げんさん #dog


彼女の人の仕事終わりかなんかで迎えに行く。待っている間、近所の子ども達と水鉄砲で遊んでて、彼女が来たので慌てて水鉄砲をしまって「お疲れさん」と声を掛けたらばものすごい不機嫌で「私の犬は?」。夢特有の「突然設定が明らかになる現象」キタコレ。どうやら我々は犬を飼っているらしい。んで、どうせ夕方に外に出てくるなら犬の散歩も一緒にするのが当然でしょう、ということらしい。まあそうだけどそんなに怒らなくても。仕方ないので、犬を連れてもう一回出るべくマンションに帰る。マンションの階数は225階。おいおいどんな近未来だよ……というらへんで目が覚めた。まあ別に現実の彼女はそんなに怖い人では無いわけで、そんな意味不明な理由で怒ったりしないし、しかしなんだかすっきりしない気分だ……ある意味夢で良かった。


オマケ:昨日のシエスタに見た夢

レストランの仕事があるときはその前に仮眠を取るのですけど、その時に見た夢が、


ということで目が覚めてものすごい恥ずかしかった。忍は年齢何百歳だけど見た目幼女だからなあ……実際にそんなんしてたら捕まるんじゃねえかな。いや、俺なら36歳だし大丈夫か。親子的な意味で。アララギ君は解らんけど。