いやー勝ちました。勝ちましたねぇ。


ザッケローニ監督になってから、
素直に「良い」と言っていいのかよく解らない試合が続いてますが、でもなんでしょう、
僕個人的には、これまで日本代表にずっとあったメンタル的な弱さ、
勝負に行けないとか試合を上手く運ぶとか、そういうのが徐々に少なくなっていっていることに、
もの凄いたくましさを感じています。

個人的には、連日アウェイにもかかわらず不敵な笑みを浮かべつつ精力的に動いている長友、
ゲームを作るのに加えてファウル時に審判と頻繁にコミュニケーションを取る長谷部に
今までにないマリーシアを感じますし、
自分が倒されてもアピールせずに立ち上がってボールを追っていく岡崎に感動を覚えました。

本田とか香川とか長谷部とか松井とか長友とか、
若くしてヨーロッパに渡り、そこを主戦場にして戦うというのは、
こういうことを学ぶということなのかと。
「話し合いが必要」なんて、いや、当たり前のことなのよねぇ...


そうかー。

そんなわけで次戦は25日、韓国とイランの試合の勝者と準決勝を戦うわけですが、
どうやらウェラーズでなにがしかの動きがあるそうですよ。
でもって、僕にもワールドカップ(デンマーク戦)に続いて出番があるとか。
「解説」と言うほどのことは喋れませんが、うざくない松木程度の役割を果たしつつ、
日本勝利のために盛り上げて行きたいと思っておりますよ。

暇があったら、25日22時にウェラーズに集合な!
お兄さんとの約束だぞ!


いやー。熱い。熱いッスよ。ええ。



追記

1点目のアシストに岡崎の笑顔がはじけた。本田、香川らを伴い歓喜の"ゆりかごダンス"を披露。この日、日本で生まれた次男へテレビを通じて誕生祝いのプレゼントを贈った。「自分が裏を突くプレーをすることには変わりない。しっかりゴールを狙っていく」との言葉通り28分のアシストは、裏に抜けてボールを受け、GKの動きを読んでふわりと浮かせたもの。ゴールを決めた香川も「岡ちゃんの1点と言っていいくらい。頑張ってくれた」と称えた。

 夫人が第2子を出産したのは21日午前1時。3016グラムで母子ともに健康という。出産予定日は当初はサウジアラビア戦が行われた17日だった。「子供のために気持ちが入っていた」とハットトリックの活躍を見せたが、試合前に誕生を知ったこの日は一段と気合が入っていた。

 09年1月6日に長男の刀也(とうや)くんが誕生した時も、その後、初めてのAマッチとなった同20日のイエメン戦で代表初ゴールを決めている。後半25分の2点目も岡崎がDFと競ったことから生まれた。勝負強さを見せつけたパパは「10人になってもチームが一つになって3―2まで持っていけたのが大きい」と胸を張った。
 


おおお!そうかゆりかごダンスはそれか!

おめでとう!