年前には全く思わなかったことだけど、コミュニケーションて、大事だよね。相手によっては、会えなかったり、メールアドレスを持ってなかったり、電話が好きな人もいるかも。 ちょっと、 電話を嫌いじゃなくなるように 努力してみよっかな。 (2000.11.01)

続きを読む