月鉾。

今日7月16日は祇園祭、山鉾巡行の前日つまり「宵山」です。

祇園祭は正確に言えば7/1の長刀鉾町稚児のお千度に始まり、7/31の八坂神社 疫神社夏越祭まで続く1ヶ月にわたるお祭りなんですが、そこまで祭りとして実感するひとは京都に住む人のごく一部であってやっぱり祭りと言えば、クライマックスは山鉾巡行、雰囲気で言えば全てが宵山に凝縮されています。どの街でもある、夏の祭りの雰囲気はまさにこの宵山の雰囲気。

京都の中高生が友達と一緒に遊びに行ったり、気合い入れて女の子を誘ったり、彼女とデートしたりするのはこの日だし、夕方くらいから通りに増える浴衣姿の男女や、夜遅くまで楽しそうにしている人たちを目にするのはやっぱりこの日。

毎年何か変わったことが起きているわけでもなく、いつもと同じように過ぎていく一日ではあるけれど、なぜだか、わざわざ人混みの中へ出かけてしまいます。京都だから当然観光客もたくさん来るけれどもあくまで「街のお祭り」としての雰囲気がベースにあって、祇園祭の華やかさとは別に、そういう素朴な雰囲気がある。それが、僕は好きです。