はまちちゃん謹製の、マイミクの履歴を記録していくソフトウェア、mmh。

[mmh] マイミクヒストリでマイミクを把握する

頻繁に名前を変更する友達がいたり、
マイミク数が多い人(ないしは記憶力に不安がある人)にとっては、
大変便利なソフトウェアなんですが、
先日のマイミクに関する仕様変更に伴って、一部ソースが書き換えられたらしく、
9/1以降、取得できなくなってました。
タスクで回してたので、全然気がつきませんでしたが。


問題は凄く簡単なことで、変更すべき点は以下の通り。

mmh.pl 273行目
while($body =~ m/=0><br>(.+?)<\/a>.*?edit_intro.pl.id=(\d+)/gi) {
 ↓
while($body =~ m/=0><br \/>(.+?)<\/a>.*?edit_intro.pl.id=(\d+)/gi) {

要は、<br>を<br />に変更して、
全体的にXHTMLっぽくしたかったしいです。
(その割にimgタグの記述が不十分ですが)


そういうわけで、これでプログラムとしては動く…んだけど、
タスクで動かすには、実行形式(.exe)の方が便利。
で、ついでながら、はまちちゃんのところに、
Perlプログラムを実行ファイル的に動かす方法が書いてあったので、
導入してみる。

[PAR] perlをexe化 :: ぼくはまちちゃん!

まぁ、やることは簡単で、
ActivePerlをインストールしたあと、
コマンドプロンプトで、各種プログラムをインストールしていくだけ。

インストールが終わったら、srcの中のソースを書き換えて、
pl2exe.batをクリック。
PARがきちんとインストールできていれば、
上のバッチファイルを実行することで、mmh.exeを作成できる。
(ちなみに、pl2_exe_v.batのほうは、コンソールバージョンを作成)


というわけで、無事修正完了。

たった2バイト追加しただけなのに、
exe化したら、ファイルサイズが200バイトくらい増えてるのが気になるけど(苦笑)

ま、いいや。