さすがに怒られそうですが、怒られついでに「どうせだったら1カラムだってありじゃね」と思ったので試してみました。

前回

【メモ】 3カラムのブログデザインが好きになれないので2カラムにする | mutter



3カラム(オリジナル)

05_02_01.jpg



2カラム(前回)

05_02_02.jpg



1カラム ← New!

07_01_01.jpg

適用したCSS。
@-moz-document url-prefix("http://blog.livedoor.jp/vitaminw") {
    div#content {
        background-color:#fff !important;
        background-image:none !important;
    }
    div.message-board-outer,
    div.article-pager-top,
    div.google-user-ad {
        display: none !important;
    }
    div#main {
        width:100% !important;
    }
    div.article-outer-3 {
        width:958px !important;
    }
    div.article-title-outer {
        width:928px !important;
        background-color:#3975b5 !important;
        background-image:none !important;
    }
    div.btnArea {
        width:942px !important;
    }
    div#sub,
    div#extra {
        display:none !important;
    }
 }


どうでしょうか。


案外スッキリ読めるっていうかこれってCSS反映させたRSSリーダーじゃねーの。さすがにちょっとやりすぎました。ブログ書いてる人間としては「さすがにこれはねーわ」と思います。…けど、全ての更新記事をチェックしている愛読者としては、これでも全然全く困りませんね。基本的に過去ログ見ることはないですし、関連記事を読むことも稀。だってもうそれ1回読んでるし。そのエントリだけ集中して読めたらそれで満足。

もちろんブログごとにこんなスタイルシート書いてられないので、多くの場合は我慢して読んでるんですけど…こういうのってもっと自由に読む方が選べても良いよね。つまり、デザインする人間として書けば、「ヘヴィに読んでくれている人」「たまに来てくれる人」「検索で飛んでくる人」その全てが満足するようなデザインは用意できないんですよね。「用意してるよ!」って言うデザイナーさんいるかも知れないけど、それ、最適化じゃなくて妥協でしょ。一番項目が多い人(→通常は「検索で飛んでくる人」)向けのデザインに全員が合わせるか、公約数をとっていくつかの項目を乗せるか。全員が最適解からほどほどに遠い環境で購読するという意味。

そんなことをするくらいだったら、「選択肢は用意したからあとは自由に選んで」っていうのが一番楽じゃないかという。ホテルの朝飯みたいな感じ。いわゆるひとつのバイキング。あれもこれも表示させたい人は表示すればいいと思うし、僕みたいに精進料理的なのが良い人はそういうのを選択すればいいと言う。


まぁ広告とかなんとかいろいろしがらみもあって、そんなに簡単な話ではありませんけれどもね。でもユーザビリティとしてはそうだと思います。ブログに限らずかも知れないけど。