先日、常用してたレンズが壊れたという話は、
TOKINAのズームレンズを引っ張り出してきたエントリで書いたんですが。
そのエントリ内で予告していたとおり、マクロレンズを購入しました。

一眼レフカメラを持つようになって、10年くらいですが、
なぜだかマクロレンズに触れる機会が全くなく。
(多分、撮影対象がもっぱら人ないしはスポーツだったからかもしれませんね)

マクロレンズを買うのは、今回初めてでした。


買ったのは、SIGMAの、50mmマクロ。

優れた光学性能を受け継ぎ、デジタル用に最適化 MACRO 50mm F2.8 EX DG 株式会社シグマ

評判も比較的悪くなさそうだったし、
街撮り用レンズと兼用させたいという意味で、50mmを選択。
(フィルム換算50mmではなくて、数字として50mm)
メディアラボNEXTで、24,570円でした。

メディアラボNEXT

で。


それが昨日ようやく届いて、色々試してみてるんだけど、
いやーマクロレンズって面白いなぁ…

最短焦点距離、18.8cmって聞いて、
あ、結構あるなと思ってたんですが。
よくよく考えてみたら、その距離はミラーからの距離であって、
レンズの先端からの距離ではないわけなので、
目一杯によると、対象物3cmくらいまで寄れるって言う…

多分、マクロレンズを初めて触った人みんながやるであろう、
“身の回りのものに意味もなく接写”をしてみました(苦笑)

レンズが届いて最初に撮ったのはこちら。

DSC_3690

もう意図が全然よくわかりませんw
とりあえず試しにってんで、
F値を限界まで開放にして撮ってるから無駄にぼけてるし。


昨日の夕御飯とか。
キムチ鍋。

DSC_3709


まぁ鍋はまだ分かりますが、
これとか。

DSC_3753

DSC_3732


やたらとロゴとか。

DSC_3727GUINNESS

DSC_3746Nikon

DSC_3757水曜どうでしょう

DSC_3776YAWARA!

DSC_3783SIGMA

DSC_3788ZIPPO


まぁでも、普通に50mmレンズ、つまりポートレートなどにも使えるし、
色んな遊び方が出来るなぁ、と感じました。
個人的には、ある程度シャッター速度が遅くても(例えば1/6秒とかでも)、
ぶれない自信があるし。

意味もなく対象物に近づきまくるのが良いかどうかは、
また今度ゆっくり考えることとして…


枚数撮りながら、付き合い方を考えていこうと思います。


[SNAP: KYOTO: DAY] :: 2007 - a photoset on Flickr