デジタルにして、仕上がりがすぐに確認でき、ダメなものは削除し、
なにより、フィルムを気にせず撮りまくれる、という、
銀塩時代にはなかった幸せを手に入れたわけだけど、
代わりに、フィルムを現像に持って行く不安や、
画像を見るときには形があるという喜びや、
そういうものは失ってしまったなぁ。
プリントしても、機械から出てくるのは、すべて、『見たことのある写真』だもんなぁ。


そんなわけだから、
【匠のデジタル工房・玄人専科】のこんな一言に共感してしまうのね。

「はい、そうですね、デジタルはすぐ見えるのはいいけど・・」 ・・・けど、なんか安直だよね(笑)、フィルムのように撮影と現像後を2度楽しめたら もっと面白いのになあ。
 

もちろん、どうやれば、とか、やれるのかどうかとか、
そういうことは横に置いておいてね。
ぼんやり思うってことよ。
欲張りな考えかもしれないけどさ。


【匠のデジタル工房・玄人専科】 初級編:高速シャッターと虹の撮影