サッカーの中田英寿選手が現役引退を発表した。
彼とはもちろん面識はないけれども、
誕生日が4日違い(中田選手は1977年1月22日生まれ)ということもあって、
動静が気になるところではあった。

そしてもちろん、サッカー選手としても彼は一流の選手だったし、
マスコミを通じて伝えられる、一種、異端な印象が
どうもしっくりこないなぁ、と感じていた選手の一人でもあった。
きっと、相当に不器用で意固地なのではないか、と思う。
どんなスポーツの、どんな一流選手の中にも、そういう選手はいる。
(マスコミと必然的に接点を持つ人たちとはいえ)

そんな彼が、現役の引退を表明する。
それほどの衝撃はなかったが、正直、失望も感じた。
日本代表に対する落胆が、
サッカー選手としてのモチベーションを奪ったように見えた(報道された)からだ。

一般的に考えて、代表チームが成功できなかったこと、そのものが、
自らのキャリアを終える直接的な引き金になったとは考えにくい。
代表に貢献できないのなら、代表だけを引退すればいいのだし、
サッカーを続けるのであれば、欧州の一流リーグでなく、日本でもないリーグでなら、
いくらでも続けられるだろう(条件面の折り合いがつくかはともかく)

考えられるのは、
サッカーに対する情熱を、他のことへの情熱が上回ってしまったか、
もしくは身体的な事情(近年、恥骨結合炎で長らく試合に出れなかった)があるか、
そのどちらかだろう。

マスコミで伝えられているように、MBAを取得して経営に携わること、
それ自体も目的の一つではあると思うけれど、
他人として見てみれば、それは、今である必要がないようにも見える。
例えばあと5年、35歳まで選手としてのプレーを続けて(代表は別の話として)、
それから、経営学を学んだとしても、社会的にはそれほど遅くはないのではないか?
(むしろ、早い遅いを言うなら既に遅い)

今後の目標としてそれがあるだけで、
それはJリーグ時代に公言していた『公認会計士』の話でもそうだけど、
本当に、そうしたことがサッカーを止める、直接的な原因なんだろうか?

サッカーファンの気持ちを押し付けるようで、
友人とのコミュニケーションでは絶対にしないことではあるけれども、
僕が失望したのは、やはり、
『ああ、そんなにサッカーが好きじゃなかったんだな』、と思ってしまったからだった。

彼のコメントを読めば、全くそうでないことは分かるのだけど、
(選手としてはプレーしないがサッカーは続けるだろう、というようなことを書いている)
でも、観客のエゴを意識した上で言えば、
プロ選手でない中田英寿がするサッカーは、
そこにいない限り、僕らにはサッカーではない…
引退した選手が子供とするサッカーを見て、ファンとしての心を揺さぶられることはない。


彼のコメントは、美辞麗句で埋め尽くされていて、
かつ、引退する心情を率直に語った綺麗なものではあったけれど…
結局、彼をサッカー選手ととらえている人間にとっては、
何一つ説明が為されていないに等しいコメントだった。

むしろ、あんな綺麗な文章より、千代の富士のように、
『体力の限界』
と一言、言ってくれるだけで、
僕はきっと、納得するのだろうけれど。


僕の現在の思いと、対照的な選手と言えば、カズだ。
カズは、僕にとっては地元の英雄であり、大好きな選手の一人だけど、
正直、もう良いんじゃない?と思うこともある。
それでも、体は動けてるし、仕事も出来てるし、何より情熱が衰えてない。
もちろん、プロ選手という肩書きを背負っているから、かもしれないけれど、
そうした生き方を、僕は凄く尊敬する。

マスコミに乗ったカズのコメントはこうだ。

「W杯で実力を証明したかったのだと思う。4年前あるいはそれ以前から今大会に懸けていたのだろう」と思いやった。決断については「本人が考え決めたのだから尊重しないといけない」と話した。(毎日新聞)

全くその通りなのだけど…純粋に惜しい。
情熱が失われておらず、身体に異常がないのであれば、
まだまだ、選手として活躍できる…と思う。
ジダンや、ビエラを見ても強く思う。

『日本代表は他のみんながなんとかしてくれる』、
そういうコメントからの示唆を感じると、
何か、サッカー選手を続けることに支障のある決定的な何か、
が、あったような気がするのだけど、
それを『一般人』に対して詮索するのは…不躾というものなのか。


一人のサッカー選手として、もう少しプレーを見ていたかった。
(日本代表に貢献するかどうかは、また別の話だ)
それが、僕には理解できない、何らかの理由で、
何となく僕にとっては、サッカーへの愛情を裏切ったように見える形で、
(穿ってみれば、コメントの最後の方はエクスキューズに見える)
ピッチから去ってしまったことを、凄く残念に思う。


かっこつけなくて良いから、

もう無理、

そう言ってくれるだけで良かったのになぁ。
きっとそう言う人なんだろうなぁ。