いや、別に言われたことはないけど。

自分でも、シャッターを切りまくって、沢山撮影して、
その枚数に満足してるとき、ってのがあるんだけど、
ま、実際はそのときに何百枚撮ってようが、後で見返して、
良いな、と思える写真が一枚もなかったら何の意味もないんだよね、っていうお話。


当たり前なんだけど、
どうも、その辺の撮影直後の自己満足ってのは、抜けないな。
フィルムカメラ時代に、目一杯撮影数をセーブして撮影してた、その反動かなぁ。
お金無かったもんなー
学生には、現像代も結構きつかった。

で、昨日、京都市内某所で、色んなエンターテイメントを盛り込んだイベントがありまして、
その中のSMショウを見に出掛けたんだけど。


いやーなんかね。すごいね。


まぁ、吊されて放置プレイとか、軽く無知で叩くとか、ロウソクを数滴落とすとか、
その辺りのソフトな感じの“一般向けライブ”だったんだけど、
初めは、好奇心と、えーっていうちょっと引き気味の感じでいたギャラリーが、
酔いもあってかどんどんノリノリになっていく様が、何かもう面白くて。


ただまぁ、写真撮影という視点で言えば、
動きもあるし、ライトはないし、正直撮影出来る環境ではなかった。
場所も不安定な、バー・スツールの上だし。

というわけで、1枚撮れてたらラッキーかな、くらいで、
AFを、Cモード(コンティニュアスモード。状況に合わせて連続的にピントを合わせていくモード)にし、
構図だけを追って、シャッター押しっぱなし。ISOは1600。


Queen.


ショウの方は、最後には客席でテンション上がった男女3人が、
1人ずつ吊されるというアンコール付き(笑)

DJの人は、ものっすごいやりにくそうだったけど、
いやでも何か普通にはない雰囲気で、面白かった。
テンション上がるのも分かる気がするな。


撮影した写真は、この辺りにアップ。

Flickr: Archive of your photos taken on 16th September 2007


ただ内容上、一部の写真については、公開出来ません…;
あしからずご了承下さい。