​​dvd23.jpg


確かに男前だし全然構わないわけですけれども、彼女は水曜どうでしょうでの「安田さん」についてはほとんど知らなくて、東京で活躍するようになった後の「役者・安田顕」だけを見て、ビジュアル的な意味ですごい好みだと言っていて、嫉妬とかそんなのじゃなしに「いいの?ヤスケンで?」と思ってしまう僕です、とか書いたらヤスケンファンにすごい怒られそうだけどでもわかるよね?僕のこのなんとも言えない感じ。どうでしょうバカならわかるはず。「裏では結構言うのに男受けがいいって言う理由でモテてる女の子を見る心境」って書くと悪く言いすぎなんだけど、渋いとかクールとか、なんかこうさ、むずがゆくなってくるじゃん。「確かに見た感じはね……(苦笑)」という、でも俺だってヤスケンのこと大好きだけどでもそういうことじゃないという、なんとも言えないモヤモヤした感じ。なんだろう。わからん。


で、そうは言ってもあんまりきちんと映像で見たことないって言うんで、先日、安田顕主演の映画「俳優 亀岡拓次」を借りてきて見ました。ツタヤなんてスゲー久しぶりに行ったよ。最後に映画借りたのなんて軽く5年以上は前の話。「俳優 亀岡拓次」での安田さんは、主演ながら役どころは名脇役。演技はすごいし奇跡も起こすけど、プライベートはからっきしって感じの渋い役どころで、すっごい好きだったんだけど、でも見れば見るほど「でもこれって、要するにヤスケンだよね」と思えてきて、酒飲んで失敗するけど仕事的には上手く行っちゃうとかもうますますヤスケンで、でもなんだろう、求められてた「カッコイイ安田顕」ってこういうことじゃないんだろうなと思ったり。

今期やってるドラマをちらっと見て、そこでの安田さんの感じを見ると確かにかっこいい。でもそうじゃないんだ。確かにすごく優しいけど、でもそれだけじゃないんだ、安田さん。水曜どうでしょうがレギュラー放送終了して、あんまり最新情報は知らないけど、副音声聞く限り全然変わってないんだ、安田さん。


まあ何にせよ、古くから知ってる「友人」みたいな存在の人を、改めて好きだって言われると少し嬉しい。勧めたわけじゃなくまったくの偶然なんだけど。でもヤスケンかー。ヤスケンなー。絶対すごい良い人だと思うし、役者としても素晴らしいけれど、変わってるんだよなあ。「マッスルボディは傷つかない」のDVD、買おうかなあ。