笑いごっちゃない、この話題。

ITmedia +D モバイル:モブログの「間違えてアップ」が生み出す悲劇
友人にメールを送ったつもりが、その文面がブログに公開される。携帯でのモブログ利用は、そんな悲劇を生み出す危険性をはらんでいる。
メールになれているせいなのかどうなのか解りませんが… 基本的にこういう失敗をしたことがないので、 失敗してしまう状態がよくわからないけれども、 でもこれ…やばいよなぁ。 メールの内容なんて千差万別だけど、 その内のどれかをアップしてしまったとすると…ゾッとするものもあるな。

ライブドアでブログを担当する、
『ネットサービス事業本部ネットサービス事業部 プロデューサーグループの佐々木大輔氏』
曰く、
『個人的には「メールを送るときは“返信”からしか送らない」ということを心がけている』
だそうで。
あー言われてみれば無意識にやってるかも。
宛先を確認できる確実な方法だしね。
でもそれでは…解決にならないような気もしないでもない…
なんかないかな、解決策。
メールで投稿すると、返信すればそのエントリが削除できるアドレスを発行するとか…
うーん。


ITmediaニュース:“2ちゃんねる=NHK”でなくなった今年
先週は、2ch管理人・ひろゆき氏の記事がふたたびトップに。開設6年めの今年、2chは一気に一般化した。

まぁ、個人的には、
あんなもの、一般化してはいけないと思うのだが。
はっきり言って、思いっきり傍流の文化だからね。
まぁいいけど。

そんなことより、これを取り上げたのは、『2ちゃん=NHK』が笑えたので。
たしかになーうちの親もそう言うこと言ってそうだなー
(静岡で2ちゃんはNHK教育)


ITmedia +D LifeStyle:パーソナル・アーカイブの勧め

良いなぁ、と思う。
アルバムを失うことになることが、果たして良いのかどうか解らないが、
どうせ死蔵して、アルバムもなければ、見られもしない…という状況になるのなら、
せめて、生きたデータで、
『見ようと思えばいつでも見られる』という状況にしておきたいよね。

アルバムを開く感覚…あの感覚は、
ボタンをクリックすることでは、絶対に補えないけれども、
でも、いずれアルバムにしようと思って、CDRなり、プリント写真の形で
何年も放置されてるものって多いと思うんだよね。
それに比べれば。

単に技術的な、『こんなこと出来るぜ最近は』というコラムではなくて、
そのあたりの、アルバムや写真や家族に対する愛情がありつつ、
最善策をとるとこうなるんだろうなぁ…という、
小寺さんの思いが、見えたような気がして。
いいな、と思えたのでした。


[チャンピオンズリーグの真髄] 〔第24回〕負けて尚、美しくあれ。 - goo スポーツ:NumberWeb -
抽選の結果、決勝トーナメント1回戦でチェルシーとバルサが、昨季に続き再び一戦相まみえることになった。

 昨季、チェルシーがバルサをホームで4?2で下し、通算5?4のスコアで勝ち上がりを決めた直後の話だ。試合をスタンドで観戦していたチェルシーファンのご老人は、興奮冷めやらずといった口調で僕にこういった。「こんな素晴らしい試合を見たのは生まれて初めて。チェルシーは世界で一番のチームだと思うが、バルサは2番目だ」と。この方が感動した一番の理由は、チェルシーが勝利したこともさることながら、それ以上に、試合内容そのものにあった。マイチームの勝利と名勝負を見た感動が、同時に押し寄せている様子だった。いっぽう、敗れたバルサ側の反応も、そう悪いものではなかった。よし、これからはリーガに専念しようと、ポジティブに割り切れていた。早期敗退にもチームがガタガタすることはなかった。ファンも敗戦に納得する様子だった。


負けたチーム、に、拍手するような光景は訪れるんだろうか…
大して強くもないくせに、
負けたときだけバス取り囲んだり、卵投げつけたりするのは、どうなんだろう。
あ、ちがうな、それ以前に、負けた試合でも、勝負と関係なく内容を評価できるか、
また、そう思わせられる試合を見せられるかどうか、そういう、
お互いのレベルの向上が必要なんだな。

野球でもなんでもそうだけど、たまに、
勝負が好きなのか、スポーツが好きなのか、
よくわからなくなるよね…日本人て。


[MLB Column from West] クレメンスによせる期待 - goo スポーツ:NumberWeb -
先日行われたウィンターミーティングを前後して、各チームともに着々と選手補強を進めているようだ。しかしもうすぐクリスマスのためストーブリーグも一旦小休止。年明けに再び活発化するというのが例年のパターンだ。そんな中、ここまでで個人的に最も関心を寄せている1人のベテラン選手の動向について触れてみたい。

クレメンスっていくつだっけ…?
1962年8月4日生まれ…43歳か。え、43歳!?
2005年の防御率、1.87??

あ、ありえねー…!

引退するにしても、衰えじゃないよなぁ確かに…
モチベーションだよな。
WBCには出るらしいけど、現役続行の方は…てんてんてん。
やれるところまでやって欲しいけどなぁ。
ライアンみたいにさ。


最後はえー、
日曜で休みの25日、ITmediaで唯一更新されていた、この記事を載っけて終了。
コメント無し。
遊び心はすっごくいいと思うんだけど、なにぶん…イタイ(笑)

ITmedia +D PCUPdate:1人のイブでもアツアツさ――「線メリ」と過ごす3度めのXmas