music002:Scha Dara Parr

彼方からの手紙 2000.10.24. Scha Dara Parr MD故障につき、唯一所有のSDPのCD、 「The Cycle Hits -Remix Best Collection」より。 (なんで唯一がリミックスなんだ…我ながら情けない(T^T) この曲あげると、こいつ、昔のSDPばっかきいてんなとか思われそうだが、 ちょっと当たり(・・;) いやいや。 スチャラカでスーダラなもんばっか聴いてる訳じゃない、んだけど、 そんなみなさんにも、楽しんで一度は聞いてもらいたいそんな曲。 HipHopって、ホントに好きな人は違うんだろうけど、 素人的には、肩肘張ってるところがあるのも感じる一点。 アーティストの強がりっていうか。Lyricとか、語呂と自慢だもんね。 日本もアメリカも。 Lyricがそうなら、Soundも、攻撃的だし、疲れる時も。 そんなときはスチャダラパーで一息入れましょう。 もうサイコー。 あ、『後者 ?THE LATER?』もお薦め。Lyric、うまい。面白い。 2000.10.24.

続きを読む

music001:Gospelers

Password 2000.10.19. Gospelers 深夜TVのクリップで発見した、いい感じの曲。 アカペラが美しいゴスペラーズ。 デビューこそその個性で名を売りはしたが、 その後あまり名前を聞かなくなっていた。 たまに見るTVでは、その方向性を探っているような感じも受けたが…。 そんな彼らの、耳に残ったこの1曲。 独特の声を残しながら、R&Bぽいbeatの入った曲。 既に評価が固まっている彼らだけに、 この1曲からブレークということはなさそうだが、 いい雰囲気を与えてくれる1曲だと思う。 これからも、少し気にしてみたい。 毎度思うことだが、あの深夜クリップ(関テレ…か?)の選曲をしているプロデューサー、 音楽会社からの売り込みも多いのだろうが、なかなかいい耳してる。 あらゆるジャンルにて。 ヘビーローテーションなので、1ヶ月単位くらいで同じ曲が流れるが、 たまに見ると、おお、と思うことも。 2000.10.19.

続きを読む

born to be Ippei=Suzuki

1977年1月26日、静岡市生。 ごく中流の家庭の長男として誕生。父方は有力な弁護士の家系であり、父も長男であったため(戸籍上は次男だが長男は早世している)祖父母、曾祖父母はかなり喜んだらしい。そうした家系と血筋に反した性格と趣味を持って生きてき、実家の強い意向で無理矢理横浜から静岡に連れ戻された父は、恐らく周囲のそうした反応には白けた思いを持っていたと推測する。1978年11月7日、妹・茜生まれる。伝統のある家系にはよくあることだが、女は女としてそれ以上の扱いは決して受けない。祖父はいい祖父であることは間違いないが、しかし、そうした男尊女卑の思想を少なからず持っており、自分が婿であることも手伝ってか、女性軽視の発言が目立った。それは、名家の出である祖母も同じであり、その娘達も同じだった。今でも、そうした声が聞かれることが、妹の心を傷つけている、そして、それをどうにもしてやれないことを心苦しく思うことがある。しかし、そうした声とは逆に、両親は娘の誕生を素直に喜び、特に父は長男誕生以上に喜んだであろうと思う。彼の血を引く長男が、娘について言っているのだから、間違いない。母は、この人は自分の子供に興味がないのよ、と言うが、それは半分は照れ隠しであることを長男は知っている。そして、実は、もう半分は事実であることも知っている。父の、自分の趣味や好きなことに対する情熱と、それとは反する仕事であっても、家族のために自己を犠牲にしている姿(本人はきっと否定するだろうが)とが、好きなところであり、尊敬するところなのだから、それはその通りなのだと思う。 まぁ、なにはともあれ、こうして、僕は、70歳以上の弁護士であれば、現在でも誰もが必ず知っているような弁護士を曾祖父に持つ、しかし、その実体はただの中流家庭、そういう家庭に『スズキ・イッペイ』として生を受けることになったのだった。(Oct.17th.2000)

続きを読む

2000年7月7日<金>13時42分

●イッペイ(945) 題名:…。 投稿日 : 2000年7月7日<金>13時42分 衝動買い。服。CD。無いのに、、カネ。Money。Oh- I’ve No Money…! そんでもって、雪印食中毒の疑いも浮上しつつの熱発にて行けなかった ライムスター聞きながら、暑さにうだりつつ、衝動にちょっと後悔しつつ、 40度あってもいきゃよかったと激しく、これまた後悔しつつ、 あこさんのLuv+への想いにちょっと感動しつつ(昨日行けば良かったな…)、 実は独りで何度かこっそり行ったことがあるLuv+、あの中に、 そん時は知らなかったあこさんもいたのだなと感慨にふけりつつ、そういえば、 あのMC(?)ちょっと役に立つ情報だった気もするな、今思えば、と、 まだ見ぬエイズに気を配りつつ、 ちょっと寝込んだだけなのに、急に体力無くなってる自分に驚き、 しかし平熱で、こりゃ三食きちんと摂って夜寝て朝起きる生活しなくちゃダメだな とか思う暇もなく、来週は69に80sにAniv.3rdで、 きっと多分、ドリンク剤飲んでいくんだろうなと、ちょっとだけ未来の自分を笑いつつ、 衝動買いしてしまった服を並べつつ、そうかーお前こういう風に持ってきたいんだー とか思いながら、バイトしろよと舌打ちしてみたり、 コーヒー飲みたくなって買ってきたはいいけど、紙がなくって、結局インスタントなのか? いやいや、ここまで来たらそういうわけにはいかんでしょ、んじゃ我慢するか、 とか訳の分からない我慢して、喉渇いてみたり、喉渇くと余計にひりひりする、 痛めた喉を気遣ってのど飴に手を伸ばして、気が付くと噛んでたり、 近づく夏休み、何するか?でも金はないぜ?に思いを巡らせつつ、おっ、 そういえば、ナッキー、テープ出来たのかなーUVで聞くの忘れたなーと思い出しながら、 聞かなくて良かったのかな?とフォローしてみたり、してみなかったり。 なんて努力してるウチに時計は進んで、ちっとも涼しくならなくて、 雨でも降れよー涼しくなるからーでも上がると余計蒸し暑くなんのよねーこれがー なんていって、シャワー浴びてみたり。 あ、やっぱだめだ。熱ありそう、、気のせいでなく。 あー黄色ブドウ菌。か?くそ、信じてたのに雪印。いや、疑ってなかったのにか。 まぁいいや。 (2000.07.07.from『69tracks on the WEB-Guestbook』) ↓ (2000.11.19.編)

続きを読む

Composer’s Mutter – 69tracks on the Web –

Composer’s Mutter… ?作者の独り言…。 この性格、どうにかならんもんかね?1回はまりだすと、とことんまで行っちゃうっていう…。 これを書いてるイマ(May 9 2000;am.6:27)も、昨日の夜からの、不眠不休の作業中。 大学生である私は、今日はこのまま授業へと赴くのである…。…。…。アホか(^-^; (あぁ、でも今日は69tracks!うぅぅ。夕方から21時半まで寝よう…) で、作り始めたこのページ。HP作成に関しては別に素人ではないし、かといってプロでもなく、 それでもまぁ、デザイン的な試行錯誤とか、表現とか、そういうのが好きなので、結構楽しみつつやっております。 但し、なにぶん、コンテンツを埋めようにも、DATAが不足してるんで、四苦八苦、 結局、現在は、『器』の装飾に多くの時間を割いているという次第。 作り始めるに至っては、気まぐれな性格からか、誰に断るでもなく、するでもなく、 「まぁいいや、作ってみちゃおう」、と。 幸い、KISHIMOTOさんもNackyさんも僕が作ることを快諾してくださったようなので、 ちょっと、一安心。 そして、それなりに、プレッシャー? でも、今のところ、楽しんで作ってるんで、大丈夫でしょう。には自信あるし…。 さてさて。 このサイトの、もう1つの楽しみ方を。 このサイトを、InternetExplorer4.0以上(NetscapeNavigatorなら3.0以上、かな?)で、 『JavaScript』を『ON』にして見てみてください。 そして、マウスを、動かしてみると…! 多少ロードが重くなることを覚悟しつつ、ちょっとした『動き』を、いろんなページにちりばめてみました。 ロード時間にイライラせずに、 僕の遊び心、と、理解していただければ、幸いです。 それでは、このサイトが、素晴らしいモノに、そして盛況になるように、 また、『69tracks』(@METRO)に何らかの貢献ができるように祈りつつ、 この稿の締めくくりとすることにしましょう。        (May 9 2000)

続きを読む

from ‘Days’

まったく、何をしているのか?と思うけど、そういう質問には満足に答えられそうにないので、気にしないことにする。昨日、本当は、かなり爆睡していて、もうそのまま、今日の朝を迎えるはずだったのに、23時過ぎ、川口からTEL。温泉知らない?どっか。おいおい、知るわけないだろう?と思ったけど、少し話をし、まぁ頑張って探してくれや。という感じで話をしめて、電話を切る。おい。眠れなくなったじゃねーか。で、仕方がないから、カレー食ったり、ゲームしたり、カレー食ったり、メール書いたり、カレー食ったりしながら、時間を過ごし、目覚ましテレビを見た後、8時からもっかい寝て、10時半に再び起床。貧血だろうか、極度の気分の悪さを我慢しながらシャワーを浴びて、今に至る。今日は、12時前に、本所とルネで会って、昼ご飯を食べる約束をしてるので、そのようにする。が、もちろん、まだ自転車は直っていないので、歩き。11時半くらいには家を出ないと…。そして、急遽決まった企画として、今日、Fakersで、中川と飲む。しかし、昨日、『磯野邸でのお誕生会』ななるものがなかったので、当初心配してた、5日間連続アルコール摂取という心配はなくなった。しかし、何か最近、太ってきてるんだよねぇ。顔はともかく、体が。いま、多分、68?くらいありそう…。痩せなくては。ということはやっぱり運動を。うむ。あ、それと、19日の予約をせねば。『門』大丈夫だとは思うが…。 さて、今日はどうなるのか。『中川』ってのは、かなりの強敵だ。話あるかなぁ。取り敢えずは、噂話さえしておけば、時間は経っていくけど。俺のことはそんなに話すつもりはないし…まさかヤツを呼んだりしないだろうな!?俺は今はあいつに会いたくはない。まぁいい。何とかなるだろ。それより、今から。 俺次第なのだよな?たぶん。 さ、着替えよう。 -- よりそう気持ちがあればいいのさ (2000.02.07.from‘Days’) ↓ (2000.11.20.編)

続きを読む

mailto Nakagawa

1回生の頃、俺んちで中川と2人でカレー…。 うーん…覚えて無いなぁ…ごめんなさい。なんということだ。( ̄□ ̄;)!! 俺、記憶力悪いのよ。大事な想い出だと思っててすら忘れちゃうんだよなぁ。だから日記書いてるんだけど。 -– (長いよぉ。俺的にも、自己最長レベル。項目ごとに、何日かで分けて読んでね。 もう短くする努力はやめました) 苦労話。いーや、俺はすごく、興味深いです。自分と違う人の話はね。 ?会話が続かない。 多分ねぇ、俺って、こっち(関西または京都)に来て、 だいぶ変わったと思うのね。それも、3回生ぐらいからかなぁ。 いきなりすごいこと言い出すのは昔からだったけど、コミュニケーションは 不得意だったなぁ。だから、小学校って毎年担任の先生が替わってたんだけど、 毎年、その年度の初めは先生に誤解されて過ごすのよ。終わり頃ようやく 分かってきてもらえるという…。友達にも結構そんな感じで、小6の時に、 誤解からずっと親友だったヤツと絶交して戻らなかったり、 好きな女の子とようやく仲良くなって、上手く行きそうになったのにクラスや 学校が変わっちゃったってことは何度も…。そういう人なのです。本当はね。 『風の歌を聴け』(村上春樹)のなかに、 『14歳になった春、(略)14年間のブランクを埋め合わせるかのように僕は 三ヶ月かけてしゃべりまくり、7月の半ばにしゃべり終えると40度の熱を出し て3日間学校を休んだ。熱が引いた後、僕は結局のところ無口でもおしゃべり でもない平凡な少年になっていた』 っていう記述があるんだけど、このくだり、何故か読んでから何年経っても頭に 残ってて、馬術部の後半は、それをずっと思ってた。最近も、それを思ってる。 無口でもおしゃべりでもない。特に、気を遣わなくて済む人といるときはね。 大学に入ってからの俺のしゃべりようは、 ある意味『やけくそ』なんじゃないかという疑いも…(笑) まぁいいや。 事実、現在、なかがわさんをディフェンシブとするなら、 俺はアグレッシブということになるんだろうなぁ。 アグレッシブってよくわかんないけどね。 派手ってことかなぁ。俺の中で言うところの。うーん。 あ、持論押しつけついでにもう一つ。論理的にしゃべる、について。 おれね、全然、論理的な人じゃないんです。はい。冷静でもない。 どうやったら分かるか?俺を怒らせればいい。俺、口喧嘩とか論争に なったらわからなくなっちゃうのだ。委員会でも、俺、かなりの回数、 投げちゃったりしてるけど、それも理由です。勝てないから。 冷静そうなのは、俺の顔がそういう顔だからってだけ。眉毛とか、目とか。 あ、でも、つっこみは冷静かもしれん、冷たすぎるとも(f^^; じゃあ何で、俺の話は『理屈っぽい』のか? 『何か』について、パッと、「あ、こうでしょ?」って分かる時ってない? そういうのを、『感性的』と自分で呼んでるんだけど、俺、そういうのが多い。 でも、それはなかなか人に伝わらないんですねぇ。 そこに気づいていなかったから、子供の頃、苦労したんじゃないか、と。 だから、俺が理屈っぽくしゃべってるときは(このメールもそうだが)、 頭の中で、もう、答えのイメージがあって、それへ向かっているとき、なの。 誰かに、自分のイメージを伝えるには、言葉で説明するのが一番正確だから。 逆に理論的な人は、理屈を積み上げて、答えを見つけるんじゃないかなぁ。 俺の中では、理論的な人の代表は舘野さんなんだけど、 舘野さんと話してると、すっごく疲れる。説明が長くなるし。 何か反論してばっかりだけど、気悪くしないで。 冷静とか、昔から言われてきたから、 反論が洗練されて用意されちゃってるのです。 俺が思う、なかがわさん? うーむ。 話をしてると、すごく、緊張してるんかなという気もする。 (もしかしたら、思い返してみると、今思うのかもしれない) それが、俺には、何となく、話をしたくなさそうにうつってた?かもしれない。 まぁ4回生の時は、俺、川原さんの思想を受け継いでたから、アポイリージの 責任者や馬付きと、話す気になれなかったというのもあるんだけど。 そういうわけで、あまり話はしなかったねぇ。 『中川風』にも、どうもなじめなかったし…。 思慮深い感じもするけど、でも、接してみると、そうでもない。 なんでなんだー!何考えてるんだ、この人は、と思って混乱してたかも。 本当はそんなに複雑な事じゃなかったと思うんだけど。 上回生になってから、夜飼で一緒になって、飲みに行ったりしてたら、 もう少し印象も違うだろうね。 俺とは、違う音楽とか聴いてそうだし、映画とか見てそうだから、 話したら(話してもらったら)楽しそう。 お互い、霧の向こうの景色みたいな印象だから。 うーん、 一回ぐらい2人で飲んでみたいですね。気になる。 宮地? そうだね。でも、あいつは、すごく人見知りするんだよ。それに、シャイ。 見てて、すごくそんな気がする。相手の人柄とかじゃなくて。 だけど、1回許したら、その壁はなくなっちゃうよね。クワーズとか。 俺は、1回宮地とウチのマンションの屋上で酒飲んでタバコ吸いながら 話したことがあるから分かるんだが。 (まあ事情があって、俺は、それ以来スムースには話せないが、、、) 潔癖だが、意外に気にしてない。 好き嫌いははっきりしてるが、はっきり言わない。 暴れるのは好きだが、人には 見せたくない。 自分のことは言わないが、わかりやすい。 かっこつけ、だが、それが嫌みでない。 矛盾してるよね、いろいろと。 そうか!わかった!! 俺が今、一番、話をしたいヤツ、は、宮地、なんだ。話せるかなぁ。 俺、なんだかんだ言って、コンプレックスというか、もはや 憧れてるところもあるから、実際に対したら、緊張しちゃうかも…。 そんなこたぁねえか。 何とかアポとってみようかな。いかに宮地がストイックったって、24時間勉強 してるわけでもあるまい。でもどうやってコミュニケーションとろう? また電話するのやだしなぁ…。携帯にメールしてみよかな。 ずいぶん長い時間と長い文章を書いてしまった。久々に。 疲れたし、疲れただろうから、ここで終了。 (これで、なんと154行。何日かかりましたか) -—————————————————— 註; (前回メールについて) 『新聞記者的に…』→ ある人のことについて、状況からいろいろ考えていたが、いまいち はっきりしないので、直撃インタビューではっきりさせちまおう、と。 つまり、最近の俺。東松とサシで飲んでみたり。 『直帰』は特に文章には関係ないけど、取材に行ってそれが遅くなりそうだから、 今日はそのまま家へ帰る、ってことですね。 (今回メールについて) 『関西に来て変わった』かなり。関西(大阪か?)のペースと、あと、馬術部と、 馬術部での後輩の影響が大きい。俺昔から、先輩にはあまり好かれない、 後輩には好かれる、っていう傾向が強いんだよね。 『いきなりすごいことを言い出す』 授業中とかね。附属だから、大学から教育実習生かたくさん来るんだけど、 俺の発言が、感銘を与えた(らしい)。 なんのことだか俺には分からずじまいだったが。 『風の歌を聴け』 高2の時にはじめて読んだ。友達に、村上春樹全巻(文庫)をもらった。 くだりは第7章、p.31、4-7行目。 『川原さんの思想』 自分が何かを成し遂げるためには、他人を蹴落としてでも達成するという思想。 つまり、馬場には、『チーム』なんて存在せず、周りすべてがライバルであり、 妨害しないまでも、他人の成功やプラスを歓迎することはない。 …何となく分かるっしょ?あの人なら。恋愛もそうだし。 ただ俺は、自分でも分かるほど人がいいので… (川原さんはすごく優しい人なんだけどね、可愛いし(^-^) 馬術に限られるな。それも完全ではなかったし…。 -—————————————————— ボクが矛盾だらけだってことが 一緒にいると わかるさ (2000.02.01.from[mailto:Hideki-Nakagawa]) ↓ (2000.11.20.編)

続きを読む