ぺんてる ボールペン用替芯LRN5 黒 10本入ぺんてる ボールペン用替芯LRN5 黒 10本入

ぺんてる
売り上げランキング : 75140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

基本的にボールペンのインクは最後の1滴まで使い切ります。
使い方なのか僕が選ぶボールペンがたまたまそうなのか解りませんが、
多分、お気に入りを選び抜いているので、自然と丁寧に扱っているんだと思います。



ボールペンの好みは色々と変遷がありまして、
一時は堅めのペン先でごりごり書くのが好きだったときもあったのですが、
ここ数年はぺんてるのゲルインキボールペン(ENERGEL)を好んで使っています。
滑らかな書き味なのに滲まないという取り回しの軽さが特徴で、非常に使いやすいです。
1本200円と、決してお安いわけではありませんが、頻繁に使う文房具としては十分にその価値があります。

ボールペンのこだわりは、細々とノートに書き記すようになった20歳くらいから続いているんですけど、
一番の悩みは商品の回転が早いと言うこと。
定番中の定番を除けば、大体、2,3年でモデルチェンジしてしまいます。
「後継」商品を使って見るも書き味が全然違ってしまって、がっかりなんてことも、しょっちゅうあります。
消耗品だから仕方がないのかも知れませんけどね。

そういう動きに対して買い手側が取れる対抗手段としては、買いだめしかありません。
何か気に入ったものがあったら予備で何本も買っておく。
ただ、店頭で売られているボールペンをそのまま買うのでは高く付くし保管もしづらい。
リフィルだったら一般的に個別に包装されているので、ペン先が乾いてしまう心配も少なく、
インクが切れ次第順次新品を使用できます。



難点は店頭での取り扱いが限られていることで、わざわざ取り寄せて貰う必要があることですが、
まぁ今どきはアマゾンがありますのでね……比較的簡単に購入可能です。
僕が愛用するボールペンのリフィルも店頭にはありませんでしたがアマゾンならこの通り。

通常、10本入りで1,000円弱掛かるところ、これなら送料入れても900円。
1本あたりで言うと90円なので、ペン本体が壊れてしまわない限りかなりお得です。
いや、フラグじゃないんですけど。



ボールペンなんて何を使っても同じ、と思っていたこともありましたが、
やっぱり自分の気に入ったものを使うと違います。文字を書きたくなりますしね。
その分気持ちが入ります。

道具を選ぶってのは大事ですね。うん。