涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)
谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2005-03-31
売り上げランキング : 368
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お前いつまでハルヒ言ってんだ、的ノリで第6弾。
なんかもうね、読んでるおかげで他の本が順調に貯まってってるわけですが、
なんか6冊目ともなると、ふつうの本のような気がしてきました。逆に。

おさらい。

憂鬱』『溜息』『退屈』『消失』『暴走』、『動揺』。

今回は、またまた短編集。
アニメ化されていた、『ライブアライブ』を含めた、全5編。


あとがきで作者も言ってますが、作品ごとに主人公というか照明当たってるキャラが違う感じ。

ミステリーのトリックの稚拙さ(『猫はどこへいった?』)は相変わらずだけど、
あのストーリーを読んでそこにつっこむのはちょっと興醒めぽ。
暴走の時も書いたけど、それはなんつーか、言いっこなしというか、
その辺の設定は、この本では添え物的な感じ?
(もしかしてこれがライトノベルの読み方なのかも)
それより、どれくらいキャラ立ってるかっていう方を追ってくほうが読んでて面白い。

まぁ、冷静に考えると(考えなくても)ちょっと、アレですけどね(笑)
半身浴しながら読みつつ、
ほー長門がそういうこというか、とか、思ってる俺、
それで良いのかとか、思ったり。


なにはともあれ、今作も勢いでビシッと読まされました。
確かに本線との繋ぎの部分をものすごく苦労してるんだろうなーと思いつつ、
個人的に感銘を受けたのは、次の台詞。