穴子

穴子。

いわゆる「煮穴子」だった傳の穴子とは違ってこちらは煮穴子を炙り焼き。とろける柔らかさの煮穴子も好きなんですが、香ばしい「焼穴子」の方が僅差でより好きです。こう……口の中に広がる何とも言えない香ばしさがもうね。いい。


最近、鰻が高騰していると言うことで「穴子で代用」なんていう話をたまに聞きますが、穴子と鰻は違うよなあ。同じなのはタレだけなんで、穴子で満足できちゃう人はそれこそ木綿豆腐と山芋で「鰻もどき」(精進料理の1つです)作れば十分満足できるんじゃないのかなーなんつて思ったり。


Shizuoka 2013-01 - a set on Flickr
すしブロマイドシリーズ