JWordっていうサービスがあるわけだが…

2ちゃんまとめブログで取り上げられていて、
また思い出してしまった。
本当になんとかしてくれよ。

残念ながら、一部のスパイウェア検出ツールなどが、JWord プラグインを構成するファイルをブラウザハイジャッカーもしくはスパイウェアとして検出する現象が確認されています。しかし、JWord プラグインは、ブラウザハイジャッカーでもスパイウェアでもなく、そのような機能を持つものではありません。(中略)スパイウェア検出ツールなどで、JWord プラグインを構成するファイルを除去すると、正しくアンインストールされないため、 JWord プラグインが破損した状態になります。そのような状態になると、通常の方法では再インストールやアンインストールができなくなってしまいます。


要するに、以前も書いたのだけど、

NOBODY:PLACE - MUTTER: JWordは氏(ry

JWordが採用しているモジュールが、スパイウェアとして広く利用されており、
それを同梱していることで、個人情報を任意のサーバに送信することが可能だということだ。
ネットを通じてダウンロードするモノの多くが信用できない現在、
そうしたモジュールを同梱していながら、
セキュリティを犯してはいない、今後もそのように利用するつもりはない、
なんて言葉がなぜ信じられる?

だからといって、ソニーの件でもあるように、
クローキングされても困るんだけど、
明らかに黒な要素を抱えておいて、
いや、我々は潔白です、って言っても…そりゃアンタ虫が良すぎるだろうよ。

GMOと、Yahoo!の共同出資会社、JWord、えげつねぇよな。やることが。
最近は見なくなったけど、
teacupかなんかで、強制インストールやってたもんなぁ…

確かに、アンインストールはできた。
スパイウェアとしても引っかからないし、モジュールも起動しない。
が、信用は出来ないよなー…
長いこと業界に君臨する大手同士の出資のくせに、
なんなんだろうね、このやり口は。

9199.jpと併せて、モラルがないような。


あ、あと、営業のヒトが、
9199.jpはこれからやばいほどくるって言ってましたが、来てませんね。
1年半くらい経ちますねぇ…良かった、広告出さなくて。

そうそう、ここまで長々書いちゃって、本当にメモろうとしたことを忘れるとこだった。
先ほどのエントリの中で、
JWordにアクセスしない方法があったので、メモしておく。

以下のファイルを開く。

2000/XPの場合
c:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts

98系の場合
c:\windows\system32\drivers\etc\hosts


次の文字列を追加する。

0.0.0.0 download.jword.jp
0.0.0.0 downloads.jword.jp
0.0.0.0 download.kingsoft.jp
0.0.0.0 www.jword.jp
0.0.0.0 www.jword.co.jp
0.0.0.0 www.jword.ne.jp
0.0.0.0 www.jword.info
0.0.0.0 www.j-word.jp
0.0.0.0 www.3721.com
0.0.0.0 assistant.3721.com
0.0.0.0 www.9199.com
0.0.0.0 www.9199.co.jp
0.0.0.0 www.9199.jp

要は、www.jword.jpなどにアクセスしようとすると、
0.0.0.0(存在しないページ)に自動的にとばすということですな。
(だいぶ省略した説明だけど)

確かにこれを設定すると表示されなくなるし、
OSレベルの設定なので、自動起動したアプリケーションに対しても有効(多分)


日本語で検索って、それだけ聞けば別に悪いサービスでもないのに、
リリースしたアプリケーションの中身や、
そのリリースの仕方(強制インストールなど)に問題があって、
利用頻度の高いユーザに受け入れられないんだとすれば、
残念なことだよねぇ。

なにやってんだか。

参考:
JWord - Wikipedia