ドメスティック野郎的発想であることはわかってるんだけれども、
すべてのスパムコメントが海外からのものである以上、
やはり、ひらがな必須、とか、句読点必須、なんていうコメント対策は必要なわけでして…
とはいえ、MT3.2から、以前行っていた、
mt-comments.cgiによるコメントカットは出来なくなったので、
全体的に、MT付属のプラグインにお任せ状態になっていた。
確かにこのプラグイン、かなりの頻度で叩いてくれるんだけど、でも漏れるのも多い。
確率で言ったら、30%位は漏れる。
漏れる、というか、承認待ちになる。
ただし、許可されてしまったものはまだないので、優秀なんだとは思うんだけど、
いちいち、承認を行うのはだるすぎて…

そんなことを思ってたら、Ogawa::Memorandaさんのところに、
タイムリーな改造が載っていたので、迷わず実行。

Ogawa::Memoranda: MT SpamLookup Best Practicesに追加


具体的に言うと、コメントスパム対策と言うよりも、
MT付属プラグインの改造。

MT付属の、『SpamLookup』というプラグインの、Keyword Filterで、
コメント、トラックバックに対する、NGキーを設定できるのだけど、
その設定、日本語(というか、マルチバイト文字サポート)に対応していないらしく、
以前の対策でも行っていたような設定、つまり、
[\x80-\xff](半角英数記号)といったような記述ができない、というお話。

僕だったら、そうなのかーで終わる話なんだけど、
『じゃあ、対応させれば良いんだよね』
というのが、恐るべきところで(笑)
Patchを作成して配布されています。

ふむ。
これを例によって手で(汗)適用して、設定してみた。

また、同じく、ひらがな必須の対策をしようとしてはった、
Infinite Lab.さんの報告によると、

Infinite Lab.: MT3.2 ひらがな必須

その際に、スコアも合わせて設定してやると、
迷惑コメントと判断されやすくなるそうなので、そう設定。
(設定の仕方は、Keyword Filterの中に書かれている)

おお、ちゃんとカバーできてる。
コメントが投稿されると、それが承認待ちでも、カウントされるし、
メインメニューでは更新されたと見なされて一番上に来ちゃうし、
なんだか、地味に振り回されてたんだよね。

コレで少しはマシになる、かな?
(相変わらずコメント投稿が重いのは気になるところ…)