【メモ】「年利」と「利回り」の違い

貯蓄 投資について調べていて自分が「年利」と「利回り」を同じものだと思っていたことに気付いたので、調べました。数字としては似たような数字になることが多いですが、意味合いが全く違いました。

「年利」とは

元本に対してどれだけの利子が付くかが「金利」または「利率」で、1年間にどれだけ利子が付くがが「年利」です。「年利5%」というと、元本に対して1年間に5%の利子が付くことになります。元本が100万円なら、
1,000,000円 × 1.05 = 1,050,000円
となり、利子は50,000円です。

「利回り」とは

「利回り」というのは、一定の年数資産運用した結果の利益を運用年数で割って平均した場合の利益率のことです。先ほどと同じ「年利5%」で5年間運用した場合の「利回り」を計算してみると、
1,000,000円 × 1.05 ^ 5 = 1,276,282円
となり最終的な利益は276,282円、1年当たりの利益は55,256円なので「利回り」は5.526%ということになります。 「利回り」の場合は運用期間が想定されている多いので、一定以上の期間運用した結果を評価するのが「利回り」でそれより短い期間ではそれと乖離する場合もあるということみたいですね。 なるほど!

参考サイト

金利と利回りの違い|株初心者のための株式投資と相場分析方法 金利と利率と利回り – 定期預金の金利の比較

続きを読む

「利回り2%」とは何か(投資信託的な話)

NISAのイラスト 友達が保険会社のフィナンシャルプランナーに相談して低リスク低リターンだけど確実な資産運用をしています。僕も真似したいけどなんせ元金を作るのが大変なので、調べるだけです。知ってはいるけどお金は増えないっていうね。なんだかなあ。で、友達はもう多分15年ぐらい資産運用してて、次に薦められたのが「ドルコスト平均法」による積み立て資産運用。「ドルコスト平均法」ってのは何かというと、要は月額いくらと決めて運用を行う方法のこと。例えば月に1万円投資すると決めた場合、投資対象の値段が1口100円なら100口、1口200円なら50口購入するという具合で、メリットは投資対象の価格の上下に左右されにくいこと。ルールを決めてしまうことで「安いときに多く買う」という基本を守りましょうという考え方で、主に初心者向けの方法だそうです。 底値で大量に買った投資対象がその後値上がりしなかった場合には損する可能性もあるわけなので、リスクが無いわけではありません。「単に価格の上下に一喜一憂しなくて済む精神安定的な効果があるだけ」という意見もありましたが、積極的に売り買いして資産を増やしたいと思っているわけでなくただ長期間安定して増やしていきたいと思っているだけなら、便利な投資方法かなあと思います。ここから始めて、積極的な投資に切り替えていくことだって出来るわけだし。

続きを読む