オーストリア大使館商務部の発表によると、
日本語での表記を、オーストリアから、オーストリーに変更したとのこと。

Österreich 日本語表音表記 の変更について

残念ながら、日本ではヨーロッパに位置するオーストリアと南半球のオーストラリアが混同され続けております。

この問題に対し、大使館では過去の文献などを参照し検討を行った結果、Österreichの日本語表音表記を 「オーストリー」 と変更する旨、ご連絡差し上げます。

というわけで、詳細情報は、リンクで添付されたPDFファイルに記述されている。

Österreich 日本語表音表記 の変更について(PDF)


PDFから抜き出してみると、

日本ではオーストリアはオーストラリアと常に混同されております。この違いを明確にするため調査を始めたところ(中略)19 世紀から1945 年までの間、Österreich はまさに「オウストリ」と表記されていたのです。 今日でも多くの日本人は「オウストリ」をÖsterreich として認識しております。 当時も今日と同様に、国名表記の標準化はありませんでした。(中略)
そこで、私たちは発音と表記を考慮し長音(ー)を入れ、Österreich の呼称を 「オーストリー」 と変更することで、オーストラリアとの違いを明確に致します。
(中略)
2006 年10 月、東京

なるほど、色々調べた結果、
それでも分かってもらえるだろう、ってことで変更するのね。
(自国読みに合わせるとかじゃなくて)


別にオーストリアに思い入れがあるわけではないけど、
(行ってみたい国の1つではあるけどもね)
あ、やっぱり、オーストラリアと混同されがちなの、
気にしてたんだ、と(笑)


多くの現代日本人が、『オーストリー』を『旧・オーストリア』と認識している…
というのは正直言って、あんまり一般的ではないと思うけど、
まぁ、そういきなり呼ばれたとして、わからんでもない。


ミャンマー(旧ビルマ)が普及するのにも結構時間が掛かったような気がするけど、
(あの変更って。1989年のことだったんだね……)
こっちはどうだろうな?


参考:


オーストリア - Wikipedia
ミャンマー - Wikipedia