Never Can Say Good-Bye [comment]

さよなら、 なんて云えないよ。 いままで多くの『さよなら』を言ってきた でもやっぱり僕には言えない 口ではそう言っても心では言ってない 僕はずっとさよならは言えない それはきっと…………から。

続きを読む

Fever……[comment]

逃げ道をなくすことによって前に進むしか術をなくした 否定するのに疲れを感じて少し利口に振る舞ったりした 生きた証を立てようとしたそれだけで少し誇らしげな態度 支離滅裂な行動 裏側にある自信はさらに膨張 Free Your Mind…. 僕らは…生きている… 僕らは…いったい『なにもの』なんだろう… 僕らは…親とも違う… 僕らは…… 生きていくしかない

続きを読む

Never Can Say Good-Bye

青い空が輝く 太陽と海のあいだ “オッケーよ”なんて強がりばかりの君を見ているよ サクソフォーンの 響く教会通りの坂降りながら 美しさ; oh baby ポケットの中で魔法をかけて 心から; oh baby 優しさだけが溢れてくるね くだらないことばっかみんな喋りあい 嫌になるほど続く教会通りの坂降りて行く 日なたで眠る猫が 背中丸めて並ぶよ “オッケーよ”なんて強がりばかりを僕も言いながら 本当は思ってる 心にいつか安らぐ時は来るか?と 美しさ; oh baby ポケットの中で魔法をかけて 心から; oh baby 優しさだけが溢れてくるね くだらないことばっかみんな喋りあい 嫌になるほど誰かを知ることはもう2度と無い気がしてる 左へカーブを曲がると 光る海が見えてくる 僕は思う! この瞬間は続くと! いつまでも 南風を待ってる 旅立つ日をずっと待ってる “オッケーよ”なんて強がりばかりをみんな言いながら 本当は分かってる 2度と戻らない美しい日にいると そして静かに心は離れていくと 美しさ; oh baby ポケットの中で魔法をかけて 心から; oh baby 優しさだけが溢れてくるね くだらないことばっかみんな喋りあい 街を出ていく君に追いつくようにと強く手を振りながら いつの日か; oh baby 長い時間の記憶は消えて 優しさを; oh baby 僕らはただ抱きしめるのか?と 高い山まであっというま吹き上がる 北風の中 僕は何度も何度も考えてみる

続きを読む

FEVER

ありふれた毎日の日々の中 下りてくるすべてのものに感謝 頭に微熱 抱えたままもう一度前へ歩き出そうとする あせるがゆえに迫り来る恐怖 吐き出せないままそれは流れて 背負いきれると軽視した結果 終わりのないスピードレース開始 目標はまだ夢のまた夢で 到達するにはかなり困難な道 着地成功は難しく世代の知性は足踏み状態 それでも何か 考え出す脳 行き止まりと知らずに前進 つぶれかけたこめかみで感じながら方向見つけてさらに前進 生きた証を立てようとしたそれだけで少し誇らしげな態度 支離滅裂な行動それを補う子供じみた一面 ありふれた毎日の日々の中 下りてくるすべてのものに感謝 頭に微熱 抱えたままもう一度前へ歩き出そうとする 逃げ道をなくすことによって前に進むしか術をなくした 否定するのに疲れを感じて少し利口に振る舞ったりした 生きた証を立てようとしたそれだけで少し誇らしげな態度 支離滅裂な行動 裏側にある自信はさらに膨張 ありふれた毎日の日々の中 下りてくるすべてのものに感謝 頭に微熱 抱えたままもう一度前へ歩き出そうとする あせるがゆえに迫り来る恐怖 吐き出せないままそれは流れて 背負いきれると軽視した結果 終わりのないスピードレース開始 目標はまだ夢のまた夢で 到達するにはかなり困難な道 着地成功は難しく世代の知性は足踏み状態 それでも何か 考え出す脳 行き止まりと知らずに前進 つぶれかけたこめかみで感じながら方向見つけてさらに前進 逃げ道をなくすことによって前に進むしか術をなくした 否定するのに疲れを感じて少し利口に振る舞ったりした 生きた証を立てようとしたそれだけで少し誇らしげな態度 支離滅裂な行動 裏側にある自信はさらに膨張 生きた証を立てようとしたそれだけで少し誇らしげな態度 支離滅裂な行動それを補う子供じみた一面 ありふれた毎日の日々の中 下りてくるすべてのものに感謝 頭に微熱 抱えたままもう一度前へ歩き出そうとする 逃げ道をなくすことによって前に進むしか術をなくした 否定するのに疲れを感じて少し利口に振る舞ったりした 生きた証を立てようとしたそれだけで少し誇らしげな態度 支離滅裂な行動 裏側にある自信はさらに膨張

続きを読む

aQuater of aCentury

もうすぐ、25歳になります。四半世紀生きてきた。 僕は25歳らしいか? よく聞かれる質問です。親の叱責も大概そこです。 でも正直、よくわからない。 25歳というのはこうあるべきだろう、というのは僕の中にもある、 だけどね、それにあてはまってなくて、けど好きな人は一杯いる、 あるべき姿と、ありたい姿が食い違ってもいいだろう? あなたの為に言ってるのよ? 両親は決してそうは言わないけどでもそういうことだし、そう言いたいだろうし、 もしかしたら後々後悔することになるのだろう(既に後悔していることも多々ある) でも、 僕が今、ちゃんとしてないから…だけではなくて、 あまり、今自分がどうあるべきか、について深く考えないようにしようと思う、 いいか悪いかは別にして、 取り敢えずやるべきことと、やりたいことを整理して、やるだけだ。 僕にとって、『25歳らしいかどうか』は、意味がない。 というよりも、世の中に過ごす誰にとっても、本当は意味がないんだろうと思う。 何が良くて、何が悪いか、 その判断を簡略化するために、そういう『物差し』はある、 でも僕は面倒でも、そういう簡略化をなるべく避けていたい、 時間は掛かるけど、いいものはいい、悪いものは悪い。 それだけは、僕が小さい頃から思い続けることだし、 今も思い続けることだ。 1月26日。 僕は25歳になる。 それがどういうことなのかは…僕にはわからない。 それだけしかわからない。

続きを読む

he’s coming

来ました。 ゆえ、 外出不可。面会謝絶。睡眠妨害。酒酔常態。 しばし、 嵐をやり過ごす日々、そして時間。 酔った頭で、忘れた考えごとを 思い出す…

続きを読む

サントリー×神戸製鋼

僕には珍しいことだが(>>rugby) ラグビーの試合をまるまる80分見た。 いやぁ…サントリー強かった。 途中でミラーがシンビン(10分間の一時退去処分)になったけど、 それが無くても、圧勝だった。 展開力、タックル、スピード、意志、 神戸製鋼も素晴らしかったが、 サントリーはその全てに置いて、一枚上をいっていた。 実は、僕は、大畑(神戸製鋼)のスピードを見たくてチャンネルを合わせたのだ しかし彼はCTBに入っていて、泥臭い役割をこなしていて、 彼が風を巻いてバックスを切り裂く姿は見られなかった それにしてもサントリーのNZ人の突破はすごかった、 タックルも凄かった、永友は格好良かった、 ラグビーも、面白いね。 でもなぁ…大学ラグビー偏重の意識はちょっとね…… 外国(NZ、オーストラリア、南アフリカ、ヨーロッパ)のリーグの中継もやればいいのに…

続きを読む

rugby

なぜラグビーを見ないのか?と言われるけど、別に嫌いなんじゃなくて、 言ってみれば『食わず嫌い』。要するに、ルールがわかりにくいのだ。 (アメリカンフットボールの方が試合が止まるからわかりやすいよ) それとあとは、日本が世界で圧倒的に弱いということ。 もともと興味もなかったので、それで『なんかなぁ…』という気分になってしまった。 ナンバーで紹紹介されてるから、まるっきり知らない、と言うわけではない、 だけど、ノックオン1つ取っても、わかりにくいのだ… それはともかく。 ラグビーの試合を見るのは面白い。 シーズンはほとんど終わっちゃったけどね。

続きを読む

わさび漬け(小泉樓)

『わさび漬け』 というのは、どれくらいポピュラーなものなんだろうか? 静岡以外で見たことがないから、 もしかしてものすごくローカルなものなのかもしれない。 (ネット上ではわさび産地の紹介サイトでよく見られるようだが) わさび漬けの発祥の地は静岡らしい。 要するにわさびを漬けたもので、ただそれだけなのだが、 醤油をつけ、白い御飯と一緒に食べると…これが美味いのだ。 いま手元にあるのは先日静岡で買ってきた、 “小泉樓『きわめ漬け』” 創業寛永参年(1850年)と書いてあるから、 『老舗』と呼ばれるのもうなずける。 わさび漬けは『田丸屋』の方が有名だが、 味にうるさい父母は、圧倒的に小泉樓を支持する。 それにしても、独特のうまみと辛さ、 くーーっ、涙が出るぅぅぅ (でもやめられない)

続きを読む