東向きの部屋の宿命なんでしょうけれども...


遂に今年も、「問答無用で」早起きになれる季節がやって参りました。寝る前にどれだけきっちりとカーテンを閉めて寝ても、目が覚めちゃうの。よっぽど深く寝入っていればともかくとして、いつも起きてる時間の1時間くらい前にバキッと。
あーなんかもう起きそうな感じ...いやこれって実は起きてるんじゃね...いやまだ目覚まし鳴ってないし寝てて良いだろ...ていうかもう眠れなくね...なんか腹減ってきただろ... → 起きる。的な。

早起きは気持ちいいし朝余裕があっていいんですけども、走りに行くにも脚怪我してるし、散歩ってのもなんか微妙だし、かといってパソコンの前にずっといるのも何だかなぁという感じだし、というかそもそもいつも出勤前2時間前に起きてメール読んだりニュースチェックしたり思いついたコードをメモしたりしてるんでこれ以上時間要らないし、午後になったら眠気の神様がツアー客か!っていうくらい大挙してご降臨なされてもてなすのにてんてこ舞いで大変だし。

だからといって夜寝る時間(大体2時か3時)を早くするのは出来ないし。リズム的な意味で。



なんとかならないかなーと思いながら今文章を書いてましたが、むしろそれに自分を合わせた方が良いような気が。夏になったらいつもより早く寝て早く起きるの。でも勿体ないからっつって、きっと遅く寝て早く起きることになるんだよなぁ。

まぁいいか。早起き気持ちいいし。1人夏時間。