確かにフォーク並びは良いシステムだと思うし、そもそも売り場はそれを前提として設計されるべきだと思っているのですけど、それでもやっぱり店と客の意識の高さが必要なんですよね。


わかりやすい話をすると、


近所のスーパー、混雑時にはレジが最大で5つまで開けられるんですけど、通常は真ん中の2つしか使っていないません。ちょうど2つなので、開店以来なるべくフォーク並びで並ぶようにしていて、僕と同じように考えている客も多かったように思うのですけど、ある日行ったらレジのところに「レジ毎に1列にお並び下さい」っていう張り紙が貼ってあって、要するに「フォーク並び禁止」の告知でありました。

まじかよーとは思ったんですけど、うん、特に夕方なんですけど、おばさん、ばあちゃん、じいちゃんが大挙して押し寄せる時間帯に、「こう並んで下さい」っていう指導は不可能なんですよね。彼らは本能的に空いているレジに並んでしまうし、フォークより箸の方が好き。それに意識高いおばさんが絡んで揉めるってのはまあ、店としても、「このクソ忙しい時間帯に何してんの」って言う話ですし、それなら最初から1列に並んでもらった方が面倒がなくて良いと。


わからんでもないけれど、でもやっぱりフォーク並びの方が公平だし合理的だよなあ。売り場面積が狭いところだと待機列の形成が難しい場合もあるけど、最近はコンビニもそういう方針のところ多いし、やってやれないことはないはずなんだよね。

……KAITO兄さんみたいに店員に目配せする必要は無いけれども(笑)