…ような気がします。

まぁ「大抵」をどう解釈するか、軽重を無視して件数で計算すべきかについては議論の余地がある(というか敢えて省略している)のですが。

きっかけはこの辺。

やれ設計書だ規約書だ試験仕様書だ納品書だ報告書だと、やたら紙モノの多いSEの世界。ドキュメントの大切さを日々噛みしめているせいか、俗に難解と言われるような製品マニュアルだって、彼らにとっちゃ苦にならないとかなんだとか。
 だからか彼らは言うのです。「マニュアル読め」…と。「この使い方教えてー」と聞いても「マニュアル読め」。これは冷たいんじゃないか。マニュアル読んでもわかんない人の気持ち考えたこともないだろう? さあ、どうでしょう。はてさて、それは以降の物語をご覧あれ。
 

元ネタの件が「SE」と全く関係がないっていうかこじつけなのは読めば解ると思うんですが、その辺はあんまり本線と関係がないので置いておいて、世の中には2種類の人間がいるなーと思うわけです。
つまりですね、「調べものをする人間」と「調べものをすることすら面倒くさい人間」の2種類です。



僕は明らかに前者のタイプで、もう少し人に頼っても良いんじゃないかと思うときもあります。よく言えば自律的、悪く言えば唯我独尊かもしれません。


先ほどのエントリの登場人物で言えば、予約録画について尋ねている女の子は後者で、尋ねられている彼の方は前者と言うことになると思います。この件はたかが予約録画なので、別に教えてやればいいじゃんっていう話ではあるんだけども、だからといって自分がマニュアルを読むのと誰かに頼って教えてもらうのは等価、むしろ「マニュアルを読め」ってのは冷たいんじゃないの?っていうのは…なんか違うなーと。彼も言ってるけど、別に生まれ落ちたときから予約録画できたわけじゃなくてさ、自分で調べた結果だと思うのです。やれるかやれないかというよりも、調べるか調べないか。


で、表題の件ですけれども、

言葉通り常識的に考えれば、「解決策を見つけるために調べる」ということで、調べるという行動の後に解決するという行動が来るはずなんですけど、実際には調べている過程で大体解決するんじゃね…と思うんですよね(政治やその他、実際に行動することを求められることは除きますよ。もちろんね)。


予約録画の件なら、まずマニュアルを探し出してきて目次を開きますよね。で、目次の項目から「予約」の文字を探してそのページに飛びます。で、そのページの手順と実機とを見比べながらやり方探り試していって、その実験が終わる頃には予約録画は完了しているわけです。


「メールの受信が上手くできない」なんていう件もそう。とりあえずソフトウェアの名前と症状でググります。恐らく色んな情報が出てきますが、その中から適当にピックアップして試しますよね?上手く行けばそれで良し、ダメなら他の方法を探します。それって結局、調べてるだけなんですよね。「どうすれば直るか?」について調べると解決する。解決することは調べることで始まって、大体それだけで終わるんですよ。

もちろん、どんな症状だと予想するかとか、どんな語句で検索するかとか、検索結果からどんな情報をピックアップするかなんていう部分についてはある程度知識も必要だと思います。それは確かにある人と無い人がいて、経験を積まないと蓄積されないものだったりしますが、無いと始まらないってわけでもないです。Googleを知らないとかいうんじゃなければ。



僕が仕事中に尋ねられてイラッと来る件は、結局そういうことです。誰にだって出来る部分を単に自分の都合で相手に押しつけてるということに気付いてない…というか、「誰にだって出来る」ということに気が付いていないかな、だからそれ自分でも出来るよ、と。

前任者は比較的なんでも自分でやってしまう性質の人で、確かにその人のおかげでいろんなクオリティが保たれていた面はあるんですが(セットアップ後のPCとかデフォルトで使用するソフトウェアの選定とか)、僕から見ればかなり甘やかしすぎだと。おかげで、自分が使っているPCに何が入っているか解らないまま、凄く重要な情報をバックアップも無しでやりとりするような人がたくさん出来上がってしまいました。少しでも不便があれば誰かに聞けばいい、その誰かがいなかったら仕方がないから放置する的な。何でその前に、「自分でも調べてみる」っていう選択肢がないのか凄く謎なんですけど。

僕は、1年後にはみんなが自分で調べて解決できるようにしたいと思ってます。調べ方は教えるから後は自分でやってくださいね、と。そのための「調教」は多分ずいぶんと感じ悪く受け止められてると思うんですけど(笑)、まぁそれでもいいかな。




調べるってのはまぁたしかに面倒くさいときもあるし、すぐに正解にたどり着くとも限りませんが、その行動そのものが問題解決の一部…むしろ殆どの部分を占めてるんじゃないですか、と思うわけです。

それをしない人にとっては、そんなの大して重要じゃない、手っ取り早く解決策だけ教えてくれ何なら解決してくれと思うかも知れないけれども、「調べること」それそのものが自分でも出来る一番簡単な解決策なんですよ。人に頼るのは調べ始めてからでも、遅くはないんじゃないですかね?
(切迫した状況の場合は違いますけどね。作動した核ミサイルを止める方法とかね)